「web+MediaSchoolの利用を検討しているけど、実際のところどうなんだろう?」

「実際に利用した人の声を聞いた上で、利用するか判断したい!」

など、web+MediaSchoolを利用するか検討する際、このような疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

人事歴9年の筆者がweb+MediaSchoolのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

また、利用者の評判や口コミ、料金についても紹介していくので、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

web+MediaSchoolの公式サイトはこちら⇒

顧客満足度No.1(※)の転職エージェントは「doda」

「自分に合っている仕事が分からない。」
「転職活動のサポートを受けながら求人を見つけたい。」

など、転職活動をしている方は、このような悩みを持っているのではないでしょうか。

転職活動をしている全ての方におすすめしたいのが、「doda(デューダ)」です。

dodaの特徴は、以下の通りです。

  • 大手・優良企業の求人が豊富
  • 専門スタッフが希望や適性にあった求人の提案
  • 非公開求人多数、履歴書、職務経歴書のアドバイス
  • 面接のアドバイスや日程調整までトータルサポート

dodaは、オリコン顧客満足度調査でNo.1(※)にもなっているサービス。
(※)2024年 オリコン顧客満足度Ⓡ調査 転職エージェント 20代 第1位

職務経歴書を簡単に作れるツールや適正チェックなど無料の機能が豊富なので、登録だけでも役に立つでしょう。

web+MediaSchoolの評判・口コミは?実際に利用した人の声を紹介!

サービス利用を検討する際、実際の利用者の評判や口コミは非常に参考になります。

ここでは、web+MediaSchoolに寄せられるポジティブ・ネガティブな意見それぞれを紹介していきます。

web+MediaSchoolの良い評判・口コミ

まずは、web+MediaSchoolに寄せられる良い評判や口コミから確認していきましょう。

副業でWebライターを始めたくて利用しました。

右も左も分からないなかでのスタートでしたが、おかげで毎月安定した報酬を得られるまでになり感謝です。

副業OKな企業が増え、資格不要で場所を選ばず働くことができる人気のWebライターですが、いきなり始めようとすると何から手を付ければ良いか分からず悩んでしまうものです。

web+MediaSchoolで基礎から学ぶことで、書き方はもちろん仕事の進め方を身に付けられます。

Webライターとしての土台をしっかり作ることにより汎用的なスキルを習得できるため、活動の幅が広がり長く活躍できるようになります。

副業でWebライターをやっていたものの、報酬が増えずに悩んでいました。

しっかりと稼ぎたくてweb+MediaSchoolを利用してみたところ、月々10万円以上の収入が得られるようになりました。

今後はもっと収入を増やして、本業にできるようにしていきたいと考えています。

副業市場が活発な昨今、クラウドソーシングサービスを利用すれば誰でもWebライターの仕事を獲得できます。

しかし、実績のない未経験者の場合は低単価の案件ばかりで、収入を大きく伸ばすことは難しいものです。

web+MediaSchoolでは、高単価な案件の獲得方法も身につけられるので、収入が伸び悩んでいる人は利用を検討してみると良いでしょう。

老後資金に不安を感じていたところ、テレビCMで見かけてWebライターという仕事に興味を持ちました。

パソコンも文章も得意ではなかったのですが、今では継続案件をいただけるようになり、生活費の足しにできています。

定年退職した今でも仕事ができるので、時間を持て余さず有効活用できていると感じています。

Webライターには年齢制限がないので、こちらの口コミのように老後の生活費を稼ぐために始める人も少なくありません。

「老後からじゃ遅いのでは?」と感じるかもしれませんが、Webライターの案件のなかには業界知識や経験を活かせるものも多いため、人生経験豊富な人の方がさまざまなジャンルの案件を獲得しやすい傾向にあります。

web+MediaSchoolには、利用に年齢制限もないので「年金だけじゃ生活が不安」「何か収入源が欲しい」と考えている人は無料相談から始めてみるのも良いでしょう。

web+MediaSchoolの悪い評判・口コミ

未経験からでも安定した収入が得られるようになると好評なweb+MediaSchoolですが、その一方で悪い評判や口コミも存在します。

ここでは、web+MediaSchoolに寄せられるネガティブな意見を確認していきましょう。

すでにそれなりに稼げているWebライターには不要かと思います。

身につけたスキルは叩き上げかもしれませんが、案件の獲得方法や人脈も構築できているのであれば、わざわざ利用する必要もないです。

すでにWebライターとして活躍している人は、わざわざweb+MediaSchoolを利用する必要はないという口コミも見受けられました。

たしかに、Webライターとして十分な報酬を得られている人は、記事の作成方法や継続的に案件をくれるクライアントと繋がりがあるものです。

また、これまでの経験からクライアントが求める形式に合わせるといった柔軟な対応もできることでしょう。

自身のやり方を確立できている人は不要と感じるかもしれませんが、興味がある人は無料体験でどのような内容を学べるのかチェックしてみるのもおすすめです。

わざわざスクールを利用しなくても、実務をやりながらスキルを身につければいいと思う。

未経験向けの案件は単価が安いけど、どれでもお金をもらいながら学べるならこっちの方がお得でしょう。

こちらの口コミのように、スクール利用はせず実務を通じてスキルを身につければ良いという口コミも多数見受けられました。

実際、未経験者向けの案件を提供しているクライアントのなかには、作成用のマニュアルを渡してくれることもあり、実務を通じて仕事を学ぶことも可能です。

また、作成した記事を納品した際、不備や改善点があればフィードバックをくれるため、そこから学びを得ることもあるでしょう。

しかし、こうしたクライアントに出会えるか確証があるものではなく、人気も高いため案件獲得できない可能性もあります。

実務を行いながらスクールに通うという選択肢もあるため、自身の状況に合わせながら方法を選択していくようにしましょう。

web+MediaSchoolの公式サイトはこちら⇒

web+MediaSchoolの強み・メリット3選

Webライター向けのスクールは他にもありますが、そのなかからweb+MediaSchoolを選ぶにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、web+MediaSchoolのメリット、

  • 自分のペースで学習を進められる
  • Webライティングの知識を網羅的に習得できる
  • 実績作りができる

について解説していきます。

web+MediaSchoolの強み・メリット1.自分のペースで学習を進められる

web+MediaSchoolでは、Webライティングのノウハウや知識を習得するにあたり、独自の動画コンテンツを活用します。

こちらの動画コンテンツには視聴期間が設けられていないため、自身のペースで学習を進めることが可能です。

会社員の人は通勤途中、主婦の人は家事をしながらなど活用方法はさまざまです。

繰り返し視聴することで定着率も上がるため、積極的に活用しましょう。

web+MediaSchoolの強み・メリット2.Webライティングの知識を網羅的に習得できる

web+MediaSchoolでの学習では「web+SEOライティングBook」を使用しますが、こちらは検索意図の把握から本文執筆までWebライターに必要な知識を体系的に学ぶことができる内容となっています。

ネット上や書店などにもライティングに関する情報は数多く存在しますが、こちらはweb+MediaSchoolで効果のあるノウハウを凝縮したものなので、非常に実践的な内容となっています。

自身で情報の取捨選択をしなくて済むことも効率的であるといえるでしょう。

web+MediaSchoolの強み・メリット3.実績作りができる

フリーランス・副業でWebライターとして活躍するためには、実績作りが非常に重要です。

依頼者側から見て、豊富な実績があるライターに依頼するのと、未経験者に依頼するのではどちらが安心して任せられるかいうまでもありません。

web+MediaSchoolでは、カリキュラムの一環で実際に記事作成を行いますが、その際には自身の名前を使うことができるため、実績のひとつとして扱うことが可能です。

プロのフィードバックを受けた記事をポートフォリオとして扱えるため、質の高い実績を公表することができることは大きなメリットであるといえるでしょう。

web+MediaSchoolの公式サイトはこちら⇒

web+MediaSchoolの注意点・デメリット3選

Webライターに必要な知識やスキルを網羅的に学べ、カリキュラムを通じて実績作りができるweb+MediaSchoolですが、その一方でデメリットも存在します。

ここでは、web+MediaSchoolのデメリット、

  • 料金が高い
  • 成果が出るかは個人差による
  • 案件獲得は自身の努力次第

について解説していきます。

web+MediaSchoolの注意点・デメリット1.料金が高い

web+MediaSchoolはその名の通りスクールなので、費用がかかります。

詳しい料金については後述しますが、決して安くはないため利用する際にはWebライターとして知識やスキルを身に付ける覚悟が必要です。

Webライターは、資格不要で始められる職種であり、クライアントによっては未経験者向けのマニュアルを提供してくれたり、添削をフィードバックしてくれたりすることもあります。

こうした案件を獲得することで成長する機会は得られるため、わざわざ料金を支払ってまで学ぶことに抵抗を感じる人はデメリットに感じることでしょう。

web+MediaSchoolの注意点・デメリット2.成果が出るかは個人差による

web+MediaSchoolに限ったことではありませんが、スクールに通ってからといって必ずしも満足いく成果が出るとは限りません。

学んだ知識をアウトプットすることはもちろん、クライアントからの要求によっては学んできたことを活かせないこともあります。

「スクールに通った=稼げる」ではないため、学んだことを活かせるよう工夫することを忘れないようにしましょう。

web+MediaSchoolの注意点・デメリット3.案件獲得は自身の努力次第

web+MediaSchoolに通っても案件獲得ができるようになることは保障されていないため、自身の努力は必要不可欠です。

カリキュラムの一環で制作する記事にも報酬は出ますが、いつまでもそれを頼りにすることはできません。

より自由で満足いく報酬を獲得できるよう、ライティングスキルだけではなく営業活動にも注力するようにしましょう。

web+MediaSchoolの機能をわかりやすく解説!

スクールのなかには、受講するコースによってメールや電話での質問・相談回数に上限が設けられていることもあります。

しかし、web+MediaSchoolではメール・電話・LINEでのサポートが24時間365日無制限で受けることが可能です。

普段使い慣れているLINEで連絡できるため、再々な疑問でも気軽に解消することができます。

こうした環境で学べることは、未経験からWebライターを目指す人にとって、非常に心強い味方となってくれることでしょう。

web+MediaSchoolの公式サイトはこちら⇒

web+MediaSchoolの料金プラン・支払い方法

web+MediaSchoolの、Webライターコースは385,000円(税込)です。

分割払いも可能で、24回払いで20,000円(税込)、12回払いで36,000円(税込)、6回払いで68,000円(税込)から選べます。

料金設定は他のライティングスクールと比較して高めですが、30日間で効果がないと感じれば全額返金保障があるほか、無料体験も受けることも可能です。

興味がある人は、無料体験から自身に合っているか確認してから申し込みをするようにしましょう。

web+MediaSchoolを利用するまでの流れ

web+MediaSchoolを利用するまでの流れは次の通りです。

  1. 無料体験への参加
  2. 申し込み・支払い
  3. 受講スタート

まずは、web+MediaSchoolの公式サイトから無料体験への申し込みを行いましょう。

無料体験では7本の動画コンテンツと記事添削1回、キャリアプラン面談まで受けることが可能です。

自身に向いているか検討し、本格受講を決めたら申込みを行いましょう。

支払いが完了したら、全コンテンツの閲覧が可能になるほか、記事添削をはじめとするカリキュラムも受けられるため、スケジュール立てて学習を進めていきましょう。

web+MediaSchoolの公式サイトはこちら⇒

web+MediaSchoolは「本気でWebライターを目指したい人」におすすめ!

web+MediaSchoolは、本気でWebライターを目指したい人におすすめのスクールです。

費用は決して安くはありませんが、Webライターとして必要な知識やスキルを網羅的に学べます。

また、サポートも手厚く、カリキュラムの一環として作成する記事には報酬も発生します。

ここで作成した記事は自身の実績として公表することもできるため、今後の活動にも役立てることができるでしょう。

web+MediaSchoolに関するよくある質問

web+MediaSchoolに関するよくある質問、

  • 忙しくても受講できる?
  • 実際に通う必要はある?
  • 全くの未経験でも大丈夫?

について解説します。

Q

忙しくても受講できる?

A

web+MediaSchoolには、受講期限がないため自分のペースで学習を進めることが可能です。

本業が忙しい人でも無理なくスキルを身につけられるため、利用しやすいといえるでしょう。

Q

実際に通う必要はある?

A

web+MediaSchoolはオンラインで完結するため、時間や場所を選ばず受講することが可能です。

動画コンテンツはダウンロードできるため、スマートフォンやパソコンに入れておけば通信量を気にせず視聴することもできます。

移動時間や待ち時間なども有効活用できるため、効率よく学習を進められることでしょう。

Q

全くの未経験でも大丈夫?

A

Webライティングの基礎から体系的に学ぶことができるため、全くの未経験でも問題ありなく受講できます。

また、経験者であっても「収入が伸びない」「案件が獲得できない」といった悩みを抱えている人は、無料相談から始めてみるのも良いでしょう。

web+MediaSchoolの運営会社情報

web+MediaSchoolは、株式会社F.R.Willが運営するスクールです。

今回紹介したのはweb+MediaSchoolの「Webライターコース」ですが、その他にも起業したい人向けの「マイクロ起業コース」もあります。

また、F.R.Willはスクール運営以外にも、Webメディアの運営やITソリューションの提案・実施、Webコンテンツ制作などの事業を行っています。

Web関連の事業を多く手掛けていることから蓄積されたノウハウもあることから、web+MediaSchoolにおいても期待が持てるといえるでしょう。

株式会社F.R.Willの会社概要

運営会社である株式会社F.R.Willの会社概要は次の通りです。

会社名

株式会社F.R.Will

本社所在地

東京都中央区日本橋茅場町2-6-8 大湯ビル3F

設立日

2017年12月27日

代表者

目代 拓也

まとめ

今回紹介したweb+MediaSchoolについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • 未経験からでも利用できる
  • 自分のペースで学習することができる
  • オンライン学習で時間と場所に縛られず学べる
  • 電話やメール、LINEで24時間365日質問可能
  • 無料体験が用意されている

web+MediaSchoolに興味を持たれた方は、web+MediaSchoolの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

web+MediaSchoolの公式サイトはこちら⇒