「療養によるブランク期間があって再就職がうまくいかない」

「障がいを持っていても上手に働いていく方法が分からない」

今回紹介するのは、障がいのある人の就労移行支援サービスであるatGPジョブトレのうつ症状コースです。

障がいのなかでも精神疾患は就職・転職が難しいといわれていることから、「本当に就職先が見つかるの?」と不安に感じている人もいることでしょう。

この記事では、そのような不安を解決すべく、人事歴9年の筆者が、atGPジョブトレ うつ症状コースを利用するメリット・デメリットについて分かりやすく解説していきます。

実際に利用した人の評判や口コミ、料金プランについても紹介していくので、利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

atGPジョブトレ うつ病状コースの公式サイトはこちら⇒

顧客満足度No.1(※)の転職エージェントは「doda」

「自分に合っている仕事が分からない。」
「転職活動のサポートを受けながら求人を見つけたい。」

など、転職活動をしている方は、このような悩みを持っているのではないでしょうか。

転職活動をしている全ての方におすすめしたいのが、「doda(デューダ)」です。

dodaの特徴は、以下の通りです。

  • 大手・優良企業の求人が豊富
  • 専門スタッフが希望や適性にあった求人の提案
  • 非公開求人多数、履歴書、職務経歴書のアドバイス
  • 面接のアドバイスや日程調整までトータルサポート

dodaは、オリコン顧客満足度調査でNo.1(※)にもなっているサービス。
(※)2024年 オリコン顧客満足度Ⓡ調査 転職エージェント 20代 第1位

職務経歴書を簡単に作れるツールや適正チェックなど無料の機能が豊富なので、登録だけでも役に立つでしょう。

目次
  1. atGPジョブトレ うつ症状コースの評判・口コミは?実際に利用した人の声を紹介!
    1. atGPジョブトレ うつ症状コースの良い評判・口コミ
    2. atGPジョブトレ うつ症状コースの悪い評判・口コミ
  2. atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット3選
    1. atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット1.同じ悩みを持つ仲間を作れる
    2. atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット2.就職に必要なスキルを身につけることができる
    3. atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット3.就職活動に必要なサポートが受けられる
  3. atGPジョブトレ うつ症状コースの注意点・デメリット2選
    1. atGPジョブトレ うつ症状コースの注意点・デメリット1.実際に通所する必要がある
    2. atGPジョブトレ うつ症状コースの注意点・デメリット2.障がいが軽度で社会人経験がある人には物足りない
  4. atGPジョブトレ うつ症状コースの機能をわかりやすく解説!
  5. atGPジョブトレ うつ症状コースの料金プラン・支払い方法
  6. atGPジョブトレ うつ症状コースを利用するまでの流れ
  7. atGPジョブトレ うつ症状コースは「就職に必要なスキルを身につけたい障がい者」におすすめ!
  8. atGPジョブトレ うつ症状コースに関するよくある質問
    1. 働きながらでも利用できる?
    2. 就職までどれくらいかかる?
    3. 毎日通所しなければならない?
  9. atGPジョブトレ うつ症状コースの運営会社情報
    1. 株式会社ゼネラルパートナーズの会社概要
  10. まとめ

atGPジョブトレ うつ症状コースの評判・口コミは?実際に利用した人の声を紹介!

利用するか検討している人にとって、実際の利用者の声は非常に重要な判断材料になります。

ここでは、atGPジョブトレ うつ症状コースに寄せられているポジティブな意見、ネガティブな意見それぞれについて紹介していきます。

評判や口コミを確認することで、ミスマッチも防止する効果もあるため、確認をしていきましょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースの良い評判・口コミ

atGPジョブトレ うつ症状コースに寄せられている良い評判や口コミから紹介していきます。

ポジティブな意見は、利用するか悩んでいる人にとって後押しになります。

「再就職しなければ」という焦る気持ちが先行していましたが、スタッフさんがサポートしてくれたおかげで落ち着くことができました。

きちんと準備をすることで再就職することができ、しかも元々希望していたアパレル業界に入れて嬉しいです。

障がいを抱えていながらも、無職でいることに対して焦りを感じている人は大勢います。

しかし、焦る気持ちだけが先行して闇雲に就職活動をしても思うような結果が得られない可能性が高いです。

このように、焦りや就職したい気持ちがあるものの就職活動が上手く進まない状況は、さらに精神的に追い詰められてしまうため悪循環です。

また、焦りから「とにかく就職できれば良い」という考え方に陥ってしまうと、職場環境が悪い企業に就職してしまい、結果としてすぐに退職することになりかねません。

atGPジョブトレでは、専任のスタッフがアドバイスをしてくれるので、就職に向けて段階を踏んで準備をすることができます。

急がば回れの言葉の通り、しっかりと準備をすることで就職活動の成功率を高めることにつながるのです。

療養でブランクがあり、就職先が思うように決まらず自信をなくしていました。

atGPジョブトレで、就職に必要なビジネススキルを学び、自身の準備不足を痛感しましたが、必要なスキルを身につけることで自信が持てるようになりました。

グループワークを通して、自分一人じゃないことに気付けたのも良かったです。

atGPジョブトレでは、コミュニケーション研修やPC研修、企業での実習など多くのプログラムが用意されています。

このようなプログラムを受けることで、「自分でもできる」という自信がつくのです。

また、グループワークでは自身同様にうつ病を患っている人と接するため、悩んでいるのは自分だけではないという安心感や、仲間が頑張っているのだから自分も頑張ろうというモチベーションアップの効果も期待できます。

就職することも難しかったですが、それよりも働き始めてから障がいのことを社内でどこまで伝えるべきか悩んでいました。

atGPジョブトレでは、こうした障がいの開示についてもトレーニングで学ぶことができたので、就職後でも役立っています。

こちらの口コミにもあるように、障がいを抱えて就職した際には、同僚に理解を得ることも重要です。

atGPジョブトレは、こうした障がいの開示についてもトレーニングで学べるので、就職してからの立ち回り方も身につけることができます。

就職することがゴールではなく、その後の定着も視野に入れたサポートを受けられるので、将来的にも役立つ知識やスキルを身につけられる環境であるといえるでしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースの悪い評判・口コミ

良い評判や口コミが寄せられている一方で、悪い評判や口コミも寄せられています。

ここではネガティブな意見を紹介していくので、自身の状況と照らし合わせながら確認をしていきましょう。

うつ病と診断されて療養のため休職することになったが、だいぶ落ち着いて再就職を試みました。

しかし、ブランクの期間ができてしまったので、再就職が上手くいかずこちらを利用。

元々、健常者として働いていたのでプログラムのグループワークやビジネススキルは不要で、就職先だけ紹介して欲しかった。

グループワークやPC研修で自信がついた人もいる一方で、これら研修は不要であると感じる人もいます。

こちらの口コミのように、就職先を紹介して欲しいことを一番の目的にしている人は、障がい者求人に特化している就職・転職エージェントを利用すると良いでしょう。

療養のために郊外の実家に戻ったのですが、このままではまずいと思い利用を検討。

しかし、オンラインではなく、実際に通わなければならないことが分かり断念。

通所する場所も少ないので利用できる人は限られていると思う。

atGPジョブトレ うつ症状コースを利用する際は、オンライン研修ではなく実際に通所する必要があり、場所は関東圏で秋葉原と横浜、関西圏は梅田です。

そのため、地方在住者はもちろん、郊外でアクセスに時間がかかる人は利用しにくいといえるでしょう。

無理をして病状が悪化してしまっては元も子もないので、通うのが難しい人は、障がい者向けのオンライン就職支援サービスの利用を検討することをおすすめします。

atGPジョブトレ うつ病状コースの公式サイトはこちら⇒

atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット3選

就職に向けたサポートが受けられるatGPジョブトレ うつ症状コースですが、実際に利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、atGPジョブトレ うつ症状コースの3つのメリットと特徴、

  • 同じ悩みを持つ仲間を作れる
  • 就職に必要なスキルを身につけることができる
  • 就職活動に必要なサポートが受けられる

について紹介していきます。

atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット1.同じ悩みを持つ仲間を作れる

障がいを持っていると、就職や社会人生活に対して漠然とした不安や焦りといった悩みを一人で抱えがちです。

atGPジョブトレ うつ症状コースでは、同じ悩みを持つ仲間を通所することで作ることができ、一人では抱えきれない悩みや不安を解消することができます。

仲間を作ることで、就職活動に対してはもちろん、仲間の努力する姿を見て自身を奮い立たせることができるなどモチベーションアップの効果も期待できるでしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット2.就職に必要なスキルを身につけることができる

就職するために必要なスキルは独学でも身につけることができますが、対人コミュニケーションや障がいを抱えての働き方について学ぶことは難しいです。

atGPジョブトレ うつ症状コースでは、専任のスタッフからアドバイスを受けられることはもちろん、グループワークや実際に企業へインターンに行くなどのプログラムが用意されているので、より実践に近い形で学ぶことができます。

実際にコミュニケーションを取ることや、インターンを通じて働けるイメージを持つことで、自信を持って就職活動への取り組みや、その後の社会人生活を送れるようになります。

atGPジョブトレ うつ症状コースの強み・メリット3.就職活動に必要なサポートが受けられる

利用を検討している人のなかには、「履歴書の書き方は?」「面接ではどうしたら良い?」と不安を抱えている人もいることでしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースでは、障がいに対するプログラム以外に、就職活動に必要なサポートを受けることができます。

就職活動時に提出する、履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、応募する企業への面接対策も受けられるので、万全の準備のもと就職活動を進められます。

また、必要に応じて専任のスタッフが面接に同行してくれるので、一人では不安な人も安心して就職活動に臨めるでしょう。

atGPジョブトレ うつ病状コースの公式サイトはこちら⇒

atGPジョブトレ うつ症状コースの注意点・デメリット2選

就職するためのプログラムが数多く用意されており、手厚いサポートが受けられるatGPジョブトレ うつ症状コースですが、その一方でデメリットも存在します。

今回は、atGPジョブトレ うつ症状コースの2つのデメリットと特徴、

  • 実際に通所する必要がある
  • 障がいが軽度で社会人経験がある人には物足りない

について紹介していきます。

atGPジョブトレ うつ症状コースの注意点・デメリット1.実際に通所する必要がある

atGPジョブトレは実際に通所して研修を受けるので、地方在住者はもちろんアクセスに時間を要する人にとってはハードルが高いです。

このような人は、オンライン研修が受けられる他の就職支援サービスの利用をおすすめします。

また、アクセス面で問題はなくても「週5で通うのは体調面が心配」という人もいることでしょう。

こちらに関してはスタッフに相談することで、週3の通所から始めることもできます。

このように、臨機応変に柔軟な対応をしてくれるので、興味がある人は一度相談をしてみると良いでしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースの注意点・デメリット2.障がいが軽度で社会人経験がある人には物足りない

数多くのプログラムが用意されているatGPジョブトレ うつ症状コースですが、その多くが社会人として基本的なスキルの習得に関するものです。

そのため、障がいが軽度で社会人経験がある人にとっては物足りなく感じる可能性が高いといえます。

また、研修を受けてから就職活動をすることになるので、実際に働き始めるまで時間を要することもデメリットです。

このように、社会人として基本的なスキルを身につけていて、すぐに働き始めたい人は、他の就職支援サービスを利用した方が良いといえるでしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースの機能をわかりやすく解説!

atGPジョブトレ うつ症状コースは、プログラムやサポート内容が充実している就職支援サービスです。

これまでに紹介した就職に必要なスキルを身につける研修はもちろん、障がい者就職のプロであるキャリアプランナーから、さまざまな就職活動のサポートを受けることができます。

また、企業による事業所見学会も含まれており、事前に職場見学をできることからミスマッチが起こりにくいことも魅力であるといえるでしょう。

atGPジョブトレ うつ病状コースの公式サイトはこちら⇒

atGPジョブトレ うつ症状コースの料金プラン・支払い方法

atGPジョブトレ うつ症状コースの料金プランは、世帯収入によって決まり、次の3パターンがあります。

料金

対象(世帯の収入状況)

0円

生活保護、もしくは世帯収入が概ね300万円以下の低所得者

9,300円

収入が概ね600万円以下の世帯

37,000円

上記に該当しない場合

こちらは、世帯収入であり、本人と配偶者の収入の合計を指すので、親の収入は含まれません。

つまり、両親と同居していている場合でも、世帯を分けている場合には自身(+配偶者)の収入のみが審査の対象となるのです。

また、自己負担が発生する場合でも、住んでいる市区町村の助成金を使用できることがあります。

使用できる助成金についてもスタッフにアドバイスしてもらえるので、費用が発生するからと諦めず、まずは相談してみると良いでしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースを利用するまでの流れ

atGPジョブトレ うつ症状コースを利用するまでの流れは次の通りです。

  1. 見学・個別相談会へ申し込み
  2. 見学・個別相談会への参加
  3. 体験通所
  4. 研修開始

まずは、公式サイトから見学・個別相談会への申し込みを行いましょう。

申し込み内容は氏名や連絡先、障がいの種類など簡単な内容なので数分で完了します。

なお、現在はコロナウイルス感染予防対策で、個別相談会はオンラインでも申し込み可能なので、状況に応じて選択するようにしましょう。

見学・無料相談会では、atGPジョブトレについての説明からはじまり、質問や相談を行うことができます。

その後、すでにトレーニングを受けている人たちの実際の様子を見学できるので、自身が研修している姿をイメージしやすいでしょう。

通所を希望する人は、無料で5日間の体験通所することができるので、こちらも積極的に利用することをおすすめします。

これらを通じて、利用したい人は正式に申し込みを行って研修開始です。

その後、研修を受け、求人紹介や就職活動を経て、無事に内定が獲得できれば終了です。

atGPジョブトレ うつ病状コースの公式サイトはこちら⇒

atGPジョブトレ うつ症状コースは「就職に必要なスキルを身につけたい障がい者」におすすめ!

ここまでに紹介してきた通り、atGPジョブトレ うつ症状コースでは就職に必要なスキルや障がいと向き合いながら働くためのノウハウを学ぶことができる就職支援サービスです。

これらから、うつ病で就職活動が思うように進められず悩んでいる人におすすめできるといえるでしょう。

通所する場所は限定されていますが、同じ悩みを抱えている仲間を作ることもできるので、通える人は積極的に利用してみましょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースに関するよくある質問

atGPジョブトレ うつ症状コースに関するよくある質問、

  • 働きながらでも利用できる?
  • 就職までどれくらいかかる?
  • 毎日通所しなければならない?

の3つについて解説します。

Q

働きながらでも利用できる?

A

原則的に、働いていない人が対象となります(パート・アルバイト含む)。

ただし、個人の事情から自治体の判断によって利用できる場合もあるので、まずは相談してみるとことから始めてみましょう。

Q

就職までどれくらいかかる?

A

個人の状況次第なので「〇週間、〇ヵ月で就職できる」という目安はありません。

就職してから長く働き続けられることを目指しているので、じっくり取り組むことが推奨されています。

その実績もあり、就職後の定着率は91%という結果を残しています。

Q

毎日通所しなければならない?

A

障がいの度合いによって、毎日(週5日)通所するのは体調面で不安を感じている人もいることでしょう。

その場合、週3日から通所を開始することもできるので、まずは個人相談会で相談してみると良いでしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースの運営会社情報

atGPジョブトレ うつ症状コースは株式会社ゼネラルパートナーズが運営する就職支援サービスです。

今回紹介したうつ症状コースのほかに、発達障害、統合失調症、聴覚障害、難病など障がいに合わせたコースが設けられています。

また、プロのキャリアアドバイザーに相談できる「atGPエージェント」や、求人探しやスカウトが受けられる「atGP転職」も運営しているので、併用することで就職の成功率を高めることができるでしょう。

株式会社ゼネラルパートナーズの会社概要

運営会社である株式会社ゼネラルパートナーズの会社概要は次の通りです。

会社名

株式会社ゼネラルパートナーズ

代表者名

進藤 均

所在地(本社)

東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階

資本金

2,500万円

事業内容

求人情報サービス

人材紹介サービス

就労移行支援事業

就労定着支援事業

就労継続支援A型事業

まとめ

atGPジョブトレ うつ症コースは、障がいに合わせたプログラムで就職に必要なスキルやサポートを受けることができる就職支援サービスです。

研修は通所して行うので、対人コミュニケーションに不安を感じている人は、就職前に効果的なトレーニングをすることができます。

また、グループワークもプログラムに組み込まれており、同じ悩みを抱えた仲間の努力する姿を見て、モチベーションアップの効果も期待できるといえます。

自身の状況によって費用が発生することがありますが、自治体の補助金利用含め、スタッフが案内してくれるため、興味がある人は無料見学・相談会の申し込みから始めてみましょう。

atGPジョブトレ うつ病状コースの公式サイトはこちら⇒