メイテックネクストは、製造業エンジニア向け求人に特化した転職エージェントです。

ものづくりエンジニアに転職したいと検討している人のなかには、登録を検討している人もいることでしょう。

しかし、登録する際には「求人数はどれくらいあるの?」「質は大丈夫?」と不安や疑問を感じるものです。

そこでこの記事では、メイテックネクストの利用を検討している人に向けて、口コミ・評判や特徴について紹介していきます。

登録する際の事前チェックに、ぜひ役立ててください。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストの関する評判・口コミ

さまざまな商品やサービスに口コミがあるように、メイテックネクストにも多くの口コミが寄せられています。

ここではメイテックネクストに関する良い口コミ、悪い口コミそれぞれを紹介していきます。

メイテックネクストの関する悪い評判・口コミ

どのような優良サービスでも悪い口コミは一定数存在するものです。

メイテックネクストにも悪い口コミが寄せられていますので、実情と照らし合わせて確認をしていきましょう。

担当者と相性が悪く、イライラしました。

こちらの希望する条件ではない求人を紹介されたので、きちんと話を聞いてくれていないのでは?と感じてしまいました。

プロのアドバイザーでも人によって相性の向き不向きがあります。

アドバイザーと話をして、合わないと感じた際には担当変更の申し出や、他の転職エージェントとの併用を検討するのも良いでしょう。

希望する条件とマッチしない求人紹介については、自身の伝え方の見直しや、希望する条件に対してスキル不足である可能性もあります。

その際には、紹介理由についてアドバイザーに確認してみましょう。

登録したのに求人紹介をしてもらえず、お断りのメールだけ来ました。

転職エージェントなのにそんなことがあるのかとガッカリしました。

メイテックネクストは、製造業エンジニアに特化した転職エージェントです。

未経験者でも紹介してもらえるケースはありますが、基本的に経験者が対象となっています。

自身のキャリアやスキルとマッチせず、未経験から製造業エンジニアを目指したい場合には、未経験可の求人を豊富に取り扱っている総合型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

アドバイザーの知識が不足していて、こちらの経歴やスキルを正しく把握してもらえなかった。

何度も伝え直すのが面倒だった。

こちらは担当アドバイザーの知識が不足していたという口コミです。

メイテックネクストのアドバイザーのほとんどが技術系経験者ですが、人によってその知識には差があります。

しかし、技術系の職業では所属する企業や参画するプロジェクトに依存した用語や技術も数多く存在します。

アドバイザーとの面談の際には、共通の用語を使用しているかどうか、あらかじめ確認しておくとスムーズなやり取りができるでしょう。

メイテックネクストの関する良い評判・口コミ

前段では悪い口コミについて紹介をしてきましたが、一方で良い口コミも存在します。

登録を検討している人にとっては後押ししてくれる材料にもなるので、イメージをしながら確認していきましょう。

紹介される求人の質がとても高く満足した。

実際に転職してみて、職場環境も良いので長く働くことができそうです。

メイテックネクストは、製造業エンジニアに特化しているにもかかわらず、常時10,000件以上かつ非公開求人や独占求人を取り扱っています。

そのため、希望条件にマッチする求人や、他では見ることができない求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

製造業エンジニアでの転職を希望する人は、登録しておいて損はないといえるでしょう。

担当者の理解度が高く、安心して利用することができました。

業界ならではの「あるある話」も通じるので、つい話し過ぎることも。

おかげで希望する条件や経歴についての洗い出しがきれいにできたと感じています。

相性が合わないアドバイザーがいる一方で、技術系出身のアドバイザーが多いメイテックネクストでは、こちらの口コミのように経歴や希望する条件を正確に把握してくれる可能性が高いです。

また、業界出身であることから自身が考えつかないようなキャリアマップについても提案してもらえるので、視野が広がり易いことも魅力的です。

じっくりと話し込むことができて、満足する転職先を決めることができました。

応募を急かされることがなかったので、穏やかな気持ちで転職活動をすることができました。

一般的な転職エージェントでは、サポート期間が定められていることが多いものです。

しかし、メイテックネクストではサポート期間に期限がなく、じっくり話し込むことができます。

在職中に転職活動をする場合、なかなか時間を捻出することが難しいこともありますが、メイテックネクストでは急かされることなく、自分のペースで進めることができる転職エージェントであるといえるでしょう。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストに関するツイッターでの評判・口コミ

最後に、最も率直な意見が書かれてしまうツイッターでの評判や口コミも確認してみましょう。

メイテックネクストに関するツイッターでの評判・口コミ1

メイテックネクストに関するツイッターでの評判・口コミ2

メイテックネクストに関するツイッターでの評判・口コミ3

メイテックネクストに関するツイッターでの評判・口コミ4

メイテックネクストに関するツイッターでの評判・口コミ5

メイテックネクストに関するツイッターでの評判・口コミ6


メイテックネクストを使って転職した方は多く、ツイッターでさえも悪い評判は見つかりませんでした。

他の転職エージェントと比べても、良い書き込みが多いサービスとなっています。

安定度の高い転職支援サービスと言えますよね。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストのメリット・特徴4選

多くの転職エージェントが存在する昨今において、メイテックネクストを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、メイテックネクストの3つのメリットと特徴、

  • 非公開求人や独占求人を多数保有している
  • アドバイザーの理解力や質が高い
  • サポートが手厚く安心して利用できる
  • 製造業エンジニアに特化した高度な専門性

について紹介していきます。

メイテックネクストのメリット・特徴1.非公開求人や独占求人を多数保有している

メイテックネクストは、メイテックグループのつながりを活かし、他では見られない非公開求人や独占求人を数多く保有している特徴があります。

非公開求人は、インターネット上で確認することができない求人なので、競争率が低く、優良案件であることが多いです。

また、独占求人の取り扱いも多いことから、マニアックな求人に出会える可能性が高いことも魅力であるといえるでしょう。

メイテックネクストのメリット・特徴2.アドバイザーの質が高い

メイテックネクストのアドバイザーは、その半数以上が技術者出身という経歴を持っています。

そのため、経験者ならではの的確なアドバイスやサポートを受けることが可能です。

また、同じ技術者出身であることから、業界ならではの深い話をすることができるので、他の転職エージェントよりも理解を得られやすいという特徴があります。

このように的確に希望する条件やスキルを把握してもらえるので、満足のいく転職活動がしやすい環境であるといえるでしょう。

メイテックネクストのメリット・特徴3.サポートが手厚く安心して利用できる

転職エージェントの利用を検討している人のなかには、今回が初めての転職であるという人もいることでしょう。

転職活動には、履歴書のほかに職務経歴書といった提出書類を求められることがほとんどですが、転職経験のない人はその書き方に悩んでしまうものです。

メイテックネクストでは、アドバイザーが書き方の指導してくれるのはもちろん、独自の職務経歴書自動作成ツールも用意されています。

エンジニア専用のフォーマットなので、保有している技術をアピールしやすく、書類選考が通りやすくなるメリットがあります。

メイテックネクストのメリット・特徴4.製造業エンジニアに特化した高度な専門性

メイテックネクストの最大の特徴と言えるのが、エンジニアの中でも製造業に特化している点ですよね。

そのため多くの評判や口コミでもある通り、製造業特化の専門性は高く、製造業で経験を積んできた人たちでも納得の知識があるようです。

製造業エンジニアとしてキャリアアップを目指すと決めている方は、他の転職エージェントにする理由がないかもしれません。

それくらい特化型のメイテックネクストは、適した方にはおすすめできると言えるでしょう。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストのデメリット・注意点3選

製造業エンジニアに特化しており、豊富な非公開求人やアドバイザーの質が高いといった強みがあるメイテックネクストですが、その一方でデメリットも存在します。

今回は、メイテックネクストの3つのデメリットと特徴、

  • 登録時に紹介できないと断られることがある
  • アドバイザーの質にバラつきがある
  • 大手転職エージェントよりも求人数は少なめ

について紹介していきます。

メイテックネクストのデメリット・注意点1.登録時に紹介できないと断られることがある

メイテックネクストは、基本的にエンジニアとして活躍している人向けの転職エージェントなので、未経験者は登録時に紹介できないと断られることがあります。

未経験からの転職成功例もあるとされていますが、実務経験(未経験者)はなくとも、資格の保有や学校で勉強していた経験があることが前提です。

登録時は、自身の経歴を見直し、製造業エンジニアに活かせるものがあるか確認してから登録するようにしましょう。

メイテックネクストのデメリット・注意点2.アドバイザーの質にバラつきがある

質が高いと評判のメイテックネクストのアドバイザーですが、人によっては経験が浅く、知識量が不足していることがあります。

これはメイテックネクストに限った話ではなく、すべての転職エージェントに同じことがいえます。

担当のアドバイザーの知識や経験が不足しており、転職活動に支障が出ると感じた場合には、担当者の変更を申し出るようにすると良いでしょう。

メイテックネクストのデメリット・注意点3.大手転職エージェントよりも求人数は少なめ

公開求人・非公開求人合わせて常時10,000件以上の求人情報を取り扱っているメイテックネクストですが、大手転職エージェントと比較するとその数は少なめです。

より多くの求人情報のなかから転職先を探したいと考えている人は、他の転職エージェントとの併用することをおすすめします。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストをおすすめしたい人の特徴は製造業へ転職したい経験者!

ここまでも紹介してきたように、メイテックネクストは製造業エンジニアに特化しており、経験者向けの転職エージェントです。

現在、製造業エンジニアとして活躍している人が、キャリアアップするための転職活動に最適といえます。

また、メイテックネクストでは製造系企業のSEやインフラエンジニアなどの求人も取り扱っているので、これらエンジニア経験のある人が製造業へキャリアチェンジしたい場合にも活用できるといえるでしょう。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストをおすすめしない人の特徴は製造業未経験者!

メイテックネクストで取り扱っている求人の大半は経験者であることが前提となっています。

そのため、製造業未経験者が利用した場合、満足のいく求人紹介を得られない可能性が非常に高いです。

また、前段で製造業に関連するSEやインフラエンジニアの求人もあると紹介しましたが、製造業以外のエンジニア求人は少ないです。

ITエンジニアとしての転職を希望している人は、他の転職エージェントを利用した方が良いでしょう。

メイテックネクストの人事歴9年の評判は良い?エンジニアが非常に不足している日本では特におすすめ

筆者は東証一部上場のIT企業で9年間、人事を経験してきました。

人事のプロとしての観点からも、メイテックネクストについて分析いたします。

メイテックネクストで製造業エンジニア転職を成功させることは将来的に大きなプラス

メイテックネクストで製造業エンジニア転職を成功させることは、将来的に大きなプラスだと言えます。

調査によると日本のエンジニアは人口の0.86%となっており、109万人ほどしかエンジニアはいないようです。

これは人口比にして全世界の32位で、日本はエンジニアが圧倒的に少ない国となりますよね。

言い換えれば、これから日本ではエンジニアがさらに不足していくわけですから、高い給料を払ってでも企業は製造業エンジニアを採用していくことになるでしょう。

そのため今のうちから製造業エンジニア転職を成功させておくことで、将来的には今より貴重性が上がり、さらに大きなメリットを享受できる可能性が高いです。

このような視点からも、製造業エンジニア転職に特化しているメイテックネクストで今のうちにキャリアアップしておくことはとてもおすすめできます。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストの料金体系や解約・返金ポリシーについて解説

メイテックネクストに限らず、転職エージェントは人材を企業に紹介し、その企業から報酬を得て利益としているので求職者は無料で利用可能です。

無料でプロのアドバイザーに相談することができ、求人情報を探す手間も省けるので転職活動を効率よく進めることができます。

メイテックネクストに申し込みをする方法・流れを紹介

メイテックネクストの利用開始から内定確定までの流れは次の通りです。

  1. 利用登録
  2. アドバイザーとの面談
  3. 求人情報の紹介
  4. 企業へ応募・選考
  5. 内定獲得

公式サイトにて利用者情報の登録を行います。

その際、履歴書や簡単な経歴が必須項目となっていますが、こちらは登録の審査対象になるので、丁寧に記述するよう心掛けましょう。

無事審査に通過すると、申し込みから数日後に登録したメールアドレスもしくは電話番号に担当者から連絡が来ます。

そこで面談の日程調整を行うので、あらかじめ自身の予定を確認しておくと良いでしょう。

また、メイテックネクストの面談会場は東京・愛知・大阪・福岡の4箇所ですが、遠方や時間の確保が難しく来社できない場合には電話面談も可能です。

アドバイザーとの面談では職歴や実務経験はもちろん、「転職理由」「保有しているスキル」「勤務地や収入を含む希望する雇用条件」といった内容の確認が主に行われます。

事前にまとめておくと伝え漏れなくスムーズに進めることができるでしょう。

その後、面談で確認した内容をもとに求人を紹介されるので、希望するものがあれば選考への応募へと進みます。

履歴書や職務経歴書といった提出書類の作成をアドバイザーにサポートをしてもらいながら進めます。

また、併せて面接対策もしてもらうことができるので、自信を持って採用選考に臨みましょう。

無事に内定を獲得して転職活動は終了です。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨

メイテックネクストの運営会社情報

メイテックネクストは、東証一部上場企業である株式会社メイテックのグループ企業である株式会社メイテックネクストが運営しています。

親会社のメイテックは1974年に創業とその歴史は長く、人材派遣会社として初めて上場したことでも有名です。

メイテックは派遣先とのつながりが深く、その関係からメイテックネクストでは他では見ることができない非公開求人や独占求人を多く取り扱っています。

事業内容は、ここまでに紹介してきた製造業エンジニアの転職支援事業に加え、理系学生の就職活動を支援する「理系就活チャージ」も運営しています。

株式会社メイテックネクストの会社概要

運営会社である株式会社メイテックネクストの会社概要は以下の通りです。

会社名称 株式会社メイテックネクスト
代表者 河辺 真典
本社所在地 東京都台東区上野1-1-10 オリックス上野1丁目ビル7階
事業概要 エンジニア特化型の職業紹介事業

理系学生の就職支援事業および理系就活チャージ運営

資本金 3,000万円(資本準備金3,000万円)

まとめ

メイテックネクストは、製造業エンジニアに特化した転職エージェントです。

東証一部上場企業のメイテックグループなので、そのつながりを活かした他では見られない非公開求人や独占求人を数多く取り扱っています。

製造業エンジニアだけではなく、製造系企業のSEやインフラエンジニアなどの求人もあるので、製造業へキャリアチェンジしたい人は登録してみると良いでしょう。

登録は無料なので、製造業エンジニアへの転職を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

メイテックネクストの公式サイトはこちら⇨