「ルーティーン業務をもっと効率化したいけど、MICHIRURPAはおすすめ?」

「MICHIRURPAについて調べたけど、もっと詳しくメリットやデメリットが知りたい。」

上記のように、MICHIRURPAについて疑問を持っている企業は少なくありません。

では、MICHIRURPAとは、どういったサービスなのでしょうか?

MICHIRURPAは株式会社Desert Roseが開発した簡単なルーティーン業務をロボットが自動的に行うシステムです。

導入することでルーティーン業務の効率化が図れるため、人員の削減や労働時間の短縮などを行うことが出来ます。

ただし、導入するためには月額使用料など、導入する前に理解しておく必要がある知識も多いので注意が必要です。

そこで、この記事ではMICHIRURPAの特徴や注意点について解説していきます。

MICHIRURPAの公式サイトはこちら⇒

MICHIRURPAの評判・口コミは?実際に導入した企業の声を紹介!

MICHIRURPAの評判を実際の口コミをもとに紹介していきます。

口コミを確認して、信頼できるサービスなのか確認してください。

MICHIRURPAに関する悪い評判・口コミ

MICHIRURPAに関する悪い口コミを紹介します。

ルーティーン作業の効率化を図りたいと思いRPAの導入を検討していました。

どういったRPAが良いか検討していたときに「MICHIRURPA」を見つけて導入を検討することに。

値段も安価なうえトライアル版があり、良いサービスだとは感じていたのですが、議論する中でソフトバンクが提供しているRPAのほうが、利用料は高額だけど信頼性が高いと感じたため、ソフトバンクのRPAを導入することに決定しました。

もっと導入実績が増えてくると導入しやすいと思います。

このようにサービスを提供している会社の信頼性が大手企業と比較して乏しいため、導入を見送る意見が見られました。

MICHIRURPAに関する良い評判・口コミ

MICHIRURPAに関する良い口コミを紹介します。

営業が事務作業も行っており、営業活動以外にもデータ入力などに時間を取られてしまうことで残業過多になっている状況でした。

この状況を改善したいと思いMICHIRURPAの導入を決めたのです。

導入から運用までに必要な設定などをすべて行ってくれるため、非常にスムーズに導入できて非常に満足しています。

良い口コミには安価なことや、導入から運用までサポートしてくれる点がよかったという声が多くありました。

比較的、中小企業の方や個人事業主から人気があるシステムのようです。

MICHIRURPAの導入事例

MICHIRURPAの導入事例としてホームページに以下の5つの企業が紹介されています。

  • 宇城市役所
  • 福岡中央労務管理事務所
  • ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン
  • 株式会社ヤスヒラ
  • 熊本日日新聞

詳しい内容については以下のホームページに記載されているため、気になる方は確認してみてください。

MICHIRURPAの公式サイトはこちら⇒

MICHIRURPAの強み・メリット3選

MICHIRURPAのメリットは以下の3つです、

  • ランニングコストが安い
  • 体験版があるため導入しやすい
  • 導入から運用までの手間が掛からない

それぞれについて説明していきます。

MICHIRURPAの強み・メリット1.ランニングコストが安い

MICHIRURPAは月額使用料が7万円で、他のRPAよりもランニングコストが安いと言えます。

他社のRPAは月額使用料が10万円以上のものが多いためです。

例えば、ソフトバンクが提供している「SynchRoid(シンクロイド)」の基本的な機能を兼ね備えたベーシックプランの月額利用金額は「60万円」と非常に高額です。

比較すると、MICHIRURPAは他社と比較して月額使用料が大幅に安いため、小規模な会社でも導入しやすく、おすすめの「RPA」になります。

ただし、初回の導入には初期費用として月額使用料とは別に10万円掛かるため、注意が必要です。

MICHIRURPAの強み・メリット2.体験版があるため導入しやすい

MICHIRURPAは無料トライアル版があるため、使用感を確かめてから導入出来ます。

そのため、導入後に使いづらいので他社のRPAを導入すればよかったという事態を防ぐことが出来ます。

当然、トライアル版を使用して使用感や効果がなかった場合には、導入せずに他社のRPAに変更することが可能です。

このように、トライアル版があることで、「導入が失敗だった」という事態を、あらかじめ防げることは大きなメリットだと言えます。

なお、無料トライアル版の導入に関しては事前に問い合せが必要なため、気になる方は電話やホームページから問い合せるようにしてください。

MICHIRURPAの強み・メリット3.導入から運用までの手間が掛からない

MICHIRURPAは導入から運用まで「株式会社Desert Rose」が行ってくれるため、導入から運用までの手間が掛かりません。

つまり、導入を決めた企業はRPAを活用して行う業務を伝えるだけで、業務の自動化が可能です。

一方で、通常のRPAを導入する際は主に以下の4つの作業を行わなければなりません。

  1. 業務の選定
  2. 導入作業
  3. 業務ロボの作成
  4. 運用・保守

自社で運用する場合は上記の作業をすべて行う必要があるため、大きな手間がかかります。

このように、導入や運用の手間が掛からないことは大きなメリットです。

MICHIRURPAの公式サイトはこちら⇒

MICHIRURPAの注意点・デメリット2選

  • 情報漏洩の危険性がある
  • システムトラブルが発生すると業務が停止する可能性がある

それぞれについて説明していきます。

MICHIRURPAの注意点・デメリット1.情報漏洩の危険性がある

MICHIRURPAはネットワークに接続して使用するため、第三者による情報漏洩のリスクがあります。

特に複数のログインIDなどを登録する場合には、注意が必要です。

例えば、MICHIRURPAが行う定形業務でシステムログインなどに伴う業務が発生する場合には、RPAで作成したロボットにシステムログインに関するIDやパスワードを付与する必要があるため、不正アクセスがあると登録していたIDやパスワードがすべて漏洩する可能性があります。

こういった情報漏洩のリスクに関してはMICHIRURPAに限られたものではありませんが、セキュリティに不安がある場合には、MICHIRURPAを導入する前にセキュリティ体制を見直すようにしてください。

MICHIRURPAの注意点・デメリット2.システムトラブルが発生すると業務が停止する可能性がある

MICHIRURPAは単調な定形業務をすべてロボットに任せることになるため、不具合が発生すると、定形業務が行われなくなり業務が停止する可能性があります。

例えば、業務用のパソコンのOSをアップデートしたことによって、アップデートしたプログラムが原因でRPAツールが停止するなどのトラブルです。

このように、MICHIRURPAにトラブルが起きると、定形業務が停止してしまう恐れがあるため、対策としてのリカバリープランを作成しておくようにしてください。

MICHIRURPAの特徴・機能をわかりやすく解説!

MICHIRURPAとは、簡単なルーティーン業務をロボットが自動的に行うシステムです。

例えば、大量のデータをEXCELなどにまとめる作業や、全社員へメールを送る作業などが挙げられます。

こういったパソコンだけで完結するルーティーン業務についてタスクを作成することで、ロボットが業務を自動で行ってくれるので、業務の効率化を図ることが可能です。

そのため、ルーティーン業務に割り当てていた人員の削減や、残業時間を削減することが出来ます。

したがって、MICHIRURPAを導入することによって、労働環境の改善や人材不足の解消が可能です。

MICHIRURPAの公式サイトはこちら⇒

MICHIRURPAの料金プラン・支払い方法

MICHIRURPAの料金プランは以下になります。

内訳(税込) 合計(税込)
初回 初期費用:110,000円

ライセンス費用:55,000円

1作業分の作成込サポートパック:22,000円

187,000円
2ヶ月目以降 ライセンス費用:55,000円

1作業分の作成込サポートパック:22,000円

77,000円

出典:株式会社Desert Rose(https://desertrose.link/rpa.html

初めて導入する際は初期費用が10万円掛かりますが、その後は使用料の月額7万円のみになります。

MICHIRURPAを利用するまでの流れ

MICHIRURPAを利用するまでの流れは以下になります。

  1. MICHIRURPAで自動化する業務を選定する
  2. 業務内容のヒアリングを行い提案し自動化する業務内容を決定する
  3. MICHIRURPAを契約する
  4. 専任オペレーターが導入をサポートして導入する
  5. 専門スタッフが業務ロボを作成する
  6. タスク作成し実際に運用する
  7. 運用後もサポートを行う

上記のような手順で導入して運用を行います。

ちなみに、トライアル版を利用したい場合には、業務内容のヒアリングのときや問い合せの段階で無料のトライアル版について利用したいという希望を伝えるようにしてください。

MICHIRURPAの公式サイトはこちら⇒

MICHIRURPAは「ルーティーン業務に人手を割けない企業」におすすめ!

MICHIRURPAを導入することでルーティーン業務を自動で出来るため、ルーティーン業務に人手を割けない企業におすすめです。

ルーティーン化出来る業務には、主に以下の業務が挙げられます。

  • 請求書の作成といった経理業務
  • 大量のデータ管理が必要な総務や人事業務
  • 営業先の情報をまとめる必要がある営業事務
  • 大量のマーケティング情報を管理する必要があるマーケティング業務

上記のような業務に多くの人手が取られてしまって人手不足に陥っている場合や、人手が足りないことで残業が発生している場合には、MICHIRURPAを導入することで問題を解決出来ます。

MICHIRURPAに関するよくある質問

MICHIRURPAに関するよくある質問、

  • 専門知識がなくても運用出来ますか?
  • MICHIRURPAを導入したいのですが、体験版はありますか?
  • どういった業務が自動化出来るかなど詳しく確認出来ますか?

の3つをピックアップして紹介します。

専門知識がなくても運用出来ますか?

株式会社Desert Roseが運用をサポートしてくれるため、専門知識がなくても利用出来ます。

MICHIRURPAを導入したいのですが、体験版はありますか?

無料のトライアル版があります。

トライアル版についてはホームページから問い合せることで詳細な情報を確認出来ます。

どういった業務が自動化出来るかなど詳しく確認出来ますか?

無料相談を随時受付ているのとセミナーを開催しているので、そこで確認出来ます。

上記以外の質問や疑問がある場合は、以下の問い合せフォームから問い合せを行うようにしてください。

MICHIRURPAの公式サイトはこちら⇒

MICHIRURPAの運営会社情報

MICHIRURPAを開発、提供している株式会社Desert Roseは、RPA事業だけでなく動画作成やテレマーケティング事業などを行っている会社になります。

事業の中でもRPA事業に力を入れており、RPAシステムの導入実績も豊富な会社です。

このため、株式会社Desert Roseが開発したMICHIRURPAは信頼性のあるサービスと言えます。

株式会社Desert Roseの会社概要

株式会社Desert Roseの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社Desert Rose
設立日 2015年8月18日
資本金 1000万円
代表者名 牛木啓介・秋山允哉
本社住所 〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西11丁目1番地 コンチネンタルビル8階

まとめ

MICHIRURPAを導入することで定形業務の自動化が行えるため、業務の効率化が図れます。

しかも、他のRPAよりも安価に利用出来るため、予算をかけられない会社にも向いているRPAシステムです。

値段を抑えてRPAシステムを活用したいと考えている企業の方はMICHIRURPAの導入を検討してみてください。

MICHIRURPAの公式サイトはこちら⇒