転職ドラフトは、ITエンジニアに特化した転職支援サービスで、野球のドラフトのように人材を募集している企業から「指名」されて転職を行います。

一般的な転職支援サービスの、掲載されている求人情報に対して応募を行う形式とは異なるので、自身の市場価値が測れるほか、求人情報を探す手間を省けるので効率的に転職活動を進めることが可能です。

しかし「本当に転職先が決まるの?」と疑問に感じている人もいることでしょう。

そこで、この記事では転職ドラフトの利用を検討している人に向けて、口コミや評判、特徴や向き不向きまで解説をしていきます。

登録に思い悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨

転職ドラフトの関する評判・口コミ

初めて利用するサービスに登録する際、口コミや評判は気になるものです。

しかし、口コミだけではその実態が見えないことが多々あります。

ここでは、口コミや評判から転職ドラフトの実態について解説をしていきます。

転職ドラフトに関する悪い評判・口コミ

どのようなサービスでも、利用者の相性が合わなければ悪い口コミとなるものです。

転職ドラフトにも悪い口コミが寄せられていますので、実情と照らし合わせて確認をしていきましょう。

市場価値が知れると聞いて登録を試みたけど、スキルも実績もなく審査に通過できず。

とりあえず自分に価値が無いことが分かりました。

スキル身に付けるまで今の会社で頑張ります。

転職ドラフトは、登録時に作成したレジュメを人材募集している企業が確認し、求職者に対して「指名」を行います。

このようなサービスの特徴から、登録には審査があり、内容が不十分であると通過することができません。

スキルが低い人や実務経験が乏しい人は、書き方を工夫する必要があるといえるでしょう。

また、転職ドラフトでは再審査も可能で、落ちた際にはフィードバックをくれます。

それを確認して、スキルアップや内容の書き換えを行うと登録できる可能性が高まります。

レジュメの作成がかなりの手間。

そこまで充実した内容を書けないので無理矢理深掘りして捻り出すのは大変。

先述したように、転職ドラフトでは登録時にレジュメを作成します。

企業は、そのレジュメを確認して指名を行うので、詳細な情報を記入する必要があります。

一般的な転職支援サービスでは、氏名やメールアドレスをはじめとした基本的なユーザー情報のみで登録ができることと比較すると、手間がかかることは否めません。

レジュメの作成を手間に感じてしまう人は、自身が指名する立場であると考え、どのような情報が欲しいのか考えると納得できるようになるでしょう。

指名がもらえず自己推薦することに。

よくよく考えたら自己推薦って他の転職サイトと何ら変わりないことに気付いた。

企業から指名されることが特徴の転職ドラフトですが、登録しても指名をもらえないことがあります。

その際には「自己推薦」という方法で、企業に対してアプローチすることが可能です。

しかし、口コミにもあるように、企業に対して自らアプローチする方法は一般的な転職支援サービスと同じです。

転職ドラフトが取り扱っている企業数自体は多くないので、自己推薦をする場合には取り扱い求人数の多い転職支援サービスの併用を検討するのも良いでしょう。

転職ドラフトに関する良い評判・口コミ

悪い口コミが寄せられている一方で、良い口コミも存在します。

利用する際のモチベーションアップにもつながりますので、確認していきましょう。

すぐに転職しなくても自分の現在の市場価値を知れるのは良い。

転職するかで悩んでいたが後押しになった。

指名されたからといって、必ずしも転職しなければならないわけではありません。

こちらの口コミのように、自身に価値があることを知るために利用する人も多数いるので、転職を少しでも意識している人は利用を検討してみると良いでしょう。

現職の年収よりも100万以上高い条件で指名がもらえました。

今の会社の評価体制に疑問を感じるきっかけになったのと同時に、自信が持てるようになりました。

転職ドラフトでは、現在の収入を提示する必要もなく、スキルや実績から指名されるので正当な評価を得ることができます。

提示された雇用条件が現職よりも高ければ、自信となり転職活動を後押ししてくれます。

一方で、提示される雇用条件が在籍している企業の方が良ければ、現在の環境が恵まれていることを確認するきっかけにもなるでしょう。

他の人のスキルや実績を見ることができて参考になりました。

今後、自分が描くキャリアマップに何が必要なのか把握することもできたと思います。

転職ドラフトでは、自身が指名されるだけではなく、入札された他のエンジニアの情報を閲覧することが可能です。

そのため、希望するような企業に指名されるためには、どのようなスキルや実績が必要なのか確認できます。

不足しているスキルや実績があるならば、それらを習得するところから始めるといった、キャリアマップの修正にもつながるのです。

また、入札された金額から現在の相場を知ることもできるので、現職の雇用条件や今後の転職活動に役立てられるでしょう。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨

転職ドラフトに関するツイッターでの評判と口コミ

転職ドラフトについて最後は一番ストレートな意見が書かれるツイッターを見てみましょう。

転職ドラフトについてはツイッターでも良い口コミがたくさん見つかります。

転職ドラフトで選ばれて嬉しいという声がとても多いですし、レジュメを見てもらえるサポートも好評ですよね。

転職支援サービスは数多くありますが、転職ドラフトは評判のよいサービスと言えるでしょう。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨

転職ドラフトのメリット・特徴3選

転職することが珍しくなくなった昨今、数多くの転職支援サービスが存在しますが、転職ドラフトを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、転職ドラフトの3つのメリットと特徴、

  • スキルや実績を正当に評価してもらえる
  • 現在の自分自身の市場価値がわかる
  • 指名段階でミスマッチを防ぐことができる

について紹介していきます。

転職ドラフトのメリット・特徴1.スキルや実績を正当に評価してもらえる

現在エンジニアとして活躍している人のなかには「スキルを持っているのに評価されない」という不満を抱えている人は少なくありません。

専門性の高さからスキルや実績が評価される職業ですが、その評価や年収は所属する企業に依存するので、納得できないことが多いものです。

しかし、転職ドラフトでは現在の収入を提示する必要がなく、自身のスキルや経歴を提示するだけで企業から指名されます。

そのため、保有しているスキルや実績を正当に評価してもらいやすい環境が整っているというメリットがあります。

転職ドラフトのメリット・特徴2.現在の自分自身の市場価値がわかる

転職を検討する際「自分に市場価値があるのか」「これくらいの年収が欲しいけど高望みしすぎなのか」と考え込んでしまう人もいることでしょう。

転職ドラフトでは、他の利用者の入札結果をはじめ、スキルや実績を確認することができます。

企業からの指名だけではなく、これらの情報と比較することで自分自身の市場価値を確認しやすいです。

転職するか否かで悩んでいる人は、現在の収入よりも高い金額を提示してもらえることで、転職活動を開始する後押しとなることでしょう。

転職ドラフトのメリット・特徴3.指名段階でミスマッチを防ぐことができる

一般的な転職活動では、具体的な雇用条件や仕事内容は最終面接や内定が確定してからでないと提示してもらえないことが多いものです。

しかし、転職ドラフトでは指名段階で年収や仕事内容を提示してもらえるので、選考を進める前にミスマッチを防げます。

これにより「何度か面接をした後に雇用条件が合わずに辞退した」「現職の合間を縫って面接したのに時間が無駄になった」といったことがなくなり、効率よく転職活動を進めることができるのです。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨

転職ドラフトのデメリット・注意点3選

他の転職支援サービスにはないメリットがある転職ドラフトですが、その一方でデメリットも存在します。

今回は、転職ドラフトの3つのデメリットと特徴、

  • スキル不足の場合には審査に通らないケースもある
  • 審査に通過しても指名をもらえない可能性もある
  • レジュメの作成に手間がかかる

について紹介していきます。

転職ドラフトのデメリット・注意点1.スキル不足の場合には審査に通らないケースもある

一般的な転職支援サービスでは、誰でも登録することが可能です。

しかし、転職ドラフトは「指名制(ドラフト形式)」という特性上、登録時に「年収評価シート(レジュメ)」を作成して審査を通過しなければなりません。

そのため、未経験者や経験の浅いエンジニアは利用できない可能性が高いので、注意が必要であるといえるでしょう。

ただし、審査に落ちてしまっても再審査を受けることもできます。

審査に落ちた際には運営からフィードバックがあるので、それらを参考にして転職活動に役立てましょう。

転職ドラフトのデメリット・注意点2.審査に通過しても指名をもらえない可能性もある

登録時の審査に通過したからといって、必ずしも企業から指名をもらえるとは限りません。

また、希望している条件や仕事内容と一致しない指名しかもらえず、転職活動を進めることができないこともあります。

その際には、指名を待つばかりではなく「自己推薦」という能動的に企業にアプローチする機能を利用して対策していくことも必要です。

転職ドラフトのデメリット・注意点3.レジュメの作成に手間がかかる

前述したように、登録時には「年収評価シート(レジュメ)」を作成する必要があります。

審査はもちろん、企業が指名をする際に利用されるものなので詳細な情報を記入していかなければなりません。

そのため、記入の手間や充実した内容で作成できないことから挫折してしまう人も少なくないのです。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨

転職ドラフトをおすすめしたい人の特徴はスキルやキャリアに自信のある人!

これまで紹介してきた通り、転職ドラフトではスキルや実績を提示して、それを見た企業から指名されて転職するサービスです。

現在、スキルはあるにもかかわらず所属企業では「評価されない」「収入が低い」と悩んでいる人は、自身の市場価値を確認することができます。

これらのことから、スキルやキャリアに自信がある人は、転職ドラフトを利用する価値があるといえるでしょう。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨

転職ドラフトをおすすめしない人の特徴は経験が浅いエンジニア!

良くも悪くも転職ドラフトでは、正当に評価されます。

そのため、経験が浅く、特筆できるスキルを保有していないエンジニアは登録審査を通過できない可能性が高いです。

また、登録審査に通過しても、他の高スキルを持つエンジニアと比較されることになるので「指名をもらうことができない」「希望する条件が得られない」ということも起こり得ます。

このようにスキル不足だと満足した結果が得られない可能性があるので、別の転職支援サービスも併用するようにすると良いでしょう。

転職ドラフトの料金体系や解約・返金ポリシーについて解説

転職ドラフトに限らず、転職支援サービスではサービスを介して企業に人材を紹介することで、紹介先企業から報酬を得ています。

そのため、利用者は無料でサービスを利用することが可能です。

登録審査に落ちても結果に対するフィードバックを得られるので、挑戦して損は無いといえるでしょう。

転職ドラフトに申し込みをする方法・流れを紹介

転職ドラフトの利用開始から内定獲得までの流れは次の通りです。

  1. 利用登録
  2. 期間中に指名を受ける
  3. 期間中に返答を行う
  4. 面談の実施
  5. 内定獲得

公式サイトから「年収評価シート(レジュメ)」の作成含めて利用者登録を行います。

スムーズに進めるために、あらかじめスキルや実績をまとめておくと良いでしょう。

転職ドラフトでは、指名を受けられる期間がスケジュールで決められているので、自身が転職したいタイミングと一致しているか確認しておく必要があります。

企業から指名を受けることができたら、返答期間中に企業とメッセージのやり取りを行います。

希望条件とマッチする企業があれば、スケジュール調整機能で面談日の調整を行いましょう。

その後、面談を実施し内定が獲得できれば転職活動は終了です。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨

転職ドラフトの運営会社情報

転職ドラフトは、東証一部上場企業である株式会社リブセンスが運営しています。

主な事業内容はインターネットメディアの運営をしており、転職ドラフト以外にも「転職会議」や「転職ナビ」、不動産領域の「イエシル」などがあります。

「転職会議」は転職活動をする際に、口コミや評判を確認するために利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

このように株式会社リブセンスは「仕事」と「住まい」といった、日常に欠かせない分野を取り扱っています。

株式会社リブセンスの会社概要

運営会社である株式会社リブセンスの会社概要は以下の通りです。

会社名 株式会社リブセンス
代表者 村上 太一
本社所在地 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル5F
事業内容 インターネットメディア運営事業
資本金 2億3700万円

まとめ

転職ドラフトは、一般的な転職支援サービスとは異なり、企業が求職者のスキルや実績を見て「指名」するITエンジニアに特化した転職支援サービスです。

このように、スキルや実績から指名されるため、正当な評価を受けやすいので、現在の職場で「スキルがあるのに評価されない」「自分の市場価値を確認したい」と考えている人に登録をおすすめします。

登録に審査があり、落ちた際には結果のフィードバックを得ることができるので、それらは自己分析やアプローチ方法を考えるのに役立ちます。

利用も無料で行えるので、ITエンジニアとして転職活動をする人は登録してみてはいかがでしょうか。

転職ドラフトの公式サイトはこちら⇨