日本でも働き方は大きく変わってきており、転職は一切珍しいものではなくなりましたよね。

一方で「転職は35歳まで」「50歳以降の求人はない」など年齢に関わる話は何が現実で、どこまで変わってきたのでしょうか。

筆者は人事歴が長いですが、まず事実として転職は50代でも可能です。

50代の転職で大きく年収を増やした人も知っています。

しかし年齢と共に求人は急激に減りますし、特に50代での新しい挑戦はどんどん難しくなることもまた事実と言えますよね。

その中でも転職エージェントというプロを使うことで、50代でも転職に成功することはできるでしょう。

ここでは東証一部上場企業で人事を9年経験し、自身も転職エージェントを活用してきた筆者が、50代の転職についてアドバイスいたします。

ぜひ参考にしてみてください。

50代におすすめの転職エージェントの選び方3選

転職エージェントはご自身の年齢や転職目的に合わせて、適したサービスが異なることをご存じでしょうか。

若い方と50代では転職の目的やポジションも全く違いますから、自分に合った転職エージェントを選ぶことが必須となります。

他のエージェントならば求人はあるにも関わらず、使用したエージェントから「50代の求人はない」などと言われて諦めてしまうのは間違いなくもったいないですよね。

ここでは50代におすすめの転職エージェントの選び方をお伝えいたします。

50代におすすめの転職エージェントの選び方1.求人数は多いか(50代の求人は非常に少ない)

50代が転職エージェントを選ぶ際は、求人数が非常に重要となります。

転職市場で受かりやすさだけを考えれば、若ければ若いほどよいというのは事実です。

20代ならば何の経験がなくても仕事に困らず、30代でもそれなりの企業に転職できた人材であっても、40代や50代になると一切適した求人がないケースすらありますよね。

そのため50代でもしっかりとした転職先があるのかは重要で、求人の種類と数は必須項目と言えます。

選択肢がなければ転職の成功は難しいため、少しでもたくさんの仕事を紹介してもらえるエージェントを選びましょう。

50代におすすめの転職エージェントの選び方2. 50代でも年収がアップできるか

転職エージェントの多くは実際に転職した人たちの年収アップ率を公開していますよね。

エージェントによっては7-8割が年収アップを達成していると公表しているサービスもあります。

50代になって年収が下がることは、キャリアとしてもライフイベントとしても正直きつく、絶対に避けたいでしょう。

50代はハイクラス転職を成功させて年収が一気に上がる場合もありますし、一方でほとんど就職先が決まらない場合もあるなど、二極化が目立ちます。

年収アップを売りにしている転職エージェントに、50代から年収を上げたいと相談することはおすすめです。

50代におすすめの転職エージェントの選び方3.エージェントは若すぎないか(50代の評判はよいか)

転職エージェントは非常に多く存在しており、それぞれが向いている職種や年齢は異なります。

転職エージェントの評判を見ていると、やはり20代の若いエージェントと50代の転職者では相性が良くない場合が多く、50代の方の実績や希望が上手く伝わらないこともあるようです。

そのため転職エージェントが若すぎないこと、きちんと50代の転職希望者の経歴を理解した上で、適した企業を紹介できる能力があることは重要となりますよね。

50代におすすめの転職エージェント5選

50代という観点から、本当におすすめできる転職エージェントを5つ紹介いたします。

それぞれの特徴から自分に適した転職エージェントをぜひ確認してみてください。

50代におすすめの転職エージェント1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは他の転職エージェントと比べても求人数No1.を誇る転職エージェントです。

そのため50代でも転職活動前では知らなかった仕事や企業との出会いがありますし、年齢を重ねても自分に適した会社が見つかる可能性は最も高いと言えますよね。

リクルートエージェントは転職エージェントですので担当のエージェントが付き、あなたに合った企業の紹介はもちろん、転職書類についてのアドバイスや模擬面接によるサポートも充実しています。

間違いなく大手ですので、迷ったらリクルートエージェントに登録してみることをぜひおすすめいたします。

リクルートエージェントの運営会社情報

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する転職支援サービスです。

新卒採用でも最大手の1社である株式会社リクルートの、転職専門エージェントとなります。

転職サイトのリクナビネクストも同社のサービスで、併用も可能です。

知名度から実績までどれをとっても申し分ない大手と言えるでしょう。

株式会社リクルートの会社概要
会社名 株式会社リクルート
本社所在地 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2

グラントウキョウサウスタワー

設立年月日 2012年 10月1日 株式会社リクルートホールディングス設立時の分社化により設立

2018年 4月1日 株式会社リクルートに商号変更

資本金 3億5千万円
従業員数 15,807人(2021年4月1日現在 / アルバイト・パート含)

50代におすすめの転職エージェント2.マイナビエージェント

マイナビエージェントは総合的に優れた転職エージェントです。

50代でも充実した求人数に加えて、担当エージェントの手厚いサポートにも定評がありますよね。

年齢を重ねても担当エージェントにマンツーマンで指導してもらいたい方は、無料で使えるマイナビエージェントはぜひおすすめできるでしょう。

マイナビエージェントの運営会社情報

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する転職支援サービスです。

新卒採用でも大手の1社である株式会社マイナビの、転職専門サービスとなります。

知名度、実績、企業からの信頼と、どれをとっても申し分ない大手と言えるでしょう。

株式会社マイナビの会社概要
会社名 株式会社マイナビ Mynavi Corporation
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
設立年月日 昭和48年(1973年)8月15日
資本金 21億210万円
従業員数 約11,400名(マイナビグループ全体)
※2020年10月1日時点
許可 厚生労働大臣許可番号

有料職業紹介事業 (13-ユ-080554)

東京都知事登録旅行業第 2-6519 号

50代におすすめの転職エージェント3.doda

CMでも有名なdodaは求人数からエージェントのサポートまで充実した転職エージェントとなります。

登録をするとdodaから大量の求人情報が送られてくるため、年齢を重ねても早々に転職先を見つけられる人には面倒な点もありますが、多くの選択肢から選びたい方、転職に苦戦していて少しでも多く転職先の候補が欲しい方には間違いなくおすすめできるでしょう。

エージェントのサポートが手厚く、丁寧なヒアリングから模擬面接まで実施してくれることは筆者も経験しています。

50代で転職が初めての方など、エージェントとのコミュニケーションが面倒ではなくむしろ有難い方には最適のサービスと言えます。

dodaの運営会社情報

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職支援サービスです。

CMでも有名ですが、知名度や実績、企業からの信頼と、どれをとっても問題のない大手の転職支援サービスとなっています。

パーソルキャリア株式会社の会社概要
会社名 パーソルキャリア株式会社
本社所在地 〒100-6328

東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F

資本金 1,127百万円
従業員数 4,540名(有期社員含む グループ会社出向中の者は除く 2021年1月末時点)
許可 有料職業紹介事業 許可番号(13-ユ-304785)

労働者派遣事業 許可番号派(13-304798)

50代におすすめの転職エージェント4.リクナビネクスト

リクナビネクストは転職エージェントではなく転職サイトとして、圧倒的な求人数を誇ります。

そのため転職エージェントのように担当者に企業紹介や面接練習はしてもらわなくてよいけれど、年齢を重ねても豊富な求人を知りたいという方には最適と言えるでしょう。

求人数は多いですがそのうち9割が正社員の募集としていますので、50代で正社員の転職を希望している方にもぜひおすすめできます。

転職サイトとして求人数を重視している方には間違いなく向いていると言えます。

リクナビネクストの運営会社情報

リクナビネクストは株式会社リクルートが運営する転職サイトです。

新卒採用でも最大手の1社である株式会社リクルートの、転職専門サイトとなります。

転職エージェントのリクルートエージェントも同社のサービスですし、併用も可能です。

知名度から実績までどれをとっても申し分ない大手と言えるでしょう。

株式会社リクルートの会社概要
会社名 株式会社リクルート
本社所在地 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2

グラントウキョウサウスタワー

設立年月日 2012年 10月1日 株式会社リクルートホールディングス設立時の分社化により設立

2018年 4月1日 株式会社リクルートに商号変更

資本金 3億5千万円
従業員数 15,807人(2021年4月1日現在 / アルバイト・パート含)

50代におすすめの転職エージェント5.ビズリーチ

ビズリーチは高所得、ハイクラス向けの転職エージェントです。

そのため他の転職エージェントとは異なり、利用に料金がかかる場合があること、その代わり高収入のハイクラスポジションに限定して転職できる特徴があります。

50代で事業部長などかなりの高収入ポジションに転職したい方には最適の転職エージェントでしょう。

また高収入ポジションのジョブディスクリプションを知っておくことで、どのようにキャリアを積めば収入が上がっていくかを知ることもできます。

CMで有名なビズリーチですが、人事関係者にとっては昔からハイクラス転職で有名だった転職エージェントとなりますよね。

ビズリーチの運営会社情報

ビズリーチは、株式会社ビズリーチという東京都渋谷区に拠点を構える会社が運営している転職エージェントサービスです。

CMによって飛躍した企業ではありますが、ハイクラス転職として実績豊富で知名度も申し分ありません。

株式会社ビズリーチの会社概要
会社名 株式会社ビズリーチ
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-15-1
株主情報 ビジョナル株式会社 100%
資本金 1億3,000万円
事業内容 インターネットを活用したサービス事業

即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」

人財活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」

OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」

50代に転職エージェントがおすすめ(必須)の3つの理由

50代で転職を考えている人の中には、すでに実績があるから転職エージェントに頼らなくても大丈夫、自分だけでも転職できるはず、本当に転職エージェントに意味があるのか、と思う方もいますよね。

ここでは特に50代には転職エージェントがおすすめである理由をお伝えいたします。

50代に転職エージェントがおすすめ(必須)の理由1.プロのエージェントからアドバイスをもらえる(50代での転職はかなり難しい)

前提として50代での転職は非常に厳しいということは理解してください。

成功と言える転職をできる人の方がはるかに少ないでしょう。

50代では企業選びから応募、面接まで全て自分でできると自信のある方は多いですし、すでに転職成功経験があるなど、全て自分で行い希望の会社に行けるのならば問題ないです。

ただし転職未経験の50代ならば必ずエージェントは使うべきです。

20代や30代の転職とは全く異なりますので、例えば50代がやる気や熱意などのアピールをしても何の意味もありません。

また独自の強みをアピールしたとしても企業の需要に合っていないことの方が多いです。

自分ではすごいと思っていることが50代の市場から見ると普通であることは事実としてありふれています。

相当な数の転職者をサポートしてきたプロのエージェントから、客観的に50代としてのあなたの強みや目指すべき方向性をアドバイスしてもらえることは、特に1つの企業で30年など働いてきた方には貴重なメリットと言えるでしょう。

50代に転職エージェントがおすすめ(必須)の理由2. 50代でも挑戦できる会社や仕事を教えてもらえる

若い方と50代では転職方法は異なりますし、狙うべきポジションも当然ながら変わってきますよね。

転職とは言え50代で新人と同じ扱いでは働きたくないですし、そもそも50代の新人を取るのならば若い方を採用します。

プロのエージェントならば50代でも挑戦できる会社や仕事を教えてもらえますので、きちんと年齢に合ったポジションを探してもらいましょう。

最後の会社になる可能性も高いわけですから、1人で探して入ってみたら新人扱いだったというリスクを避けることも重要です。

50代に転職エージェントがおすすめ(必須)の理由3.原則無料で使える

転職エージェントは、一部の高年収ハイクラスエージェントを除いて、原則無料で使うことができます。

50代だとしても適した企業を紹介してもらい、書類確認や模擬面談まで実施してもらえて、それが全て無料で使えるわけです。

50代の転職者側にとっては利用しない理由がないとすら言えるでしょう。

まとめ

50代になると転職は非常に難しくなります。

成功と呼べる転職をできる人の方がはるかに少ないでしょう。

特に50歳になるまで転職経験が全くないと、相当な準備をしなければ厳しい現実が待っています。

一方で50歳を超えても転職に成功し、年収が跳ね上がる人がいることは事実です。

そのため50代での転職は絶対に失敗できませんので、プロの転職エージェントの力も借りて、必ず成功させることをおすすめいたします。

50代は人生にとっても間違いなく重要ですのでぜひ参考にしてみてください。