「人間関係が良好な職場で働きたい」

「希望条件に合った保育施設を探したい」

保育士関連の仕事を探す際、このような悩みや希望を持っている人は少なくありません。

今回紹介する「保育Aid」は、保育士関連に特化した転職エージェントです。

「他の転職エージェントと違うの?」「ブラックな転職先は紹介されない?」などの疑問や不安を解消するため、この記事では人事歴9年の筆者が、保育Aidの特徴やメリット・デメリットについて分かりやすく解説していきます。

また、気になる料金や実際の利用者の評判・口コミも紹介していくので、保育士転職を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

保育Aidの公式サイトはこちら⇒

保育Aidの評判・口コミは?実際に利用した人の声を紹介!

サービス利用を検討する際、実際の利用者の評判や口コミは非常に有益な判断材料となります。

ここでは、保育Aidに寄せられているポジティブな意見・ネガティブな意見それぞれを紹介していきます。

保育Aidの良い評判・口コミ

まずは、保育Aidに寄せられている良い評判や口コミから確認していきましょう。

女性のコーディネーターさんが担当してくれました。

同性なので、悩みに共感してもらえ、とても相談しやすかったです。

状況についてもしっかりと理解してくれ、こちらの希望通りの職場を紹介いただけて満足です。

保育Aidのコーディネーターは、元保育士の女性なので、現場を理解していることから「相談しやすい」「親身に対応してくれた」という口コミが多く見受けられました。

転職エージェントの利用で転職を成功させるためには、コーディネーターの理解と協力が必要不可欠であるため、現場への理解や悩みへの共感してもらえることは希望通りの職場を紹介してもらえる確率が高いといえるでしょう。

LINEで相談できるのが良いと思いました。

メールより気軽に連絡ができるので、モヤモヤした気持ちを抱えることなく転職活動を進めることができて良かったです。

保育Aidでは、コーディネーターへの相談をLINEで行うことが可能です。

こちらの口コミにもある通り、メールだと身構えてしまったり、文章を作成することが億劫になってしまったりすることで、疑問や悩みをそのままにして転職活動を進めてしまう人も少なくありません。

日常的に使用しているLINEであれば、メールよりもフランクに使えるので気兼ねなく相談することができると好評な意見が多数見受けられました。

小さな疑問や不安でも、そこから認識違いが生じて転職に失敗するケースも多いので、気になることがあれば積極的に確認するようにしましょう。

人間関係が悪く、休みも取得しにくい職場から離れたくて利用しました。

紹介してもらった保育園はどれも良い環境ばかりで、我慢せずもっと早く利用すれば良かったと感じたほどです。

悩みに共感してもらえたことや優しい言葉をかけてもらえたのも嬉しかったです。

転職理由のなかでも、人間関係や職場環境に関する悩みは常に上位に挙がっています。

保育Aidのコンセプトは「ストレスフリーの保育園の紹介」なので、職場環境が良好な求人紹介に定評があります。

仕事や職場の悩みは周囲に相談しにくいものですが、プロのコーディネーターに相談することで気持ちがラクになることも多いものです。

職場環境に悩んでいる人は、一人で抱え込まず、一度相談してみることをおすすめします。

保育Aidの悪い評判・口コミ

親身に相談に乗ってくれて、職場環境が良好な求人紹介をしてくれる保育Aidですが、その一方で悪い評判や口コミも存在します。

ここでは、保育Aidに寄せられているネガティブな意見を確認していきましょう。

求人検索できたら良いと思いました。

紹介される求人以外にも良い求人があるのでは?と感じてしまうので、色々比較できると嬉しいです。

保育Aidでは、公開求人がないので、自分で求人検索をすることができません。

そのため、コーディネーターから紹介される求人ありきとなってしまうので、こちらの口コミのように求人を比較しながら転職先を選びたい人にとっては使いにくいと感じる可能性があります。

より多くの求人を確認したい人は、他の転職エージェントを併用して、比較できる求人数を増やすといった工夫をすると良いでしょう。

キャリアや収入アップの転職には不向きな印象です。

そもそも保育士自体、年収が高い職業ではないんですけどね。

保育Aidでは、人間関係や職場環境や良好な求人の取り扱いに特化しているので、こちらの口コミにもあるようにキャリアや収入アップを目的としている人は、満足いく求人紹介をしてもらえない可能性があります。

保育士の平均年収は約320万円と一般的な会社員の平均年収より低いですが、園長求人では年収が600万円を超えるものもあるので、収入アップを目指したい人は、こうしたポジションの取り扱いがある転職エージェントを併用すると良いでしょう。

保育Aidの公式サイトはこちら⇒

保育Aidの強み・メリット3選

保育に特化した転職エージェントは他にも多数ありますが、保育Aidを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、保育Aidの3つのメリットと特徴、

  • コーディネーターが元保育士の女性なので相談しやすい
  • 施設見学ができる
  • 働きやすい職場を厳選して紹介してくれる

について紹介していきます。

保育Aidの強み・メリット1.コーディネーターが元保育士の女性なので相談しやすい

男性の保育士もいますが、厚生労働省の調査によると保育士の男女比率は95%が女性と圧倒的です。

また、転職エージェントと聞くと「きちっとした感じがして緊張する」というイメージを持たれる人も多いことでしょう。

その点、保育Aidのコーディネーターは、元保育士の女性なので現場ならではの悩みに理解があり、相談しやすいというメリットがあります。

このように気兼ねなく相談できるからこそ、些細な悩みも解消できるので理想的な職場に出会える可能性が高まるといえるでしょう。

保育Aidの強み・メリット2.施設見学ができる

求人情報やコーディネーターからの紹介だけでは「良く聞こえるように言っているだけでは?」と懐疑的に捉えてしまう人もいることでしょう。

保育Aidでは、転職を希望する施設の見学をすることができるので、実際の職場の雰囲気や働く人や園児たちの様子を確認することができます。

百聞は一見に如かずと言葉通り、自分自身の目で確認できるので、納得いく転職ができる可能性が高いといえるでしょう。

保育Aidの強み・メリット3.働きやすい職場を厳選して紹介してくれる

数ある保育士関連の転職エージェントのなかでも保育Aidは、人間関係や職場環境が良好な求人を紹介することに特化しています。

時間外労働がほとんど発生しない職場や、人員が十分に確保できているので気兼ねなく有給休暇を取得できる環境はもちろん、パワハラやいじめなどがない職場を紹介してもらえるので、ストレスなく働くことが可能です。

これらで悩んでいる人は、コーディネーターへ一度相談してみると良いでしょう。

保育Aidの公式サイトはこちら⇒

保育Aidの注意点・デメリット2選

ストレスフリーで働ける職場環境が良好な求人を紹介してもらえる保育Aidですが、その一方でデメリットも存在します。

今回は、保育Aidの2つのデメリットと特徴、

  • 公開求人がない
  • 年収アップ目的には向いていない

について紹介していきます。

保育Aidの注意点・デメリット1.公開求人がない

保育Aidでは公開求人がないため、どのような求人があるのかチェックすることができません。

そのため「登録してみたら希望する勤務地の求人がなかった」ということもあり得ます。

それでも、どのような求人の取り扱いがあるか確認したい人は、保育Aidの運営会社が別途展開している「保育R」を参考にすると良いでしょう。

また、求人検索がしたい人は、他の転職エージェントと併用することもおすすめです。

保育Aidの注意点・デメリット2.年収アップ目的には向いていない

保育Aidは、人間関係や職場環境が良好な求人の取り扱いに特化している転職エージェントなので、キャリアや年収アップ目的の転職には不向きといえます。

「職場環境も変えたいけど年収もアップさせたい」と考えている人は、満足いく求人紹介がされない可能性があります。

そのため、こうしたキャリアや年収アップを目的としている人は、他の転職エージェントを併用し、求人情報を比較できるようにすると良いでしょう。

保育Aidの機能をわかりやすく解説!

転職エージェントでは、対面やオンライン面談での相談を主流としているサービスもありますが、在職中に転職活動をする人は「面談するための時間が取れない」「受付時間内に電話対応ができない」と感じている人は多いものです。

保育Aidでは、コーディネーターへの相談がLINEで行うことができるので、気になることがあれば気軽に連絡を取ることができます。

納得いく転職をするためには、小さな疑問や不安も解消していくことが重要なので、日常的に使用しているツールで手軽に相談できるのは嬉しいポイントといえるでしょう。

保育Aidの公式サイトはこちら⇒

保育Aidの料金プラン・支払い方法

求人紹介やキャリア相談ができる保育Aidですが、利用するにあたり費用が発生することは一切ありません。

「なんで無料なの?」と疑問に感じるかもしれませんが、保育Aidでは人材紹介することで企業や保育施設から報酬を得ているという仕組みがあるためです。

求人を探す手間をかけることなく、希望条件にあった職場を紹介してもらえて、無料でキャリア相談までできるので、保育業界へ転職希望の人は利用して損はないといえるでしょう。

保育Aidを利用するまでの流れ

保育Aidを利用するまでの流れは次の通りです。

  1. 利用登録
  2. コーディネーターと電話相談
  3. 求人紹介
  4. 履歴書送付
  5. 施設見学・採用面接
  6. 内定獲得

まずは、保育Aidの公式サイトから利用登録を行いましょう。

登録内容は、氏名や連絡先などの基本情報、転職時期や資格の有無といった数項目なので数分で登録が終わります。

登録後は、コーディネーターと電話相談が実施され、その際に経歴や希望する条件などのヒアリングが行われるので、事前に整理しておくとスムーズに進めることができるでしょう。

その後、電話相談で確認した内容をもとに求人紹介がされるので、希望条件にマッチするものがあれば、採用選考へと進みます。

保育Aidでは、求職者が直接企業や施設に履歴書を送付するのではなく、保育Aidを経由して提出することになります。

複数の企業や施設の選考を受ける場合でも、1通提出するのみで良いので履歴書を何枚も作成することなく効率良く進めることが可能です。

履歴書送付後は、施設の見学や採用面接を行い、無事に内定が獲得できれば転職活動は終了です。

なお、転職後も保育Aidでは相談できる体制が整っているので、疑問や不安があれば気軽に質問すると良いでしょう。

保育Aidの公式サイトはこちら⇒

保育Aidは「ストレスフリーな職場を探している保育士」におすすめ!

保育Aidは、人間関係や職場環境が良好な求人の取り扱いに特化しています。

「職場の人間関係が悪く働きにくい」「人員不足で有給休暇が取得しにくい」「サービス残業ばかりで辛い」など、働く環境に不満を感じている人は要チェックです。

「月残業5時間以内」「有給休暇が取得しやすい」「産休・育休からも復職しやすい」といった求人紹介をしてもらえるので、より良い職場環境で働きたい人は相談するところから始めてみましょう。

保育Aidに関するよくある質問

保育Aidに関するよくある質問、

  • 紹介してもらった求人は必ず受けなければならない?
  • すぐに転職する気はないけど登録できる?

の2つについて解説します。

Q

紹介してもらった求人は必ず受けなければならない?

A

紹介された求人であっても、職場の雰囲気や条件が合わなければ採用選考を受けなくても問題ありません。

その際、なぜ受けないのか理由を明確に伝えることで、次回以降に紹介される求人の精度が上がりますので、コーディネーターときちんと話をするようにしましょう。

Q

すぐに転職する気はないけど登録できる?

A

「転職するか悩んでいる」「転職の意思が固まっていない」状態でも保育Aidに登録することは可能です。

ヒアリングの際、なぜ悩んでいるのか、どのような状況で不満を感じているのかなど、コーディネーターに相談してみることをおすすめします。

第三者に話すことで、気持ちや状況の整理をすることに役立つでしょう。

保育Aidの公式サイトはこちら⇒

保育Aidの運営会社情報

保育Aidは、株式会社サクシードが運営する保育業界に特化した転職エージェントです。

今回紹介した「保育Aid」以外にも、保育R・ほいくえんむすび・保育バランスといった保育に関する転職サイトを運営するほか、教育や介護業界に関する事業も展開しています。

このように、子育て事業を中心に取り扱っているので、求職者に対しても理解が深く、安心して利用することができるでしょう。

株式会社サクシードの会社概要

運営会社である株式会社サクシードの会社概要は次の通りです。

会社名

株式会社サクシード

代表者名

高木 毅

所在地

(本社)東京都新宿区高田馬場1-4-15 大樹生命高田馬場ビル8F

資本金

6,400万円

事業内容

教育サービス事業(個別指導教室の運営、家庭教師の紹介)

人材サービス事業(主に教育機関・福祉業界むけ)

まとめ

保育Aidは、人間関係や職場環境が良好な保育求人に特化した転職エージェントです。

ストレスフリーな職場紹介をコンセプトにしているので、現在の職場で「人間関係に悩んでいる」「休暇の取得ができない」「業務量が多すぎる」など不満を感じている場合には、一度相談してみることをおすすめします。

登録は無料で行えるので、保育士転職でエージェント選びに悩んでいる人は、これを機に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

保育Aidの公式サイトはこちら⇒