「業務の一部を外部委託したいけど、WorkAnyの評判はどうなの?」

「ホームページには記載されていないWorkAnyのメリットや注意点が知りたい」

上記のように、WorkAnyについて疑問を持っている方は少なくありません。

では、WorkAnyはどのようなものなのでしょうか?

WorkAnyは、アフィリエイトASP最大手の「A8.net」を運営する株式会社ファンコミュニケーションズが、2021年3月に開始したサービスです。

「副業したい人」と「業務を外部委託したい企業」をマッチングさせる副業マッチングプラットフォームです。

利用することで条件にあった人材を採用して仕事を委託出来るため、業務の効率化が図れます。

一方で、新しいサービスであるため、詳細があまり知られておらず、導入を悩んでいる方も多いのが現状です。

この記事ではWorkAnyの特徴や注意点について解説していきます。

WorkAnyに興味を持っている方はこの記事を参考にしてみてください。

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒

WorkAny(ワークエニー)の評判・口コミは?実際に導入した企業の声を紹介!

WorkAnyの評判を実際の口コミをもとに紹介していきます。

評判を確認して、満足できるサービスかを見極めてください。

WorkAny(ワークエニー)に関する悪い評判・口コミ

WorkAnyの口コミでよくない評判のものを紹介します。

商品を登録するデータ入力作業に手間を取られており、残業が増えるなど業務効率が悪くなっている状況でした。

そこで費用を抑えたいこともあり、副業を考えている外部の人材に仕事を依頼することにしたのです。

その際に株式会社ファンコミュニケーションズさんが運営する「WorkAny」を知って利用しました。

しかし、新しいプラットフォームということもあり、登録されている人材が少ないため、他のサービスを利用して依頼を行うことに。

利用料金などは満足出来るものであったため、今後もっと登録者数が増えれば活用したいと思います。

上記のように他のサービスと比較して登録者数が少ないことに不満を抱えている口コミは多くありました。

WorkAny(ワークエニー)に関する良い評判・口コミ

WorkAnyの口コミで良い評判のものを紹介します。

ホームページに記載するコラム記事を外部委託したいと考えて、WorkAnyを利用しました。

登録者数は他のサービスと比較して少ないですが、マッチングした人の意欲が非常に高く、人数に対して良い人材が多いと感じました。

また、お試し期間があったので気軽に始めることが出来たのがよかったです。

上記のように無料のお試し期間があるから利用してみたという声が多かったです。

 

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒

WorkAny(ワークエニー)のツイッターでの評判・口コミ

最後にツイッターでもWorkAnyの評判は良いのか、悪い話はないか確認してみましょう。

ワークエニーについてはツイッターでも評判が見つかりますし、悪い書き込みはありませんでした。

これからさらに発展していく期待のサービスと言えるでしょう。

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒

WorkAny(ワークエニー)の強み・メリット3選

WorkAnyのメリットは以下の3つです。

  • 求人掲載やスカウトを無制限で行える
  • 成約手数料が掛からない
  • 1カ月単位で利用出来る

それぞれについて説明していきます。

WorkAny(ワークエニー)の強み・メリット1.求人掲載やスカウトを無制限で行える

WorkAnyは他の副業人材をマッチングさせるプラットフォームと違って、契約期間中なら求人掲載やスカウトを無制限で行うことが出来ます。

仕事内容を細かく分けて人材を募集するなど、条件が異なる人材を集めることが可能です。

一般的な副業マッチングプラットフォームでは、複数の求人を掲載する際に追加料金が必要なケースがあります。

このように余計な費用を掛けずに条件が異なる人材を同時に募集出来るのは、人材を募集する企業にとって大きなメリットといえます。

WorkAny(ワークエニー)のメリット強み・2.成約手数料が掛からない

WorkAnyは人材を採用した際の成約手数料が掛かりません。

つまり、月額料金を支払っていれば採用しても料金が変わらないのが特徴です。

そのため、複数の人材を採用したい企業に向いている副業マッチングプラットフォームになります。

一方で、一般的な副業マッチングプラットフォームは成約手数料を取るものも多いため、複数人を採用したい企業が利用すると、多額の費用が必要です。

WorkAnyは複数の人材を採用したい企業にとっては、他の副業マッチングプラットフォームよりも安価に利用出来ます。

WorkAny(ワークエニー)の強み・メリット3. 1カ月単位で利用出来る

WorkAnyは1カ月単位で契約が更新されるため、1カ月単位で利用することが出来ます。

そのため、1カ月利用して必要な人材が確保出来た場合には、契約を終了出来るので余計な費用が掛かりません。

他の副業マッチングプラットフォームには、半年や1年といった使用期間の縛りがあるサービスも多くあります。

使用期間に縛りのあるサービスを利用すると必要な人材が確保出来たにも関わらず、無駄な経費を支払うことになります。

その点、WorkAnyは短いスパンでサービスが利用出来るため、無駄な経費を支払う必要がありません。

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒

WorkAny(ワークエニー)の注意点・デメリット2選

WorkAnyのデメリットは以下の2つです。

  • 認知度が低い
  • 登録されている人材が少ない

それぞれについて説明していきます。

WorkAny(ワークエニー)の注意点・デメリット1.認知度が低い

WorkAnyは2021年3月にリリースされた副業マッチングプラットフォームです。

そのため、他の副業マッチングプラットフォームよりも認知度が低く、実績が乏しいものになります。

実際、案件数や登録数は多くありません。

ただし、アフィリエイト最大手「A8.net」を運営する株式会社ファンコミュニケーションズが運営会社であるため、今後認知度があがり、盛り上がっていく副業マッチングプラットフォームになる可能性が高いです。

WorkAny(ワークエニー)の注意点・デメリット2.登録されている人材が少ない

WorkAnyは前述したように新しいサービスであるため、人材の登録者が少ないです。

そのため、他の副業マッチングプラットフォームよりも選べる人材が多くありません。

ただし、認知度がまだ高くないサイトに当初から登録している人は、「ライバルが少ないからチャンス」と考えるような意欲のある人材が多いです。

そのため、そういった意欲のある人材を他のサービスと比べて見つけやすいメリットがあります。

ただし、前述したように登録されている人材はまだまだ少ないため、利用する場合は事前に採用したい人材のマッチング実績があるのかなどについて問い合わせるようにしてください。

WorkAny(ワークエニー)の特徴・機能をわかりやすく解説!

WorkAnyは副業で稼ぎたいという人材と、仕事を外部委託したいと考えている企業をマッチングさせる副業マッチングプラットフォームになります。

例えば、誰でも出来るが手間が掛かるデータ入力の作業を外部委託したい企業と、データ入力の作業で稼ぎたいと考えている人材のマッチングなどが可能です。

企業は時間が取られる作業をマッチングした人に外部委託することで業務の効率化を図ることができます。

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒

WorkAny(ワークエニー)の料金プラン・支払い方法

無料トライアル(90日間) 0円
月額 49,000円(税込)

WorkAnyは月額49,000円(税込)で利用でき、利用する際は月額料金以外の追加料金は必要ありません。

また、90日間無料で利用出来るお試し期間が1カ月あるため、気軽に始めることが可能です。(2021年10月現在)

新しいサービスであるため不安という方は、お試し期間を利用してどれくらいの人材が登録されているかをチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

WorkAny(ワークエニー)を利用するまでの流れ

企業がWorkAnyを利用する際の流れは以下の5つです。

  1. 支払い情報など会員登録に必要な情報を入力する
  2. アカウント審査を運営会社が行う
  3. 求人募集を作成する
  4. 人材をスカウトする
  5. マッチングしたら条件をすり合わせて仕事を依頼する

より詳しい手順などを知りたい場合には、資料請求を行うようにしてください。

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒

WorkAny(ワークエニー)は「業務の効率化を図りたい企業」におすすめ!

WorkAnyは業務の効率化を図りたい企業におすすめです。

中でも社員でなくても出来るような業務に時間を取られている企業は、WorkAnyを活用することで業務の効率化が図れます。

負担になっていた業務を外部に委託することで、業務負担を削減出来るためです。

このように、WorkAnyを活用することで業務負担を軽くすることが出来るため、残業が多く困っている企業におすすめのサービスです。

WorkAny(ワークエニー)に関するよくある質問

WorkAnyに関するよくある質問、

  • どういった人材が登録されていますか?
  • 登録されている人材のスキルなどは詳細に確認出来ますか?

の2つをピックアップして紹介します。

どういった人材が登録されていますか?

登録されている職種は営業やデザイン、ライティング、エンジニアリングなどあらゆる職種を網羅しています。

登録されている人材のスキルなどは詳細に確認出来ますか?

職務経歴やスキルはすべて公開されているため、ミスマッチを回避出来ます。

上記以外の疑問がある場合には、ホームページから問い合せを行うか、資料請求を行うようにしてください。

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒

WorkAny(ワークエニー)の運営会社情報

WorkAnyはアフィリエイトASP最大手の「A8.net」を運営する株式会社ファンコミュニケーションズが運営しています。

そのため、運営会社の信頼性は非常に高いです。

また、2021年3月始まった新しいサービスであるため、株式会社ファンコミュニケーションズも力を入れており、今後の発展が期待されています。

株式会社ファンコミュニケーションズの会社概要

株式会社ファンコミュニケーションズの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社ファンコミュニケーションズ
(英文表記:FAN Communications, Inc.)
設立日 1999年10月1日
資本金 11億7,367万円(2021年6月30日現在)
代表者名 柳澤 安慶
本社住所 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-8青山ダイヤモンドビル(受付:2階)

まとめ

WorkAnyは副業をしたい人材と業務を外部に委託したい企業をマッチングする副業マッチングプラットフォームです。

2021年3月にリリースされた新しいサービスで90日間の無料トライアルを実施しています。(2021年10月現在)

月額利用料以外に追加料金が掛からないため、安価な金額で複数人の人材を採用したい企業におすすめです。

ただし、新しいサービスであるため、登録されている人材が少ないといった注意点をよく理解しておく必要があります。

そこで、この記事ではWorkAnyの特徴や注意点について解説してきました。

WorkAnyを活用して外部委託を考えている企業の方はこの記事を参考にしてみてください。

WorkAnyの公式サイトはこちら⇒