パートとして働いていると「すぐに辞めたい」と思うこともあるでしょう。

「パートをすぐに辞めたい」という思いが心にある場合、パートが精神的に大きな負担となっているケースがほとんどです。

パートをすぐに辞めることは悪いことではありませんので、問題が難化する前に退職を決めてしまうことも解決策の一つです。

本記事では、多くの人たちがパートをすぐにでも辞めたいと感じる理由を紹介したうえで、パートをすぐに辞められるかどうかについても解説していきます。

あわせて、パートを辞める時のコツ、パートを辞めた人の口コミなども紹介します。

編集部イチオシの退職代行2選!

弁護士法人みやび・・・退職+それ以外の未払い費用の請求もサポートして欲しい人におすすめ。

弁護士資格を保有しているため、通常の退職代行に加えて、「有給取得」や「未払い給与への対応」、「退職金の請求」の交渉まで依頼できる。

退職代行は55,000円(税込)で依頼でき、それ以外の交渉などは回収した金額の20%の費用で依頼可能。

退職代行Jobs・・・とにかく早く&弁護士よりも安価に辞めたい人におすすめ。

労働組合(合同労働組合ユニオンジャパン)と提携している退職代行。

24時間対応だから即日退職可能で現金後払いもOK。有給休暇の申請も無料でサポート。

退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)で依頼できる。

パートをすぐに辞めたいと思う5つの理由

パートをすぐに辞めたいと思う理由は人によってそれぞれ異なります。

何が原因となって「パートをすぐに辞めたい」と思う人が多いのでしょうか。

パートをすぐに辞めたいと思う5つの理由として、

  • 思っていた仕事内容と違った
  • 職場の雰囲気が合わない
  • 職場環境が悪い
  • 人間関係が悪い
  • パワハラが横行している

を挙げられます。

以下、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

思っていた仕事内容と違った

応募時や面接時に仕事内容を確認していたとしても、実際に働いてみると思っていた仕事内容と違ったということはよくあります。

仕事をしていると人員不足などから想定外の仕事を頼まれることも少なくありません。

担当外の仕事にもフレキシブルに対応する必要があるものの、自分にとって許容範囲などもあるでしょう。

自分の想定外の仕事を多く頼まれ、かつ好まない仕事内容であれば「すぐに辞めたい」と思っても仕方ありません。

職場の雰囲気が合わない

実際に働いてみない限り職場の雰囲気は分かりません。

何日か働いてみると、「気が合う人がいない」「職場の雰囲気が自分と違う」と感じることは多いです。

雰囲気の合わない職場で長く働くには忍耐力が必要になります。

職場環境が悪い

職場環境の良し悪しも働いてみなければ分からないことが多いです。

職場環境には人間関係、室温、音、清潔さなど様々なものが含まれます。

職場環境が悪いと疲弊してしまうだけでなく、心身を壊す可能性もあるため、すぐにでも退職した方がよいでしょう。

人間関係が悪い

従業員同士の関係が悪い職場はストレスになります。

人間関係の悪い職場では陰口の叩き合いが行われることも珍しくありません。

また、人間関係の悪い職場において仕事や責任の押し付け合いが行われることもあります。

パワハラが横行している

上司が怖い、上司に理不尽な要求をされる職場は危険です。

パワハラを受けている本人が感じる苦痛は加害者が思う以上に大きいため裁判になる場合もあります。

パワハラが横行している職場であれば、すぐに辞める方がよいでしょう。

パート先に相談!合意が得られれば辞められる

「パートをすぐに辞めたい」と思ったら、パート先にまずは相談しましょう。

雇用主から合意を得られた場合、すぐに退職できることも稀にあります。

法律では「意思表示後2週間」で退職が認められる

期間の定められていない雇用の場合、法律では意思表示から2週間後に退職が認められます。

民法第627条には以下の通り記されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

雇用主には従業員の意思表示から2週間後の退職を拒否する権利はありません。

人手不足などを理由に引き留められても退職することができます。

「やむを得ない事情」がある場合は即日退職も可能

2週間後の退職では間に合わず、すぐに退職をしなければならないこともあるでしょう。

「やむを得ない事情」がある場合に限って即日退職も認められます。

民法628条には以下の通り記されています。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

「やむを得ない事情」とは引っ越し、体調不良、育児・介護などを指すことが一般的です。

パート先で嫌がらせを受けるなど辛い目に遭い、「明日のシフトに入れる精神状態じゃない。すぐに辞めたい」というケースも「やむを得ない事情」に該当するケースがあります。

すぐにパートを辞めたい場合の3つのポイント

パートをすぐに辞められるかどうかは職場の状況にもよりますが、退職の意思をどう表明するかもすぐに辞める上で鍵となります。

退職を伝える際の3つのポイントとして、

  • 退職を伝えるならできるだけ早く
  • 相手が納得しやすい退職理由を言う
  • 引継ぎをする

を挙げられます。

以下、退職を伝える際の3つのポイントを見ていきましょう。

退職を伝えるならできるだけ早く

パートを辞めることを決めたらできるだけ早く伝えましょう。

退職の意思があることを早く伝えた方が退職にあたっての手続き・引継ぎなどをスムーズにすすめられます。

相手が納得しやすい退職理由を言う

パートを辞める際の理由は、退職理由にもよりますが正直に言うべきか悩むものです。

パートをはじめたばかりで業務にミスマッチを感じてすぐに辞めたい場合は正直に伝えても良いでしょう。

長年勤めている場合は、会社が納得できるような理由を伝えることがおすすめです。

家庭の事情、自身の体調不良などは誰もが納得しやすい理由でしょう。

引継ぎをする

パートをすぐに辞めたい方には引継ぎをしっかり行うことを特におすすめします。

あなたの仕事を代わりにやってくれる人がいれば、雇用主も退職を安心して認めることができます。

退職が認められない場合は退職代行サービスの利用も一つの手段

「2週間前に意思表示を行った」、あるいは「やむを得ない事情がある」にも関わらず、退職を認めてもらえないケースも稀にあります。

人手不足の職場などでは、「新しい人が入るまで働いて欲しい」と強引に引き留められることも珍しくないです。

退職の意思表示をきちんとしたにもかかわらず、退職が認められない場合は退職代行の利用も一つの選択肢です。

パートを即日辞めても給与はもらえる?

パートを即日辞めた場合も働いた分の給与はしっかりともらえます。

給与は労働の対価ですので、給与の支払いにおいて退職の時期は関係ありません。

パートをすぐに辞めた人の口コミ

「パートをすぐ辞めたい」と思っている人の中には、パートをすぐ辞めた人の感想を聞いてみたいという方も少なくないでしょう。

ここでは、パートをすぐ辞めた人の良い口コミと悪い口コミを紹介していきます。

良い口コミ

まず、良い口コミからご紹介します。

利用者

食器洗いのパートをしていました。

想像以上に肉体労働であり、かつ休憩もありませんでした。

労働環境の悪い職場だったので、はじめたばかりでしたがすぐ辞めました。

すぐに辞めたことは当然だと思っています。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをご紹介します。

利用者

パート先の新しい店長と気が合わなかったので、新しい店長になってすぐに辞めました。

長年勤めていましたが、新しく入った店長の言葉遣いが悪く、抑圧的な態度も気になりました。

パートを辞めて新しい仕事を探していますが見つからず、もう少し続ければよかったかもと思っています。

まとめ

パートとして働いていて「すぐ辞めたい」と思うことは誰にでもあり得ることです。

無理をして働いていても心身ともに疲れてしまいますので、問題改善の見込みがない場合は退職に向けて早めに行動を起こすことをおすすめします。

すぐに退職できるかどうかは雇用先によるためなんとも言えない部分もあります。

法的には「意思表示から2週間後」、及び「やむを得ない事情がある場合」となっていますが、雇用主の同意がとれれば即日退職も可能です。