今回HR Techガイドでインタビューをさせていただいたのは、リファラル採用を促進する「MyRefer(マイリファー)」を運営している株式会社MyRefer様です。

社員に友人などを紹介してもらうリファラル採用を日本で初めて提唱し、浸透させてきたサービスで、大手企業から中小企業まで700社以上に導入されています。

採用手法を変革したいとお考えの方に、ぜひチェックしていただきたいインタビューです。

リファラル採用を身近にする「MyRefer」の公式サイトはこちら⇒

目次
  1. 株式会社MyRefer様へのインタビュー内容を紹介します
    1. Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず、MyReferの概要について、簡単に教えていただけますでしょうか?」
    2. Q2.「次にMyReferをスタートしたきっかけ・経緯を教えていただけますか?」
    3. Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。競合サービスと比較した際の、MyReferの強み・優位性を教えてください。」
    4. Q4.「国内初のリファラル採用サービスとしています。リファラル自体は普及していますが、特にどのような点が国内初なのでしょうか?」
    5. Q5.「大手や外資を含めてとても多くの企業が導入しています。中でも好評の機能やサービスがあればぜひ教えてください。」
    6. Q6.「リファラル採用が初めての企業は多いです。初めてでも使いやすいでしょうか?インターフェースも合わせて使いやすさを教えてください。」
    7. Q7.「従業員がラクに楽しく紹介できるとしています。リファラル採用の魅力やMyReferで実施するメリットを教えてください。」
    8. Q8.「株式会社MyReferとしての、将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」
    9. Q9.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」
    10. 株式会社MyReferの会社情報
  2. 最後に

株式会社MyRefer様へのインタビュー内容を紹介します

それでは早速、「株式会社MyRefer様」へのインタビュー内容を紹介していきましょう。

Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず、MyReferの概要について、簡単に教えていただけますでしょうか?」

MyReferは、企業のリファラル採用を促進するクラウドサービスです。

企業と従業員、将来の採用候補者をつなげ、つながりから本来巡り合えなかったマッチング率の高い採用と企業エンゲージメントの向上を支援します。

MyRefer上では、自社の求人や自社の採用ニュースを配信し、従業員の自社のリファラル採用の興味関心度を可視化しながら、効果的に紹介を促す告知を行うことが可能です。

従業員はメールや紙などの推薦状ではなく、LINE・Facebook・Twitterなどのソーシャルネットワークを活用して、気軽に友人に自社を紹介することができます。

友人は紹介限定求人から応募したり、企業に興味を示したりすることができるため、従来の転職サイトでの求職活動とは異なり、リアルな情報をカジュアルに得て選考に臨めます。

Q2.「次にMyReferをスタートしたきっかけ・経緯を教えていただけますか?」

「世の中に新たなインフラを生み出す起業家になりたい」という想いから、新卒にて大手人材会社のインテリジェンス(現パーソルキャリア)に入社しました。

さまざまな企業の中途採用を支援する中で、今の日本の採用・転職市場は、本当の意味での最適なマッチングが生まれておらず、多くの企業は大事な採用戦略や人材選定をエージェント任せにしてしまっているケースが多数見受けられ、持続可能性がないことに課題認識を持ちました。

そこから、人と人とのつながりを活かした転職・採用の意義を感じ、そのインフラを創ろうと考えたことがサービスを立ち上げたきっかけです。

インテリジェンスの新規事業を創るベンチャー制度にて、1億円の社内出資のもと、2015年にMyReferを創業しました。

MyReferは「リファラル採用」という新しい採用の概念を提唱してサービス開発してまいりましたが、より大きなスケールで世の中にインパクトを残したいという想いから、2018年にMBOにより完全独立し、「つながりで日本のはたらくをアップデートする」をビジョンに掲げ、株式会社MyReferを設立しました。

Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。競合サービスと比較した際の、MyReferの強み・優位性を教えてください。」

  • PDCAを回すために不可欠な定量・定性のデータの収集、分析が可能

MyReferは、従業員・友人一人ひとりにアカウントを発行するため、誰が・いつ・どのような紹介行動をしているかなど詳細な活動データを収集、分析できます。

また、定量だけではなく、「従業員がどこをおすすめしたか」などのエンゲージメントにつながる定性なデータも取ることが可能です。

  • 従業員エンゲージメントを向上させ、社内外のファンを創造

MyReferは、従業員をファンにするマーケティング機能が特長で、社内のファンを特定するファンスコア機能をもとに、社内ニュースを通じて自社にファンを増やすことができます。

また、業界初の従業員エンゲージメントデータ蓄積機能を実装しました。

従業員が友人に「自社をどのようにおすすめしたのか」というデータが自動的に蓄積され、現場従業員のリアルな声を収集することで、人事や経営者が想定していなかった自社の魅力に気づくことができ、職種や年齢、性別、エリアなど採用ターゲットに合わせて自社のブランディング方法を考えるためのデータが手に入ります。

  • 一過性ではなく、持続可能なリファラル採用の仕組みを構築できる

求人を紹介された友人は、応募だけでなく企業に興味の意向を示すこともできます。

そのため、現在は転職を考えていなくても「機会があれば応募したい」という意向を企業に伝え、企業はその人たちをタレントプールとしてためていくことが可能です。

Q4.「国内初のリファラル採用サービスとしています。リファラル自体は普及していますが、特にどのような点が国内初なのでしょうか?」

当社は2015年に日本で初めてリファラル採用を提唱し、リファラル採用活性化サービス「MyRefer」をリリースいたしました。

諸外国と比較して、日本は人事が従業員を巻き込んで採用活動をするという文化がないため、海外のサービスを日本に持ってきたとしても、リファラル採用の促進はできません。

そのため、日本の文化に合わせて、リファラル採用をいかに浸透させるかということにこだわってまいりました。

サービス開始当初の2015年には、日本においてリファラル採用を実施している企業は10%もありませんでしたが、我々が日本初のMyReferというサービスとコンサルティングを通じてリファラル採用の市場を啓蒙することで、2021年現在は63%の企業がリファラル採用を実施するまでに広まっています。

Q5.「大手や外資を含めてとても多くの企業が導入しています。中でも好評の機能やサービスがあればぜひ教えてください。」

大手企業から外資、中小、べンチャー企業まで、業界規模問わず幅広くご利用いただいております。

大手企業では、従業員が負荷なく楽しく自社を友人におすすめすることができる機能やリファラル採用の制度設計から浸透までトータルでサポートさせていただくコンサルティングサービスが好評です。

また、多くの従業員を巻き込む中では、従業員ごとの活動状況を可視化しながらセグメント配信することでそれぞれの従業員のエンゲージメントに合わせた最適なコミュニケーション設計ができることが紹介促進につながっています。

リファラル採用が盛んな外資企業では、自社に推薦したい友人との会食について、会食費の申請から承認・会食報告までMyRefer上で完結できる会食機能が好評です。

ベンチャー企業では、将来的な候補者も含めてタレントプールを構築できる点が持続可能にリファラル採用を促進できると評価いただいております。

サービス業界など人事と現場の距離が離れている企業では、社内コミュニケーションツールとして自社の採用情報やニュースを流せる社内ニュース機能を活用いただき、従業員のエンゲージメント向上に寄与しています。

コロナ禍で直接の会食が難しい状況に対して、「オンラインリファラル会食プラン」も提供を開始しました。

テレワークにおける従業員の帰属意識の低下を防止し、社内外のコミュニケーション機会の創出を支援しております。 

Q6.「リファラル採用が初めての企業は多いです。初めてでも使いやすいでしょうか?インターフェースも合わせて使いやすさを教えてください。」

MyReferは最も簡単にリファラル採用を導入し、活性化し続けるSaaSサービスです。

2015年サービス開始当初からクラウドサービスの提供だけでなく、リファラル採用の導入にあたっての制度設計サポートや社内への浸透施策のコンサルティングも伴走し、700社を超える企業のリファラル採用の仕組み構築をお手伝いさせていただきました。

機能においては、アナログでは手間のかかる社内への求人配信活動および分析・レポーティング、キャンペーンプログラム設計などを負荷なくすべてMyRefer上で完結するように設計しております。 

インターフェースにおいては、人事側は「いかに配信したくなるか」、従業員は「いかに紹介したくなるか」、候補者は「いかに応募したくなるか」を徹底的に意識して設計しました。

人事においては、求人や社内ニュースを配信したいと思えるゲーミフィケーション性を取り入れ、紹介数だけでなく、「いいね」などの反響も数値化し、ダッシュボードで可視化しています。

従業員においては、ラクに紹介できるだけはなくて、楽しく紹介できる動機づけの要素もこだわりました。

おすすめしたくなるようなストーリーが入った求人情報に加えて、ランキングやスコア制度を取り入れています。

候補者においては、プレミア感のある求人フォーマットで閲覧でき、従業員の生の声を可視化し、不安を拭えるようなリアルな情報をまとめています。

Q7.「従業員がラクに楽しく紹介できるとしています。リファラル採用の魅力やMyReferで実施するメリットを教えてください。」

リファラル採用のメリットは、人材のマッチングとエンゲージメント向上、採用コストの削減、転職潜在層にアプローチできることなどが挙げられます。

一方、このようにメリットの多いリファラル採用ですが、「空きポストや採用要件など、採用情報が浸透しない」「従業員を継続的に動機づけできない」など、リファラル採用が促進できない課題にぶつかる企業も少なくありません。

このようなアナログでは解決できない課題をテクノロジーで解決しようというサービスが、MyReferです。

Q8.「株式会社MyReferとしての、将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」

MyReferサービスとしては、人事がより告知したくなり、従業員がより紹介したくなり、候補者がより応募したくなるプロダクトへアップデートを続けます。

さらに、リファラル採用から入った当社の強みを活かして、採用戦略策定-ブランディング-母集団形成-選考というファネルにおいて、採用マーケティングを用いて本質的なマッチングを一気通貫で支援する「タレントアクイジション支援事業」と、おすすめしたい文化作りをするための従来とは一線を画した「組織エンゲージメント支援事業」を展開します。

日本のHR市場を次世代に導くため、採用とエンゲージメントを結びつける採用マーケティングプラットフォームとして進化を続け、「つながりで日本のはたらくをアップデートする」ことを実現してまいります。

Q9.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

労働人口の減少、新型コロナウイルスの到来など、採用環境はここ数年間で大きな変革期を迎えました。

優秀な人材を獲得することが非常に難しくなっていますが、数年後・数十年後は一人の優秀なタレントを獲得する難易度がさらに高くなることが予測されます。

そんな中、これまでの採用市場においては、求人広告や人材紹介などの「待ち型採用」から、ダイレクトリクルーティングなどの自分たちで候補者にアプローチをする「攻め型採用」に変化してきました。

近年はさらに戦略的な採用マーケティングとして、従業員を動機づけし、そのつながりから転職潜在層にアプローチするリファラル採用が着目されつつあります。

我々MyReferは、今後もHRの未来に変革を起こし、すべての企業や個人がより本質的にマッチングができる世界観を実現すべく、サービスを展開してまいります。

従来の採用手法から変革して、より戦略的に優秀な人材を採用したい企業様は、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

株式会社MyReferの会社情報

会社名株式会社MyRefer
所在地東京都新宿区神楽坂4-8 神楽坂プラザビルG階
代表取締役社長鈴木貴史
公式サイトURLhttps://myrefer.co.jp/

最後に

今回は、「MyRefer」を提供している株式会社MyRefer様のインタビュー記事を紹介しました。

人事だけで完結せず、従業員を巻き込んでエンゲージメントまで高めるリファラル採用には、大きな可能性を感じますね。

今後もリファラル採用のリーディングカンパニーとして、日本のはたらくをアップデートし続けてくれることでしょう。

今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ下記のリンクからMyReferの公式サイトをチェックしてみてください。

MyReferの公式サイトはこちら⇒

株式会社MyRefer様、今回はお忙しい中インタビューをお受けいただき、ありがとうございました!