転職活動をするにあたって転職支援サービスの利用は一般的となってきましたが

「障がい者だと求人を探すのが一苦労だけど、Agent-Sanaの評判や口コミはどうだろう?」

「Agent-Sanaは本当に転職先が決まるの?」

と疑問や不安を感じている人も多いことでしょう。

転職することが珍しくなくなった昨今、さまざまな転職エージェントが存在しますが、そのなかでもAgent-Sanaは障がい者の転職支援に特化した転職エージェントです。

この記事では、人事歴9年の筆者が、Agent-Sanaを利用するメリット・デメリットについてわかりやすく解説をしていきます。

実際の口コミや評判、料金についても紹介するので、利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

Agent-Sanaの公式サイトはこちら⇨

Agent-Sanaの評判・口コミは?実際に利用した人の声を紹介!

障がい者の転職は健常者と比較すると、門戸が狭かったり条件が厳しかったりするので簡単ではありません。

それだけに、利用する転職エージェントの評判や実際の口コミは非常に気になるところでしょう。

ここでは、Agent-Sanaに寄せられている良い口コミ・悪い口コミから実状と照らし合わせながら解説していきます。

登録を検討している人は、自身の状況と照らし合わせながら読み進めていきましょう。

Agent-Sanaの良い評判・口コミ

まずは、Agent-Sanaに寄せられている良い口コミや評判から紹介していきます。

障がいについて理解があり、親身になって相談に乗ってくれたのが嬉しかったです。

できること、できないことについてきちんと把握してくれたので、紹介してもらえた求人も満足いくものでした。

なかなか障がいについて理解が得られず、希望する条件と紹介される求人がマッチしないことに悩まれている人は少なくありません。

しかし、Agent-Sanaは障がい者の求人に特化していることもあり、担当してくれるアドバイザーが障がいに対して理解があります。

そのため、他の転職エージェントでは理解が得難い内容でも親身に対応してくれるので、心強い味方になってくれるのです。

なかなか障がい者用の求人を見つけることができなかったので、転職には時間がかかることを覚悟していました。

しかし、Agent-Sanaに登録してみたところ2ヶ月もかからず新しい職場に転職できたので利用して良かったです。

あらゆる求人を取り扱っている総合型の転職エージェントの場合、数ある求人情報のなかから障がい者雇用をしている企業を探し出さなければならず、非常に時間と労力を要します。

なかには「タイミングが合わず求人が見つからない」「勤務地が遠いところばかりで転職できない」と悩みを抱えている人もいることでしょう。

Agent-Sanaではこうした求人を探す手間が省けるため、スムーズに転職をしやすい転職エージェントです。

実際に利用した人の60%の人が、アドバイザーと面談をしてから2ヵ月以内に内定を獲得しているという高い実績を誇ります。

履歴書や職務経歴書の添削も良かったのですが、面接時の受け答えについてアドバイスいただけたのが一番大きかったです。

耳に障がいがあるのですが、手話や筆談で対応してくれるのでしっかりと意思の疎通が取れたことも良かったと思います。

転職エージェントでは、企業に提出する履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、面接対策などのサポートを実施してくれるところが多いです。

しかし、Agent-Sanaは障がい者転職に特化していることもあり、通常の転職エージェントでは見られない筆談や手話での面談も対応してくれます。

このように、状況に応じて対応してくれるのでコミュニケーションに不安がある人でも安心して利用できるといえるでしょう。

Agent-Sanaの悪い評判・口コミ

良い口コミがある一方で、Agent-Sanaにも悪い口コミが寄せられています。

ここでは、悪い評判や口コミについて実状と照らし合わせて確認をしていきましょう。

非公開求人しかないので、登録するまでどのような求人があるのか分からない。

登録すると面談や転職活動が本格的に始まってしまうので、まずは現時点のタイミングでどのような求人があるのか知れたら良いと感じました。

転職支援サービスを利用するにあたり、事前にどのような求人があるのか例として確認したいという人は大勢いることでしょう。

しかし、Agent-Sanaでは取り扱い求人が全て非公開求人となっているので、登録するまでわからないデメリットがあります。

事前に取り扱い求人の内容を把握することはできませんが、非公開求人なので応募者が殺到しないことから、倍率が低いともいえます。

興味がある人は、無料相談からアドバイザーに質問してみるとよいでしょう。

通常の転職エージェントよりも雇用条件は低いものが多いと感じた。

障がい者雇用の求人なので健常者と比べると見劣りするのは仕方ない気もしますが、障がいを隠して一般採用に応募した方が良いのではないかと悩みました。

障がい者雇用を中心としているため、求人によっては健常者の雇用条件と比較して見劣りしてしまうこともあります。

アドバイザーに希望条件をしっかりと伝えることはもちろん、他の転職エージェントを併用してより良い求人に応募できるよう工夫をすると良いでしょう。

関東・関西圏の求人が中心となっているので、地元での就職先を探すことが満足にできませんでした。

Agent-Sanaの取り扱い求人は関東圏では東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県の求人を多く取り扱っています。

関西圏では、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県の求人を多く取り扱っています。

これ以外のエリアで転職を希望している人は、他の転職エージェントの併用やアドバイザーに相談するなどの対応を行いましょう。

Agent-Sanaの公式サイトはこちら⇨

Agent-Sanaの強み・メリット3選

多くの転職エージェントが存在する昨今において、Agent-Sanaを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、Agent-Sanaの3つのメリットと特徴、

  • 障がい者向けの求人に特化している
  • 面談から内定獲得まで2ヵ月以内が60%
  • アドバイザーが障がい者に対して理解がある

について紹介していきます。

Agent-Sanaの強み・メリット1.障がい者向けの求人に特化している

Agent-Sanaの最大の強みは、障がい者向けの求人に特化していることです。

一般的な転職エージェントの場合、どうしても健常者向けの求人情報数が多くなり、障がい者向けの求人を探す手間や、紹介される求人数が少なくなってしまいます。

Agent-Sanaは非公開求人を取り扱っていることもあり、ここでしか見られない求人情報が豊富にあることも魅力的です。

また、求人情報は障がいの程度に合わせたものも取り扱っているので、障がいを持つ人でも安心して利用できるといえるでしょう。

Agent-Sanaの強み・メリット2.面談から内定獲得まで2ヵ月以内が60%

Agent-Sanaでは、アドバイザーとの面談から2ヵ月以内に内定獲得をする人が60%と高い実績を持っています。

これは、無駄のない転職活動支援ができていることを証明するほか、紹介先企業との信頼関係が構築できていることの裏付けであるといえるでしょう。

もちろん「ゆっくり腰を据えて決めたい人」にも対応しており、希望する転職活動のペースやタイミングで計画的に進めることも可能です。

このように「早く転職したい」「じっくり活動したい」など、求職者のペースに合わせてくれることも強みであるといえるでしょう。

Agent-Sanaの強み・メリット3.アドバイザーが障がい者に対して理解がある

取り扱い求人が障がい者向けに特化しているだけではなく、アドバイザーも障がいに対して理解が深いです。

障がいを持つ人のなかには口頭でのコミュニケーションが難しい人もいますが、Agent-Sanaでは筆談や手話で面談することもできるので、希望する条件をしっかりと伝えることができることも強みであるといえます。

このように、障がい者に対して理解が深く、しっかりと向き合ってくれるので、求職者は安心して利用できるのです。

Agent-Sanaの公式サイトはこちら⇨

Agent-Sanaの注意点・デメリット3選

障がい者向けの求人に特化しており、安心して利用できるAgent-Sanaですが、その一方でデメリットも存在します。

今回は、Agent-Sanaの3つのデメリットと特徴、

  • 事務職以外の職種が少ない
  • 精神障がい者向けの求人は少なめ
  • 地方の求人取り扱いが少ない

について紹介していきます。

Agent-Sanaの注意点・デメリット1.事務職以外の職種が少ない

障がい者向けの求人に特化していることで、取り扱い求人の職種が事務職や軽作業系に偏りがちであるデメリットがあります。

それ以外の職種の取り扱いもゼロではないので、希望する人はアドバイザーに相談をすると良いでしょう。

また、他の転職エージェントを併用することでカバーすることができるので、そちらの検討もおすすめです。

Agent-Sanaの注意点・デメリット2.精神障がい者向けの求人は少なめ

各企業で精神障がい者向けの雇用が始まっていますが、精神障がい者が法定雇用率の算出条件に含まれるようになったのが2018年ということもあり、Agent-Sanaの取り扱い求人のなかでもまだまだ少ないです。

ただし、こちらのデメリットはAgent-Sanaだけに限らず、他の転職エージェントでも同様のことがいえます。

Agent-Sanaは障がい者向けの求人に特化している分、理解が得られるので、対象となる人はまずアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

Agent-Sanaの注意点・デメリット3.地方の求人取り扱いが少ない

Agent-Sanaで取り扱っている求人の多くが、関東・関西圏の都市部であり、地方の求人情報が少ないデメリットがあります。

そのため、地方での転職を希望している人は注意が必要であるといえるでしょう。

具体的な地域については、転職活動するタイミングによって異なり、取り扱い求人が非公開であることから、まずはアドバイザーに希望する地域の求人があるか確認するところから始めてみましょう。

Agent-Sanaの機能をわかりやすく解説!

一般的に、転職エージェントでは企業に提出する履歴書や職務経歴書の添削、面接対策をしてもらうことが可能です。

Agent-Sanaでは、これらサポートを受けることができることに加えて、転職先に入社した後でもフォロー面談を実施するサポート体制が整っています。

キャリアや働き方に不安がある人は、転職して終了するのではなく、このようなアフターフォローも積極的に活用していきましょう。

Agent-Sanaの公式サイトはこちら⇨

Agent-Sanaの料金プラン・支払い方法

プロのアドバイザーに相談したり、アドバイスをもらったりすることができることから、転職エージェントは費用が発生すると思われがちですが、Agent-Sanaをはじめ、ほとんどの転職エージェントは無料で利用できます。

その理由は、転職エージェントは人材を紹介した企業から報酬を得ているからです。

転職エージェントを利用すると、求人情報を探す手間の削減や精度の高い書類作成ができるなど多くのメリットがあるので、転職を検討している人は登録して損はないといえるでしょう。

Agent-Sanaを利用するまでの流れ

Agent-Sanaの利用開始から内定確定までの流れは次の通りです。

  1. 利用登録
  2. アドバイザーとの面談
  3. 求人情報の紹介
  4. 企業へ応募・選考
  5. 内定獲得

まずは、Agent-Sanaの公式サイトから利用者登録を行います。

その後、登録したメールアドレス宛にアドバイザーとの面談日程に関するメールが届くので確認を行いましょう。

記載されている日程での対応が難しい場合には、別日を提示することでスケジュールを調整してもらえます。

また、面談は対面だけではなくWebでも実施できるので面談会場に足を運ぶことができない人は、こちらを活用すると良いでしょう。

面談は、自身の経歴や希望する転職条件を伝えたり、質問したりする場なので、身構えなくて大丈夫です。

伝えたい内容や質問事項についてまとめておくと、面談もスムーズに進むので事前に整理しておくことをおすすめします。

面談後は、アドバイザーから求人紹介を待つ以外に、自身でも求人情報を検索することが可能なので、より早く転職したい人は検索機能も活用すると良いでしょう。

応募する企業が決まったら、アドバイザーのサポートのもと書類作成や面接練習を行います。

万全の準備のもと採用選考に臨み、無事に内定が獲得できたら終了です。

転職先に入社後もフォロー面談を実施してもらえるので、希望する人はこちらも活用していきましょう。

Agent-Sanaの公式サイトはこちら⇨

Agent-Sanaは「障がい者求人を探している人」におすすめ!

ここまでお伝えしてきた通り、Agent-Sanaは障がい者向け求人に特化した転職エージェントです。

一般的な転職エージェントでもこれら求人の取り扱いはありますが、多くの求人情報から障がい者向けの求人情報を探すのは労力や時間を要します。

Agent-Sanaを利用することで、効率よく障がい者向けの求人を紹介してもらうことができるほか、アドバイザーも障がい者に対して理解があるので安心して相談できることもおすすめするポイントです。

Agent-Sanaに関するよくある質問

Agent-Sanaに関するよくある質問、

  • 地方在住でも面談が可能?
  • 求人情報を事前に確認することはできる?
  • Web Sanaとの違いは?

の3つについて解説します。

地方在住でも面談が可能?

地方在住の場合、移動距離や交通費などの関係から対面での面談が厳しいこともありますが、Agent-SanaではWeb面談も可能なので、状況に応じて利用するようにしましょう。

求人情報を事前に確認することはできる?

取り扱っている求人は非公開なので企業名を確認することはできません。

しかし、公式サイトを見ると求人募集の内容を一部確認することが可能です。

想定年収や勤務地も掲載されているので、利用前に参考にしてみるのも良いでしょう。

Web Sanaとの違いは?

Web Sanaはいわゆる転職支援サイトであり、掲載されている求人情報から転職したい企業を探し、自身で直接応募します。

Agent-Sanaは、プロのアドバイザーに相談やサポートを受け、条件にマッチした企業を紹介してもらうことができます。

もちろん、これらのサービスを併用することも可能です。

Agent-Sanaの公式サイトはこちら⇨

Agent-Sanaの運営会社情報

Agent-Sanaは、株式会社イフが運営している転職エージェントです。

この記事でも紹介したAgent-Sana以外に、就職・転職サイト「Web Sana」や合同企業面談会 「サ~ナ就職フェスタ」といった情報発信事業、「サ~ナインターンシップライブ」「サ~ナ企業研究セミナー」などのキャリア支援事業を行っています。

株式会社イフの創業は1988年で、30年以上の歴史と実績があり、障がい者求人情報サービスのパイオニア的存在でもあるため、安心して利用できるといえるでしょう。

株式会社イフの会社概要

運営会社である株式会社イフの会社概要は以下の通りです。

会社名称

株式会社イフ

代表者名

川﨑 芳清

本社所在地

東京都港区芝浦3-16-4 山田ビル5F

資本金

1億円

事業内容

・情報発信事業

・人材紹介事業

・キャリア支援事業

まとめ

Agent-Sanaは、障がい者向け求人に特化した転職エージェントです。

一般的な転職エージェントでは取り扱いが少なく、探すのに苦労する障がい者向け求人情報を豊富に取り扱っているので効率よく転職活動を進めることができます。

また、特化していることからサポート体制も充実しており、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策はもちろん、アドバイザーが障がいに対して理解が深いので安心して利用可能です。

利用は無料なので、障がい者向けの求人を探している人は、ぜひ登録を検討してみてください。

Agent-Sanaの公式サイトはこちら⇨