様々な業界や業務と同様に、人事領域においてもテック化が進んでいます。

HRテックとも呼ばれますが、従来の人事システムと何が違うのか、人事労務や人材管理がどう変わるのか、統一した定義はありませんよね。

ここでは東証一部上場企業で人事を9年経験し、SAPやSuccessFactorsをグローバルで展開してきた筆者が、HRテックについてわかりやすく解説いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

HRテックとはなにか

HRテックとはHR(Human Resource)の人事業務に、テクノロジーを掛け合わせた造語です。

人事業務の効率化や高度化、ビジネス貢献を高めるテクノロジーツールを含む、テクノロジー化全体を指します。

テクノロジーの進化に合わせて、クラウドサービスやビッグデータ、RPA、AI(人工知能)などツールの発展も進んでいますよね。

対象の人事業務についても、単なる業務フローのシステム化ではなく、テクノロジーによる高度化によってビジネスや経営にさらなる貢献が求められています。

HRテックによって人事の機能や役割そのものが大きく変化していると言えるでしょう。

HRテックと人事システムとの違いは?

HRテックは従来の人事システムの延長でもありますし、新しい機能を備えたツールでもあります。

2000年代から人事労務領域のシステム化が進み、初めは勤怠管理などが主なシステムの役割でした。

そこからシステム化される人事機能が増えていき、2010年代ではタレントマネジメントが主要となり、社内リソースの見える化と最適化がテーマとなります。

さらに2020年代にかけて、HRテックとして従来の人材管理ツールに留まらず、人材育成や採用、社員のエンゲージメント向上、人的リソースの効率化や高度化など、人事が経営に貢献できる領域が増えてきていると言えます。

HRテックの導入はしやすくなってきた

2010年代と比較して、人事システムの導入や人事業務のテクノロジー化は容易になってきました。

サーバーや業務システムを自社で管理しなくてよいクラウド化が進み、外資を含めてベンダーも増えてきましたよね。

インターフェースも改善されてきました。

HRテックのベンダーは国内でも増えてきましたし、テクノロジーの進化に伴い導入障壁は下がっていると言えるでしょう。

HRテックの課題と導入ポイント

人事システムやHRテックの導入はしやすくなってきましたが、それでも課題はいくつもあります。

カスタマイズをできるだけ減らすためにパッケージに合わせて業務フローを効率化していくことや、人事部のリテラシーを高めることも必要となりますよね。

またHRテックの導入は目的ではなく手段ですので、HRテックを使って何がしたいのかを明確にしなくてはなりません。

これには人事部だけではなく社長を含めた経営層との戦略策定が必須であり、多くの会社では課題となっていると言えるでしょう。

自社にとって本当に必要な機能は何かを定めた上で、予算内でHRテックを導入して活用していくことがあらゆる企業に求められています。

まとめ

HRテックによって人事業務が大きく変わってきています。

従来の人事業務のシステム化だけではなく、よりビジネスや経営への貢献も求められていますよね。

HRテックの導入もしやすくなってきましたが、それでも限られた予算の中でテクノロジーを通して何がしたいのかは必須のポイントとなります。

HRテックを上手く活用することで、人事部も単なる効率化を超えたビジネス貢献が可能となるでしょう。