「どうしても仕事に行きたくない」

「仕事に行くことを考えると泣きたくなる」

仕事に行きたくないという感情はサラリーマンならば誰しも持ったことがあるかもしれません。

しかし家にいたくて体が動かない、朝涙が勝手に出てくるという症状は、明らかに危険なサインです。

ここでは大手人事を9年経験し、残念ながらうつ病になってしまった人たちも見てきた筆者が、仕事に行きたくなくて朝泣くほど家にいたい方に対策をお伝えします。

ぜひすぐ参考にしてみてください。

安さと安全性を両立した退職代行サービス!【PR】

当サイトではさまざまな退職代行サービスを特集していますが、なかでも特におすすめの退職代行のひとつが退職代行ガーディアンです。

退職代行サービスを運営する組織には、
・料金は安いが法的な交渉力がない民間会社
・法の力で会社と戦えるが費用が高い弁護士法人

がありますが、ガーディアンの運営はそれらのイイトコ取りをした合同労働組合

法的に認められた交渉力がありながらも低費用なので、どんな会社や経営者が相手でも、確実に退職できるんです。

退職代行ガーディアン 公式キャプチャ

【退職代行ガーディアンの強み】

  • 2タイプの運営のイイトコ取りをした「合同労働組合」が運営
  • 合法の交渉力と費用の安さを両立!
  • 雇用形態に関わらず一律24,800円!追加費用もなし
  • 退職率100%!辞められなかったケースは過去なし

失敗やトラブルに巻き込まれる心配がないガーディアンは、名前のとおり利用者を守って安全に退職を実現してくれるでしょう。

退職後の生活はなにかとお金が必要なので、退職代行はガーディアンで安く済ませることも検討してください!

\やりとりはLINEでかんたん/
ガーディアンで退職する ▶︎

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい状態は危険

仕事に行きたくない人は多いですし、行きたい人の方が少ないくらいでしょう。

しかし朝泣いてしまうほど仕事に行きたくない方、家にいたい方は、かなり危険な状態と言えます。

仕事行きたくなくて朝泣くのは脳が限界を伝えるサイン

仕事は行かねばならないという考えは危険です。

これは甘えなどでは一切なく、朝涙が出てくるのは脳が限界を伝えているサインです。

実際にある日、体がどうしても動かなくなってしまうことや、オフィスまでは行けるがゲートを通れないなど、完全におかしくなってしまうことは多々あることをご存じでしょうか。

残念ながらうつ病になってしまった方を見てきた筆者としても、危険なサインで対応が必要と言えます。

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい人の対策3選

以下対策をできるだけ早く検討してみてください。

  1. 有給休暇で体と脳を休める
  2. 別の仕事を検討する
  3. 本当に危険な場合は今すぐ退職をする

甘えではなく危険な状態であると言えます。

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい人の対策1. 有給休暇で体と脳を休める

まずすぐにでもやって欲しいのが、有給休暇を取って休むことです。

仕事から自分自身を遮断して、体と脳を休めてください。

有給が認められないのは違法ですし、有給にも関わらず会社から連絡が来るような場合は、すぐにでも退職を検討するほど危険だと言えます。

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい人の対策2.別の仕事を検討する

仕事行きたくなくて朝泣く原因として、職場の人間関係、激務、業務が合っていないなど、いくつものことが考えられます。

人によって原因は異なりますが、すぐに原因を解決できないようであれば、別の仕事を検討することもおすすめします。

どんなことがあっても耐え続けなければならないという考えは絶対に間違っています。

うつ病になってからでは遅いですよね。

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい人の対策3.本当に危険な場合は今すぐ退職をする

実際に筆者はうつ病になってしまった方々を見てきましたが、涙が止まらなくなる、会社の駅で電車を降りられない、会社に向かう横断歩道が渡れないなど、どう考えてもおかしい症状が出てしまいます。

これを放置して無理やりにでも働き続けてしまうと、仮に会社を辞めたとしても元の状態に戻るまで何年間という時間すらかかってしまう大きなリスクなのです。

本当に危険だと判断した場合、今すぐ退職を検討することも必要だと断言できます。

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい危険な方は退職代行も検討すべき

体が出社を拒否する場合や、涙が止まらなくなってしまう状態は、間違いなく危険ですよね。

通常の退職では引き止めなどでまだ数か月も出社しなければいけない場合、自分自身を守るために退職代行サービスも検討をおすすめします。

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい方におすすめの退職代行1.辞めるんです

辞めるんです

辞めるんですは、完全成果報酬型に対応した退職代行サービスです。

利用料金はいたってシンプルで27,000円(税込)で利用ができます。

退職届が受理されてからの完全後払いが可能なため、退職が確定してから支払いたい方におすすめです。

しかし、弁護士が監修している退職代行サービスではあるものの、弁護士や労働組合が直接代行業務を行うわけではないので、退職手続きの代行のみを行いたい方向けです。

また、期間限定のキャンペーンで、申し込みをすると退職届のテンプレートをもらうことができます。

退職届の書き方に不安のある方はぜひチェックしてみて下さいね。

相場金額よりもやや低めの金額でもサポートはしっかりしてもらえます。

全て込みの金額なので、オプションの割り増し請求されることもありません。

退職実績10,000件、退職成功率100%を継続しているので退職失敗の可能性はないでしょう。

辞めるんですは、総合的におすすめできる退職代行サービスです。

辞めるんですの運営会社概要

商号
LENIS Entertainment株式会社
代表者
松倉大芽
事業内容
IT事業、広告事業
所在地
東京都港区海岸3丁目7-18 ALTO-B1101

辞めるんですの公式サイトはこちら⇒

仕事行きたくなくて朝泣くほど家にいたい方におすすめの退職代行2.ヤメドキ

ヤメドキ 公式キャプチャ

「ヤメドキ」は相談した日から出社しなくて済むように会社との交渉をしてもらえる退職代行サービスです。

労働組合と提携しているので、有給消化の交渉もすべてヤメドキに任せられます。

無理をして仕事を続けて体調を崩してしまうと、転職活動にも影響が出てくるでしょう。

無理をせず退職して、次のステップに進むことも検討してみてくださいね。

LINEで24時間対応してくれるので、即日退職したい方はヤメドキに相談してみてはいかがでしょうか。

ヤメドキの運営会社概要

会社名

株式会社25H

担当者

穂積 遼太

所在地

東京都町田市高ヶ坂1丁目7番20号

ヤメドキの公式サイトはこちら⇒

まとめ

仕事に行きたくなくて朝起きられない人や、特に涙が出てくるなど明らかにおかしい症状が出た場合、危険なサインであると認識してください。

放置や無理をすると働くこと自体ができなくなる恐れがあります。

今すぐ退職を検討することも、長期的には自分を守ることにもなるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。