看護師の中にはハードワークに疲れたり、女性が多い職場ゆえのギスギスした雰囲気にストレスを感じる方も少なくありません 

上司に退職を相談したいものの退職を言い出せる雰囲気ではなく、仕事をズルズルと続けている方や、退職を申し出た際の上司の反応が怖くて言えない方も多いです。 

ここ数年、退職代行サービスを利用して会社を辞める方は増えていますが、看護師も退職代行を利用する方が増えてきています。

本記事では、看護師が退職代行を選ぶ際のポイントに加えて、退職代行を使うメリット・デメリット、退職代行を利用した退職の流れについても解説していきます。 

編集部イチオシの退職代行2選!

弁護士法人みやび・・・退職+それ以外の未払い費用の請求もサポートして欲しい人におすすめ。

弁護士資格を保有しているため、通常の退職代行に加えて、「有給取得」や「未払い給与への対応」、「退職金の請求」の交渉まで依頼できる。

退職代行は55,000円(税込)で依頼でき、それ以外の交渉などは回収した金額の20%の費用で依頼可能。

退職代行Jobs・・・とにかく早く&弁護士よりも安価に辞めたい人におすすめ。

労働組合(合同労働組合ユニオンジャパン)と提携している退職代行。

24時間対応だから即日退職可能で現金後払いもOK。有給休暇の申請も無料でサポート。

退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)で依頼できる。

退職代行を使う看護師が多い理由TOP3を紹介 

看護師という仕事は祝日や年末年始の休みもほとんどなく、かつハードな仕事として知られています。 

目標を持って看護師になったものの、現実に疲れて退職を希望する方も多いです。 

退職代行を使う看護師が多い理由TOP3、

  • 残業が多い
  • 人間関係が悪い 
  • 退職を言い出しにくい雰囲気 

について紹介していきます。 

残業が多い 

看護師は残業が多く、定時に帰れないことも少なくありません。 

担当患者のケアに時間がかかったり、患者から退勤時間前に呼び出されたりすることも多いです。 

仕事の後のプライベートな予定もキャンセルせざるを得ないことや、子供を長い時間留守番させてしまうことも多く仕事と家庭の両立の難しさを感じてしまいます。

残業によって帰宅時間が遅くなっても、翌日は早朝から勤務しなければならないこともあり体力的にもキツいですよね。 

残業が多いのは自分だけではないため、退職を希望する看護師さんの中には周囲を気にして言い出せない方も少なくありません。 

なかには、「自分だけ辞めたいなんて言い出しにくい」と悩んでいる方もいるようです。 

人間関係が悪い 

看護師間の人間関係の良し悪しは職場によって異なりますが、上下関係が厳しい職場やピリピリとした雰囲気が漂っている職場が多いのが実情です。 

また、常に忙しい状況が続くため、分からないことを質問しても「自分で考えて」「一回で覚えてよ」「そこに突っ立っていたら邪魔」といった厳しい言葉を投げかけられることもよくあります。 

このようなきつい発言をされるうちに、退職したい意思があることを言い出せなくなる方も多いのです。 

退職を言い出しにくい雰囲気 

看護師の方は出勤から退勤まで病院内で常に忙しく動いています。 

休憩が取れないことも多く、夕方に昼食を食べることも少なくありません。 

忙しい職場の雰囲気を察し、上司に退職を相談するための時間を作ってもらうことを躊躇われる看護師も多いのです。 

「明日こそは退職したいと伝えよう」と思いつつも、結局言い出すタイミングを掴めずにズルズルと引き延ばしてしまうことも珍しくありません。 

看護師が退職代行を選ぶ際の3つのポイント 

退職代行サービスを提供する業者は年々増えています。 

問い合わせ方法、料金、弁護士資格の有無など、業者によって大きく異なります。 

「料金が安いから」というだけで依頼してしまうと、結局辞めることができずに後悔することになるかもしれません。 

 看護師が退職代行を選ぶ際の3つのポイント、

  • 法的に請求・交渉ができる 
  • 退職までサポートを受けられる
  • 料金形態がクリア

について紹介していきます。 

法的に請求・交渉ができる 

一般業者の多くが企業や病院側に対して、依頼者に代わって退職の意思を伝えることができるものの、法的請求・交渉の権利は持っていません。 

たとえば、有給の消化、残業代などの未払金の交渉、あるいはパワハラを受けたことに対する訴えを起こす権利は一般業者には基本的に認められていません。 

退職にあたって法的請求・交渉をしたいことがある方は、労働組合や弁護士への退職代行の依頼をおすすめします。 

退職までサポートを受けられる 

業者によっては退職ができていないのに契約が打ち切りになってしまうこともあります。 

「お金を払ったのに辞められなかった」とならないよう、退職までサポートしてくれる業者を選択してください。 

サポートを退職まで受けられなかった場合、退職代行依頼前よりも苦しい状況のなか出勤することになるので気を付けましょう。 

料金形態がクリア 

格安をウリにしている業者の中には、オプションやサービス利用期間の延長などによって追加料金を請求してくるところもあります。 

想定していた以上の金額を業者に支払ったケースも珍しくありません。  

一律制の料金形態を採用している業者もあるので、支払い形態に不安のある方は料金一律制をとっている業者に依頼することをおすすめします。 

看護師が退職代行を使うメリット3 

看護師が退職代行を利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。 

退職代行を看護師が利用する3つのメリット、

  • サッパリと退職できる
  • 上司や同僚と顔を会わずに辞められる 
  • 有給休暇や残業代の請求ができる 

について紹介していきます。 

サッパリと退職できる 

看護師の人手不足に悩んでいる病院は少なくないのが実情です。 

退職したいと伝えても、「もう少しだけ」「新しい人が入ってくるまで」などと引き留められることがあるかもしれません。 

退職代行サービスを利用することで、引き留めに遭うこともなく退職できます。 

また、退職を言い出す勇気が出ずに先延ばしにしている方も、業者に依頼すればすぐに辞められます。  

上司や同僚と顔を会わずに辞められる 

退職手続きを進めるにあたって、上司への相談、同僚への引継ぎを一般的に行います。 

看護師であれば、引継ぎは特に重要と言えるでしょう。 

しかし、人間関係が原因で退職したい方は、引継ぎの話し合いもストレスになります。 

退職代行を利用すれば、上司や同僚と顔を合わせずに退職できます。 

有給休暇や残業代の請求ができる 

看護師を取り巻く環境として、残業や休日出勤が当たり前になっていることが多いです。 

看護師の方の場合、残業をしても残業代が出ないということも珍しくないと言います。 

これまでに取得できなかった有給休暇や残業代を請求したい方は、弁護士、もしくは労働組合に退職代行を依頼しましょう。 

看護師が退職代行を使うデメリット3 

看護師が退職代行を利用することでどのようなデメリットがあるのでしょうか。 

退職代行を看護師が利用する3つのデメリット、

  • 他社からの評判が悪くなる
  • うしろめたさを感じる
  • お金がかかる

を紹介していきます。 

他社からの評判が悪くなる 

看護師が退職代行を利用する最大のデメリットは他社からの評判が悪くなることです。 

看護師の世界は狭く、師長同士の繋がりや横の繋がりがあることも少なくありません。 

退職代行を利用して退職したことが風の噂で近隣病院にまで伝わることも珍しくないのです。 

近隣の病院に転職を考えている方は注意が必要といえます。 

うしろめたさを感じる 

看護師の方は責任感が強い傾向にあります。 

職場環境が辛く退職代行を利用して辞めたとしても、うしろめたさを感じてしまう方も多いです。 

退職代行を利用する際は割り切りの良さが必要になります。 

お金がかかる 

退職代行の相場は3万円から5万円となっています。 

弁護士に依頼した場合は一般業者や労働組合よりも割高になり、5万円前後が相場と言われています。 

退職前はお金について不安を抱える時期ですので、退職代行の依頼にかかる料金の支払いに悩まれる方も多いです。 

しかし、退職代行を利用することで未払金、場合によっては慰謝料が支払われることもあります。 

未払金などを業者への支払いに充てる方も少なくありません。 

看護師の退職代行利用の体験談や良い口コミ・悪い口コミ 

「看護師の退職代行利用ってどうなの?口コミが知りたい」と思われる方も多くいらっしゃいます 

そこで、退職代行を利用された看護師の方の体験談や口コミを紹介します。 

良い口コミ 

まずは、良い口コミを紹介していきます。

利用者

退職代行を使ってまで辞めて良かった 。

利用者
本当に辞められた。
利用者

サッパリした。

退職代行を利用したことで、退職できてスッキリされた方が多いようです。 

悪い口コミ 

 続いて、悪い口コミを紹介します。

利用者

退職代行を利用しても辞められなかった。

利用者

他の病院に面接に行ったら、退職代行を使って辞めたことがバレていた。

悪徳業者に依頼してしまうと、お金だけとられて退職できないことになるので注意が必要です。 

看護師の退職代行で仕事を辞める流れ 

看護師が退職代行で仕事を辞める流れを紹介します。 

  1. 退職代行を依頼する業者を探す(一般業者、弁護士、労働組合)
  2. 業者に問い合わせを行い、指定された口座に入金する
  3. 入金後、担当者と電話、メッセージなどで話し合う
  4. 担当者に退職に関する病院とのやりとりを代行してもらう
  5. 退職完了 

まとめ 

職場環境にストレスを感じていたり、ギスギスした人間関係に悩んだりしている看護師は多いです。 

あわただしい職場ゆえに、看護師の方の多くが退職したい意思を上司に伝えるタイミングを掴めずに困っています。 

「退職したいけれど上司に言えない」「周囲も忙しそうで、退職したいと言える雰囲気じゃない」と悩まれている方は、退職代行の利用がおすすめです。 

退職代行サービスを利用することで、これまでズルズルと先延ばしにしてきた退職をすぐに実現させることができます。