今回HR Techガイドでインタビューをさせていただいたのは、新卒向けのダイレクトリクルーティングサービス「dodaキャンパス」を運営している株式会社ベネッセi-キャリア様です。

これまでの採用方法では分からないような、詳細なプロフィールを参考に学生をスカウトできるサービスで、メッセージの開封率を上げる仕組みや、質の高い学生を集める仕組みも整っています。

新卒採用に課題を感じているすべての企業の方に、ぜひチェックしていただきたいインタビューです。

67万人の学生に出会える「dodaキャンパス」の公式サイトはこちら⇒

株式会社ベネッセi-キャリア様へのインタビュー内容を紹介します

それでは早速、「株式会社ベネッセi-キャリア様」へのインタビュー内容を紹介していきましょう。

Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず、dodaキャンパスの概要について、簡単に教えていただけますでしょうか?」

総登録学生数67万人(22卒~25卒 2021年5月時点)の新卒採用向けダイレクトリクルーティングサービスです。

大学・学部・専攻内容はもちろん、希望業界や職種、出身高校の都道府県や留学・アルバイト経験に至るまで、豊富な検索条件から採用要件に合った学生を見つけ出すことができます。

一人ひとりのプロフィールを読んで、パーソナリティや志向性も自社に合っているか確認した上で、学生に直接オファー(メッセージ)を送って選考につなげる仕組みです。

オファー開封率は80%(22卒実績 2020年2月~2021年3月)と高く、従業員規模や業界を問わず採用成功実績があります。

Q2.「次にdodaキャンパスをスタートしたきっかけ・経緯を教えていただけますか?」

現在の就職活動・新卒採用では、学生は就職活動において、短い期間と限られた情報で志望先を決めなければならず、企業もエントリーシートの情報や数回の面接だけで個人の特性を判断しなければならないのが現状です。

そのため、入社後に学生と企業の間でミスマッチが起こることが少なくありません。

dodaキャンパスでは、幼児から大学生までの学習支援を行うベネッセホールディングスと、パーソルキャリアが持つ転職支援のノウハウを融合させることで、学生から社会人までワンストップでの長期的な支援を目指しています。

企業は、dodaキャンパス上で学生の大学までの学びや多様な経験を閲覧することができるため、面接だけではなかなか気づけなかった学生の本質的な魅力を発見することが可能です。

そのため、学生は企業に新たな角度からアピールできるようになり、真面目に打ち込んだ学問や努力を重ねて得たスキルを就職活動に活かすことができます。

dodaキャンパスを通じて学生が自らの手で未来を選択し、企業が個人の特性をしっかり確かめられる「学びがいきる就活」を目指しています。

Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。競合サービスと比較した際の、dodaキャンパスの強み・優位性を教えてください。」

  • 専任担当によるサポートが充実している

お客様から特に評価をいただいている点です。

導入時の使い方ガイドはもちろん、プロフィールやオファー文の添削、配信ターゲットや配信時期・配信ペースのアドバイスまで、採用成功に向けて伴走しています。

そのため、特にダイレクトリクルーティングに初めて取り組む方、過去にダイレクトリクルーティングを導入したものの、うまくいかなかった方にお選びいただいています。

  • 利用期間が長く、2種類の料金体系を用意しているので、自社に合った使い方がしやすい

料金は定額制と成功報酬制の2種類を用意しており、採用目標人数や予算組の仕方に合わせてお選びいただけます。

定額制プランでは、3年生夏のインターンシップから選考後期まで、あらゆるフェーズでお使いいただけます。

また低学年向けには、自社を含む特定の業界や職種の理解促進など、学生のキャリア観を醸成するための案内も付帯サービスとして実施可能です。

  • 全国の大学と独自の連携をしている

ベネッセi-キャリアでは、学生のキャリアオーナーシップを高めるための支援を行っています。

学内登録会はもちろん、授業での学びをdodaキャンパスに登録して内省を深めるような取り組みや、弊社がご提供しているキャリア講座にdodaキャンパスを取り入れる、といった取り組みもしています。

Q4.「スカウト型の新卒採用サービスは、なかなか開封してもらえないことも一般的にはあります。開封してもらえる仕組みや成功率を上げる工夫はありますか?」

通期での開封率は80%と、オファーを送ればほとんどの学生に読んでもらえる状態です。

オファーを送る前に学生の興味度合を測ることができる「検討中追加・オファーリクエスト機能」や、学生の返信ハードルを下げる「イベント機能」を用意しています。

他にも

  • カスタマーサクセスが、開封されやすい送り方やオファー文面をアドバイス
  • 学生をアクティブ化するために毎週オンラインキャリア講座を実施
    (2020年度実績では年間230回)
  • 学生の活用促進のためのコラム・メルマガ発信

など、さまざまな取り組みをしています。

より開封率を高めるための新しい施策も準備中です。

Q5.「登録学生は67万人と非常に多いですよね。学生の質も高いでしょうか?」

前述したとおり、開封率80%と、dodaキャンパスをきちんと活用している学生が多いです。

定期的に学生に実施しているインタビューでも、自分のキャリア観をはっきりと述べられる優秀な方が多い印象です。

dodaキャンパスではプロフィールの入力項目が多く、学生時代の経験や思い描いている将来像をフリーテキストで入力する、学生の人となりがよく分かる仕組みになっています。

ぜひ、どのような学生が登録しているのか確かめていただきたいです。

Q6.「スカウト型は費用が高いイメージがあります。費用体系について教えてください。」

導入しやすい費用体系とご評価いただくことが多いです。

卒年度別に「定額制」と「成功報酬制」の2種類の料金体系を用意しています。

それぞれ、以下のプランからお選びいただけます。

【定額制】

  • 初年度限定プラン:75万円(採用上限人数無制限)
  • 3名プラン:60万円(採用上限人数3名)
  • 10名プラン:110万円(採用上限人数10名)

【成功報酬制】

  • 早期成功報酬プラン:初期費用30万円/1名採用あたり30万円
  • 成功報酬プラン:初期費用0円/1名採用あたり30万円

Q7.「優秀な学生をプールするための独自性はありますか?」

前述のオンラインキャリア講座と全国の大学との連携により、学生を集め、活用促進をしています

Q8.「株式会社ベネッセi-キャリアとしての、将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」

ベネッセi-キャリアでは、設立当初より「まなぶとはたらくをつなぐ」という企業理念を掲げています。

学生の多様な学びと経験、企業が求める多様な人材要件、大学が育成したい人材像の徹底的な可視化とマッチングの支援を通じて、これまで十分につながっていなかった学生と企業、大学とが結びつく新たな回路を創り出したいと考えています。

まなぶとはたらくがもっとつながれば、学生はもっと、自分がわかり、なりたい姿がわかり、努力の方向を見つけ出していけると思いますし、キャリアに対する主体的な姿勢が生まれ、成長のために行動し、社会で活躍し続けることができると信じています。

Q9.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」

ここ数年、新卒採用においてダイレクトリクルーティングに取り組む企業が増加傾向にあります。

一方、使い方次第で成果に大きな影響が出るのが、このサービスの特徴です。

こうした背景の中、dodaキャンパスでは、はじめてダイレクトリクルーティングに取り組む企業でもしっかり成果を実感してもらえるよう、利用期間中のサポート体制を充実させています。

「従来の採用手法では満足な成果を残せていない。だが新しい取り組みをするには少し不安がある…」といった状況が続いているようでしたら、まずはお問い合わせを頂けますと幸いです。

株式会社ベネッセi-キャリアの会社情報

会社名株式会社ベネッセi-キャリア
所在地東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング32階
代表取締役社長原野司郎
公式サイトURLhttps://www.benesse-i-career.co.jp/

最後に

今回は、「dodaキャンパス」を提供している株式会社ベネッセi-キャリア様のインタビュー記事を紹介しました。

学生の本分である学びを軸に、じっくりと学生の特性を見極められる、まさに「まなぶとはたらくをつなぐ」サービスですね。

準備中の施策もあるとのことで、今後の展開も非常に楽しみです。

今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ下記のリンクからdodaキャンパスの公式サイトをチェックしてみてください。

dodaキャンパスの公式サイトはこちら⇒

株式会社ベネッセi-キャリア様、今回はお忙しい中インタビューをお受けいただき、ありがとうございました!