業界初となる退職代行のサブスクで話題のヤメホーについて、評判やメリット・デメリットが気になるのではないでしょうか。

ヤメホーは「男の退職代行」および「わたしNEXT」のサブスクリプション(定額制)退職プランです。

今回の記事では、20社以上の退職代行サービスについて調査・執筆してきた編集部の目線で、ヤメホーについて解説していきます。   

退職代行サービスを検討するうえでの参考にしてください。

ヤメホーの評判と口コミまとめ

ヤメホーの利用者の口コミから、その評判について調べました。

高評価および低評価されたポイントについて確認していきしょう。

ヤメホーの良い評判と口コミ

ヤメホーの良い口コミには、以下のものがありました。

利用者

退職代行のヤメホー、LINEの返信が早かったので信頼できました。

わたしNEXTのページから相談したので、女性の悩みに共感してもらえて安心できました。

特に問題なく退職まで上手くいったので依頼してよかったです。

利用者

男の退職代行にヤメホーというサブスクプランがあったので利用しました。

月額料金が固定のためお金のない自分でも退職代行をお願いできて助かりました。

あと1回使えるので転職に失敗したらまたお願いするかもしれません。

利用者

ヤメホーで退職代行お願いしたけど、スタッフさんから状況報告の連絡をもらえたので安心して家で待機できました。

有給も消化して辞められることになり、嬉しいです。

本当にありがとうございました。

退職代行を検討している方の中には、信頼して良い業者であるのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。

ヤメホーでは、LINEの返信が早いことや状況の共有などがきちんと行われているという口コミがありました。

「男の退職代行」「わたしNEXT」の運営スタッフが対応しているため、男女それぞれの特有の悩みを理解してもらえることもメリットです。

労働組合が退職代行を実行するため、有給休暇消化の意思表示や交渉が可能なことも評価されています。

ヤメホーの悪い評判と口コミ

ヤメホーの悪い口コミには以下のものがありました。

利用者

退職代行のヤメホー使ったら上司からの電話とLINEが鳴りやまなくて困った。

最終的に退職できることになったけど、私に連絡しないように伝えてもらったはずなのに残念。

退職代行を使う際、依頼者本人に連絡しないよう伝えてもらうことは可能ですが、強制力はありません。

ヤメホーに限らず、退職代行を利用した場合、勤務先の上司や人事などから連絡が届く可能性はゼロにはできないことも覚えておくといいでしょう。

しかし、ヤメホーではその際の対処法のアドバイスをもらえるので、アドバイス通りに落ち着いて対応してくださいね。

ヤメホーの公式サイトはこちら⇨

ヤメホーのツイッターでの評判と口コミ

最後にヤメホーのツイッターでの評判と口コミも見てみましょう。

最もストレートな意見が書かれるツイッターですので、悪い話がないかも確認します。

ヤメホーのツイッターでの評判と口コミ1

ヤメホーのツイッターでの評判と口コミ2

ヤメホーのツイッターでの評判と口コミ3

当初は賛否あったヤメホーですが、今では肯定的な書き込みが多く、知名度はしっかり上がってきていますよね。

人によっては生命を助けるものになるかもしれません。

引き続き評判を確認していきます。

ヤメホーの公式サイトはこちら⇨

ヤメホーのメリットと特徴4選

ヤメホーの特徴である、

  1. 月額3,630円(税込)で年2回まで退職代行を利用可能
  2. 「男性向け・女性向け」に特化した退職代行サービスである
  3. 労働組合による退職交渉が可能
  4. 退職代行協会に認定されている

の4点について、それぞれ紹介していきます。

ヤメホーのメリット・特徴1.月額3,630円(税込)で年2回まで退職代行を利用可能

ヤメホーは月額3,630円(税込)で年に2回まで退職代行を使えるサービスです。

退職代行費用を一括で支払うことが難しい方も多くいるのではないでしょうか?

退職代行の利用料金は3万円~5万円が相場であるため、負担が大きいですよね。

ヤメホーであれば月額3,630円で利用ができるので、まとまった金額を用意できない方にもおすすめです。

また、年間で2回まで退職代行を利用できることもあり、転職先での仕事が長続きするか不安な方が保険で入っておくのも良いでしょう。

ヤメホーのメリット・特徴2.「男性向け・女性向け」に特化した退職代行サービスである

ヤメホーは「男の退職代行」および「わたしNEXT」が提供しているサブスクリプション(定額制)サービスです。

ヤメホーを利用する際の相談やLINEでのやりとりは、「男の退職代行」または「わたしNEXT」スタッフが行います。

「男性向け・女性向け」を謳っていることから性別特有の悩みなどを熟知したスタッフが在籍しており、理解あるスタッフに相談したい方におすすめです。

ヤメホーのメリット・特徴3.労働組合による退職交渉が可能

ヤメホーを利用する際には、提携の労働組合が退職代行の業務を行います。

労働組合では団体交渉権を利用して、有給休暇の取得などの交渉が可能で、確実に退職することができます。

また、ヤメホーは弁護士の指導を受けて退職代行サービスを運営しています。

非合法な退職交渉や非弁行為にあたる業務は行っておらず、法律違反となるリスクも回避できます。

※非弁行為とは、弁護士の資格を持たない者が、報酬を得る目的で弁護士法72条の行為(法律事務などを含む弁護士業務)を行うことです。

ヤメホーのメリット・特徴4.退職代行協会に認定されている

初めて退職代行を利用する方は、退職代行サービスに対して不安に思う気持ちが強いのではないでしょうか。

ヤメホーが利用できる「男の退職代行」「わたしNEXT」は一般社団法人日本退職代行協会が運営する「特級認定会員」に選ばれています。

特級認定会員とは、協会認定業者の中でも特に優れている最高位会員で、100以上の検査項目がある独自の審査を通過した場合にのみ認定されます。

信頼できる退職代行業者を選びたい方におすすめです。

ヤメホーの公式サイトはこちら⇨

ヤメホーのデメリットや注意点2選

ヤメホーを利用する場合の注意点には以下の2点があります。

  1. 利用できるのは年に2回まで
  2. ナイトワーク系の退職代行は不可

それぞれ説明いたします。

ヤメホーのデメリット1.利用できるのは年に2回まで

退職代行のサブスクと話題のヤメホーですが、1年間に何度でも使えるわけではない点に注意しましょう。

ヤメホーを利用できるのは1年間に合計で2回までです。

しかし、年2回の利用でも単発で申し込む場合と比較すると1回あたりの費用を抑えることができます。

年に1回以上利用する可能性がある方には、メリットと言えますね。

ヤメホーのデメリット2.ナイトワーク系の退職代行は不可

ヤメホーは正社員やアルバイトなどの雇用形態に関わらず利用することができます。

しかし、ナイトワーク(水商売、風俗業など)系の退職代行は不可となっているので注意してくださいね。

ナイトワーク系の仕事を辞めたい場合は、対応している退職業者に依頼するか、自分自身で退職する旨を伝えましょう。

ナイトワークの方が退職したい場合も、会社員などと同じく民法627条に沿って、2週間前までに退職する旨を伝えることで仕事を辞められます。

ヤメホーが向いている人の特徴は「月額費用を抑えつつ、年1回以上退職代行を利用したい方」

ヤメホーは月額3,630円(税込)で年に2回まで退職代行を利用できます。

そのため、手元にまとまったお金のない方や、再就職後も仕事を続けられるか不安な方におすすめです。

年に2回まで退職代行を使えるという安心感から、転職に失敗したらどうしようといった心配も抑えつつ、転職活動に取り組むことができます。

ヤメホーの公式サイトはこちら⇨

ヤメホーが向いていない人の特徴は「退職代行の利用は1回で済ませたい方」

ヤメホーは上述の通り月額費用を抑えつつ年に2回まで退職代行を使えることがメリットのサービスです。

よって、1年以内に2回の退職予定がなければメリットは多くありません。

ヤメホーに申し込むよりも、退職代行の契約時に一括で支払う方が合計金額は安く済みます。

退職代行の利用は今回限りの方や、支払う総額を抑えたい方は「男の退職代行」または「わたしNEXT」に単発で申し込むことをおすすめします。

ヤメホーの利用料金プラン、返金保証などを解説

ヤメホーの利用料金は月額3,630円(税込)です。

雇用形態問わず利用可能
月額 3,630円(税込)/ 年間 43,560円(税込)

支払いはクレジットカードのみが利用でき、毎月申込をした日と同じ日にクレジットカードでの決済が行われます。

ヤメホーの解約には解約可能期間の設定があり、解約可能期間内に解約をした場合、手数料などの追加料金は一切かかりません。

解約可能期間は申込日から起算して12回目の自動引き落とし日の翌日から14日以内となっており、期間内に申し出る必要があります。

上記の解約可能期間以外に解約する場合は、別途解約事務手数料が発生します。

解約手数料は43,560(税込)必要になるので解約するタイミングには気をつけてくださいね。

ヤメホーの公式サイトはこちら⇨

ヤメホーで実際に退職するまでの流れを紹介

ヤメホーを利用する場合、「男の退職代行」もしくは「わたしNEXT」の公式サイトから相談を行います。

具体的な流れは以下の通りです。

  1. LINEアカウントを追加 または メール・電話で連絡
  2. ヤメホーを利用したい旨を伝えた後、初回月額費用を支払う
    ※クレジットカード決済のみ
  3. メール、電話、LINEにて退職日程の相談、その他不明点などの確認
  4. 合同労働組合退職代行toNEXTユニオンが希望日時に勤務先へ連絡
  5. 職場から届いた退職関連書類を返送し、退職完了

ヤメホーは利用規約によると初回月額費用を支払った後に契約開始となり、退職代行の利用が可能になります。

ヤメホーは「男の退職代行」および「わたしNEXT」のサービスの一つであるため、まずは各サイトからLINEアカウントを追加しましょう。

退職日程の相談や不明点の確認が済んだら、退職代行実施日に提携の労働組合から依頼者の勤務先に連絡を行います。

退職書類の返送や制服などの返却もすべて郵送で対応できるため、今後一切職場に顔を出すことなく退職まで完結させられます。

ヤメホーの運営会社情報

ヤメホーおよび「男の退職代行」「わたしNEXT」を運営する企業の情報は以下の通りです。

退職代行実施業者 合同労働組合 退職代行toNEXTユニオン
販売事業者本社 東京都中央区新川2-6-2
担当者 鈴木 良典

ヤメホーは合同労働組合退職代行toNEXTユニオンが退職代行の実務を行う退職代行サービスです。

「男の退職代行」および「わたしNEXT」の公式サイト上には、

“当社の退職代行業務については合同労働組合が実施するため法的な心配なく安心してご利用いただけます。

また、弁護士からの指導も受け、業務範囲や内容の適正化を行っております。”

との記載があります。

法律や労働関連の規定に詳しい専門家の指導のもと運営されていることもあり、安心して依頼できる業者でしょう。

まとめ

ヤメホーは退職代行のサブスクリプション(定額制)サービスで、「男の退職代行」「わたしNEXT」の運営会社が展開するサービスです。

LINE相談のレスポンスが早く状況共有がされていることや男性女性特有の悩みも理解してくれる点などが高評価のポイントとして挙げられています。

ヤメホーを使うメリットは、月額3,630円(税込)で退職代行を利用できる点や、労働組合が退職代行を実行するため有給消化の交渉などが可能な点です。

一方で、デメリットとしては、辞め放題ではなく年2回までしか使えないこと、水商売などのナイトワーク系には対応できない点があります。

ヤメホーの利用が向いているのは、一括払いではなく月々の支払額を抑えて支払いたい方、転職先で長く勤められるか不安な方です。

退職代行サービスの利用にあたっては、各サービスの違いをしっかりと把握して退職代行業者を選びましょう。

ヤメホーの公式サイトはこちら⇨