「ドライバー経験がなくても転職できる?」

「普通免許しかもっていないけど利用できる?」

タクシードライバーやハイヤー運転手へ転職を検討している人のなかには、このような疑問を持っている人が大勢います。

今回紹介する「ドライバーズワーク」は、タクシードライバーやハイヤー運転手に特化した転職エージェントです。

「50~60代でも本当に転職できる?」「希望通りの求人は見つかる?」などの疑問を解消するため、この記事では人事歴9年の筆者が、ドライバーズワークの特徴をはじめ、利用するメリット・デメリットを分かりやすく解説していきます。

また、気になる料金プランや利用者の声も紹介するので、利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

ドライバーズワークの公式サイトはこちら⇒

ドライバーズワークの評判・口コミは?実際に利用した人の声を紹介!

使用したことがないサービスの利用を検討する際、実際の利用者の評判や口コミは判断材料として非常に役立ちます。

自身の状況と照らし合わせることで、利用のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

ここでは、ドライバーズワークに寄せられるポジティブな意見・ネガティブな意見それぞれについて紹介していきます。

ドライバーズワークの良い評判・口コミ

まずは、ドライバーズワークに寄せられている良い評判や口コミから紹介していきます。

未経験だったので色々と不安が多かったのですが、担当のアドバイザーの方が詳細情報や業界用語について教えてくださり、疑問や不安を解消することができました。

そのうえで、こちらの希望条件に合った求人を紹介してくださり満足です。

ドライバーズワークはタクシー業界に特化した転職エージェントなので、アドバイザーも業界の実態や知識に精通しています。

こちらの口コミにもあるように、未経験者に対して仕事内容や給与形態といった業界情報を教えてもらえることはもちろん、経験者も業界ならではの深く踏み込んだ相談ができることも魅力的であるといえるでしょう。

求人情報が詳細まで記載されていたので転職先探しがしやすかったです。

アドバイザーの方からは補足情報として職場の雰囲気や制度について説明してもらえ、しっかりと納得したうえで転職ができたと感じています。

ドライバーズワークでは、求人ごとに情報が整理されており、福利厚生サービスや車両設備、給与体系や勤務時間など、求職者が知りたい詳細情報まで掲載されています。

そのため、転職先選びの際にも各社の比較がしやすく、自分に合った求人に応募できます。

また、こちらの口コミにもあるように、アドバイザーもそれぞれの求人の職場環境や雰囲気について把握しているので、働きやすい職場選びができるといえるでしょう。

定年後に年金だけでは不安だったので利用しました。

60代でも働ける仕事を紹介してもらえ、老後の不安が和らぎました。

年金の受給額の平均は5~6万円であるため、貯金を切り崩しながらの老後生活に不安を抱えている人は非常に多いです。

しかし、60代だと求人募集している企業の数は少なく、収入源の確保が難しいのが現状です。

ドライバーズワークでは、60代の求人も取り扱っているので、定年退職後も働くことができます。

未経験で普通免許しか持っていない人でも、研修制度や二種免許取得支援をしてくれる企業を紹介してもらうことができるため、老後に不安を感じている人にとって非常に心強いといえるでしょう。

ドライバーズワークの悪い評判・口コミ

シニア層や未経験者にも優しく、希望に沿った求人紹介をしてもらえると評判のドライバーズワークですが、その一方で悪い評判や口コミも存在します。

コロナ禍の影響から都内で稼ぎにくくなったので、郊外への転職をしようと思い利用。

求人はあるものの、記載されている情報が平常時のものなので、実態がつかみにくいと感じた。

よりリアルタイムな情報を連携してもらえると助かる。

ドライバーズワークに限らず、転職支援サービスで掲載されている求人情報は、基本的に会社規定や実績に基づくものです。

こちらの口コミのように、求職者は公開されている求人情報のみで非定常状態の情報まで把握することが難しいです。

より詳細で最新情報を知りたい人は、アドバイザーにその旨を申し出るようにしましょう。

それにより、アドバイザーが企業にヒアリングを行ってくれる場合があります。

人口や需要の関係からある程度は覚悟していましたが、地方の求人が少なかったことが残念でした。

私が希望していた地域は辛うじて求人がありましたが、片手で数えられるレベルだったので、ほぼ選択肢がなかったです。

ドライバーズワークは全国のタクシードライバー求人を取り扱っていますが、東京や大阪といった都市部の求人数と比較して、地方の求人数が少ない傾向にあります。

こちらの口コミにもあるように、こうした求人数の地域格差はドライバーズワークに限らず、あらゆる転職支援サービスでも同様です。

より多くの求人情報を比較して転職先を選びたい人は、他の転職エージェントとの併用や、地域のタクシーに求人情報を直接確認するといった工夫が必要であるといえるでしょう。

ドライバーズワークの公式サイトはこちら⇒

ドライバーズワークの強み・メリット3選

他にもタクシードライバー向けの求人掲載や転職支援サービスが存在するなか、ドライバーズワークを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、ドライバーズワークの3つのメリットと特徴、

  • 50〜60代の求人もある
  • 自身で求人検索することも可能
  • 非公開求人が全体の80%

について紹介していきます。

ドライバーズワークの強み・メリット1. 50〜60代の求人もある

一般的な職種では年齢が上がるにつれて、転職の難易度が高くなる傾向にあります。

また、未経験での採用は厳しいといえるでしょう。

ドライバーズワークでは、50~60歳でも応募できる求人情報を取り扱っているので、シニア層でも利用できるのでおすすめです。

定年退職後、年金受給のみでは心もとないと不安を感じており、収入源を探している人は要チェックです。

ドライバーズワークの強み・メリット2.自身で求人検索することも可能

ドライバーズワークでは、アドバイザーからの求人紹介だけではなく、公式サイト上から自身で検索条件を設定し、求人情報をチェックすることが可能です。

登録前でも検索機能は使用できるので「どのような求人があるのか」「希望するエリアの求人は取り扱っているか」など、事前にチェックすることができます。

利用開始後に「思っていたのと違った」というミスマッチを防ぐ効果もあるので、利用を検討している人は積極的に活用しましょう。

ドライバーズワークの強み・メリット3.非公開求人が全体の80%

ドライバーズワークの公開求人数は約1,700件(2022年3月時点)で、多くの選択肢から転職先を選びたい人にとっては求人数が少ないと感じることでしょう。

しかし、ドライバーズワークの求人数は非公開求人の方が多く、求人全体の約80%を占めています。

非公開求人は、他では見ることのできない好条件の求人情報であり、一般的な公開求人と比べても倍率は下がるので内定も獲得しやすいです。

こうした求人をチェックするだけでも価値はあるので、タクシードライバー転職をしたい人は公開求人だけで応募先を決めず、登録して非公開求人まで確認することをおすすめします。

ドライバーズワークの公式サイトはこちら⇒

ドライバーズワークの注意点・デメリット2選

タクシードライバー転職に特化し、豊富な求人数を取り扱っているドライバーズワークですが、その一方でデメリットも存在します。

今回は、ドライバーズワークの2つのデメリットと特徴、

  • 地方求人の数は少ない
  • ドライバー以外の職種はない

について紹介していきます。

ドライバーズワークの注意点・デメリット1.地方求人の数は少ない

全国的に求人を取り扱っているドライバーズワークですが、地方求人となるとその数は少なくなります。

希望している地域の求人がないこともあり得るので、公開求人の事前チェックをすることをおすすめします。

また、より多くの求人情報を確認したうえで地方のタクシー会社に転職したい人は、他の転職支援サービスの併用や、希望地域のタクシー会社に直接問い合わせるのも良いでしょう。

ドライバーズワークの注意点・デメリット2.ドライバー以外の職種はない

ドライバーズワークは、その名の通りドライバーに特化しており、取り扱っている職種は「タクシードライバー」「ハイヤードライバー」「役員車運転手」です。

そのため「タクシー会社の経理がしたい」といった別の職種を探すことはできないので注意が必要です。

ドライバー以外の職種を探している人は、他の転職支援サービスを活用するようにしましょう。

ドライバーズワークの機能をわかりやすく解説!

ドライバーズワークには「タクノート」というコラム記事が掲載されています。

「キャリア」や「知識」といったジャンルごとに分別されているため、興味がある記事を見つけやすいです。

特に「テクニック」では、未経験からタクシードライバーになる人にとって、非常に参考になることでしょう。

ドライバーズワークの公式サイトはこちら⇒

ドライバーズワークの料金プラン・支払い方法

ドライバーズワークは、人材紹介によって企業から報酬を得ているため、利用者に費用が発生することは一切ありません。

無料で希望にマッチした求人をしてくれて、そのほか転職活動に必要なサポートを受けられるので、タクシー業界に転職したい人は、利用して損はないといえるでしょう。

ドライバーズワークを利用するまでの流れ

ドライバーズワークを利用するまでの流れは次の通りです。

  1. 会員登録
  2. アドバイザーとの面談
  3. 求人紹介
  4. 採用選考
  5. 内定獲得

まずは、ドライバーズワークの公式サイトで会員登録を行いましょう。

登録内容は、氏名や連絡先といった基本情報、タクシー業界の経験有無についてなので、数分で登録完了できます。

登録後は、担当となるアドバイザーから電話連絡が来て、そこで希望勤務地や希望条件について確認が行われます。

資格支援や寮完備といったこだわり条件があれば、こちらの段階で伝えていくことで、後続の求人紹介がスムーズに進むため、あらかじめ準備をしておきましょう。

ヒアリングが完了すると、その内容をもとに非公開求人を含めた求人紹介がされます。

紹介された企業に気になるものがあれば、詳細情報をアドバイザーに確認を行い、採用選考に応募しましょう。

その際、履歴書や職務経歴書の添削も行ってもらえるので、書類の書き方に自信がない人も安心です。

書類選考に通過したら、企業との面接を行います。

こちらも、アドバイザーから事前によく質問される内容を教えてもらえるので、面接が苦手な人にとって非常に心強いといえるでしょう。

万全の準備で採用選考に臨み、無事に内定を獲得できれば転職活動は終了です。

ドライバーズワークの公式サイトはこちら⇒

ドライバーズワークは「タクシードライバー転職をしたい人全般」におすすめ!

ドライバーズワークは、経験者のキャリアアップはもちろん、未経験者や普通免許しか保有していない人でも利用可能です。

加えて、取り扱い求人の対象エリアは地域によって件数の格差はあるものの、全国の求人を取り扱っています。

これらのことから、タクシードライバー転職をしたいと考えている人全般におすすめできる転職エージェントであるといえるでしょう。

ドライバーズワークに関するよくある質問

ドライバーズワークに関するよくある質問、

  • 未経験者でも利用できる?
  • 身元保証人がいなくても転職できる?

の2つについて解説します。

Q

未経験者でも利用できる?

A

タクシー業界未経験でも利用できます。

未経験者を歓迎している企業では研修制度が充実していることも多く、基本的なルールから学ぶことができます。

なかには、二種免許の取得支援をしていることもあるので、普通免許しか持っていない人でも問題ありません。

Q

身元保証人がいなくても転職できる?

A

タクシー会社では、就職するにあたり身元保証人が必要になる場合もあります。

しかし、必須としていない企業も数多く存在するため、アドバイザーに相談するところから始めてみると良いでしょう。

ドライバーズワークの公式サイトはこちら⇒

ドライバーズワークの運営会社情報

ドライバーズワークは、株式会社ミライユが運営するドライバー専門の転職エージェントです。

今回紹介した「ドライバーズワーク」以外に、トラックや警備に特化した転職エージェントもそれぞれ運営しています。

加えて、20〜30代向けの未経験若手人材にフォーカスした転職支援サービスも展開しています。

このように、ミライユは就業環境に恵まれない低所得の若手や高齢者の就職サポートを行っているので、悩みや不安を抱えている人にとって心強い味方となってくれるでしょう。

株式会社ミライユの会社概要

運営会社の株式会社ミライユの会社概要は次の通りです。

会社名

株式会社ミライユ

代表者名

岡田 侑也

所在地

東京都千代田区神田錦町3丁目13-7 名古路ビル本館1階

資本金

48,000,000円

事業内容

ドライバー専門の求人サイトおよび転職支援サービスの運営

警備員専門の求人サイトおよび転職支援サービスの運営

若手・第二新卒専門の転職支援サービスの運営

インターネットマーケティング支援

まとめ

ドライバーズワークは、タクシードライバーやハイヤー運転手に特化した転職エージェントです。

ドライバー経験者はもちろん、研修制度や二種免許取得支援制度が設けられている求人も多いことから、未経験者や普通免許しか持っていない人でも利用できます。

また、50~60代向けの求人もあるため、定年退職後に仕事を探している人にもおすすめできるといえるでしょう。

登録は無料なので、タクシードライバーへの転職に興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

ドライバーズワークの公式サイトはこちら⇒