現在の職場を退職したり転職を考えたりする際、退職代行サービスが頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。 

数ある退職代行の中でも、地域密着型で行政書士が対応してくれると話題の退職代行サービスがretry-リトライ-です。

今回の記事では、20社以上の退職代行サービスについて調査・執筆してきた編集部の目線で、retry-リトライ-について解説していきます。   

retry-リトライ-の口コミや特徴から、retry-リトライ-の利用が自分に向いているかどうかの参考にしてください。 

retry-リトライ-の評判と口コミまとめ 

retry-リトライ-の利用者の口コミから、その評判について調べました。 

利用者の評判を参考に、退職代行サービスの選定に役立ててください。 

retry-リトライ-の良い評判と口コミ 

retry-リトライ-の良い口コミには、以下のものがありました。 

利用者

行政書士がやってるretry-リトライ-という退職代行で会社辞めました! 

退職代行を使うのは初めてだったけど、LINEで質問したらすぐ返事くれて信頼できると思ったので、依頼しました。 

無事退職まで進んだので感謝しかありません。

利用者

退職代行のretry-リトライ-に朝LINEで連絡して午後に退職の電話入れてもらった。 

課長にずっと引き留められてたのにすんなり退職の許可が出たらしい。 

もっと早く頼めばよかった。

利用者

夜勤のため上司と会う機会がほとんどなく、辞めたいと言えてませんでしたが、お願いした通り朝一で電話してくれて退職できることになりました。 

行政書士さんが対応してくださったので、法律違反の心配もなくて安心しました。

retry-リトライ-の良い口コミとしては、対応が素早いこと、行政書士が対応するため法律違反となるリスクの心配をしなくていい点が挙げられています。 

退職代行を利用する際、今の仕事をすぐに辞めてしまいたいというケースが多いため、レスポンスの早さは重要です。 

また、行政書士からの退職連絡であれば、電話の受け手側がスムーズに退職を受け入れる可能性も高まるでしょう。 

retry-リトライ-の悪い評判と口コミ 

retry-リトライ-の悪い口コミや評判について確認したところ、一件も見つかりませんでした。 

こちらは見つかり次第、追記していきます。 

retry-リトライ-の公式サイトはこちら⇨

retry-リトライ-のメリットと特徴3 

retry-リトライ-の特徴である、 

  • 行政書士事務所が運営している 
  • 地域密着型退職代行サービスである 
  • 良心的な価格設定 

3点について、それぞれ紹介していきます。 

retry-リトライ-のメリット・特徴1.行政書士事務所が運営している 

retry-リトライ-は行政書士事務所が運営する退職代行サービスです。 

行政書士は行政へ提出する書類の作成や相続問題の解決などを中心とする仕事をしています。 

弁護士と違い、退職金などの交渉には対応できませんが、行政書士は法律系の国家資格を持つため、法律に基づいた判断や対応が可能です。 

法律の専門家に相談ができるため、自分の希望通り、確実に退職を成功させたい方におすすめです。 

retry-リトライ-のメリット・特徴2.地域密着型退職代行サービスである 

retry-リトライ-の運営会社は兵庫県高砂市に拠点を置き、播磨地区と呼ばれる周辺エリアに地域密着で営業活動を行っています。 

希望者には自宅やその他の場所での対面相談も引き受けているため、地元に根差した業者に依頼したい方や、エリア独自の文化などを理解してほしい方に向いているでしょう。 

LINEや電話だけで退職代行を依頼することに抵抗がある方も多くいるのではないでしょうか。

兵庫県にお住まいの方は、実際に会って退職の相談ができるので安心できますよね。

retry-リトライ-のメリット・特徴3.良心的な価格設定  

retry-リトライ-は行政書士が対応する退職代行サービスにもかかわらず、他社サービスと同程度の価格でサービスが提供されています。 

アルバイト・パート  正社員・派遣社員・契約社員 
22,000円(税込)  33,000円(税込) 

弁護士のように交渉事や訴訟などを行うことはできませんが、法律知識をもとに対応できる行政書士運営の退職代行サービスとしては安価といえます。 

一般企業が運営する退職代行サービスでは不安だけど、弁護士に依頼するほどの問題を抱えていない方にもおすすめです。 

retry-リトライ-の公式サイトはこちら⇨

retry-リトライ-のデメリットや注意点2 

retry-リトライ-を利用する際の注意点には以下の2点があります。 

retry-リトライ-を使うデメリット・注意点1.電話相談は営業時間内のみ 

retry-リトライ-は行政書士事務所が運営している退職代行サービスです。 

そのため、電話相談のできる時間帯が事務所の営業時間内である9:00~17:30までとなっています。 

営業時間外に退職の相談をしたい場合は、LINEアカウントから連絡をするか、公式ホームページ内のお問い合わせ欄に自身の情報を入力しましょう。 

retry-リトライ-を使うデメリット・注意点2.退職先への備品返却代行は有料 

retry-リトライ-では、依頼者に代わって職場からの貸与物の返却を行う場合、代行費用5,000円~が発生します。  

退職代行を実行する前に返却物を職場に置いて帰るか、自分自身で郵送し返却をすれば料金はかかりません。

備品返却代行は、他の退職代行業者は基本的に実施していないので、珍しいサービスと言えます。

しかし、どうしても自分で返却することが難しいといった場合には、retry-リトライ-の備品返却代行も検討してみてくださいね。

retry-リトライ-が向いている人の特徴は「兵庫県の播磨地区にお住まいの方」 

retry-リトライ-の運営会社は兵庫県高砂市に拠点を置き、播磨地区(姫路市、高砂市、加古川市、播磨町、稲美町、加西市、小野市、太子町、たつの市、三木市エリア)に根差した営業活動を行っています。 

上記エリア内にお住まいの方の場合は、LINEや電話だけでなく、直接会って退職代行の相談をすることもできます。 

地域性や地元企業について熟知したスタッフに退職の相談をしたい方におすすめです。 

直接会って相談しなくても、LINEや電話での依頼で構わないのであれば、全国からの依頼に対応しています。

retry-リトライ-の公式サイトはこちら⇨

retry-リトライ-が向いていない人の特徴は「即日退職にこだわりのある方」 

retry-リトライ-の公式ホームページによると、依頼者の勤務先の営業時間内に退職代行の相談を受けた場合にのみ、即日退職に対応してもらえます。 

よって、夕方など就業時間後に相談した場合は、最短で翌日の退職となります。 

一刻も早く退職してしまいたい方は、時間帯に関わらず退職代行を実行してくれる業者に依頼しましょう。 

retry-リトライ-の利用料金プラン、返金保証などを解説 

retry-リトライ-の利用料金は以下の通りとなっています。 

アルバイト・パート  正社員・派遣社員・契約社員 
22,000円(税込)  33,000円(税込) 

retry-リトライ-の利用料金はアルバイト・パートの場合22,000円(税込)、正社員・派遣社員・契約社員の場合33,000円(税込)です。 

追加料金は一切ないので、退職代行費用以外にお金を請求される心配は必要ありません。

また、返金保証についてですが、万が一退職に失敗した場合、支払った費用が全額返金されます。 

公式ホームページによると、これまでに退職に失敗した事例はないため、安心して依頼できるでしょう。 

retry-リトライ-の公式サイトはこちら⇨

retry-リトライ-で実際に退職するまでの流れを紹介 

retry-リトライ-に退職代行を依頼する場合の流れは以下の通りです。 

  1. retry-リトライ-のホームページよりLINEアカウントを追加 または 電話・問い合わせフォームから連絡 
  2. LINE、電話、対面(兵庫県播磨エリアのみ)のいずれかにて退職日程の相談、その他不明点などの確認 
  3. 利用料金を指定の口座へ銀行振込 
  4. retry-リトライ-の運営者が希望日時に勤務先へ連絡 
  5. 必要に応じて勤務先へ書類や貸与物を返送(返却代行は別途料金が必要) 
  6. 退職完了 

retry-リトライ-を利用する際の事前相談はLINEまたは電話、対面にて行います。 

その際に退職代行を利用するにあたっての不明点や有給休暇消化についてなど、気になる点をすべて確認しておきましょう。 

銀行振込での支払いが確認された後に、指定した日時にretry-リトライ-の運営スタッフが勤務先へ退職の電話をかけます。 

職場への退職書類送付や制服の返却作業を自身で行いたくない場合は、retry-リトライ-のスタッフに有料で代行してもらうことも可能です。 

相談から退職完了までのやりとりをLINEで完結させられ、希望者には返却作業の代行も受け付けています。

職場の上司と一切顔を合わせたくない、退職先のことを考えずに生活したいという場合におすすめです。 

retry-リトライ-のよくある質問

retry-リトライ-のよくある質問を紹介するので参考にしてみてくださいね。

依頼前に不安を解消しておくことで、後からトラブルになるリスクを抑えられます。

兵庫県に住んでいなくても依頼できる?

retry-リトライ-は兵庫県だけではなく、全国対応可能としている退職代行サービスです。

兵庫県・播磨エリアであれば直接会って相談することができます。

LINEや電話で依頼をすれば、全国対応可能となっています。

営業時間外でも対応してもらえる?

retry-リトライ-の営業時間内は、9:00〜17:30までです。

しかし、営業時間内に都合がつかない場合はあらかじめ相談することで時間外でも対応してもらえます。

営業時間外の対応を希望する方は、期日に余裕を持って相談しましょう。

retry-リトライ-の公式サイトはこちら⇨

retry-リトライ-の運営会社情報 

退職代行サービスretry-リトライ-の運営者の情報は以下の通りです。 

運営者  行政書士 翔(かける)事務所 
事務所所在地  兵庫県高砂市曽根町2773-13 
設立年  2018年 
代表  行政書士 藤井宏行 
問い合わせ先  079-439-6250 

退職代行サービスのretry-リトライ-は兵庫県高砂市に事務所を構える行政書士翔(かける)事務所が運営しています。 

retry-リトライ-の公式サイトはこちら⇨

まとめ 

retry-リトライ-は迅速な対応や適法な範囲で退職代行を実施してくれる点が高評価の退職代行サービスです。 

retry-リトライ-の特徴としては、地域密着型で兵庫県に根差した行政書士事務所が運営する退職代行サービスであることが挙げられます。 

一方でretry-リトライ-のデメリットは、電話相談が運営事務所の営業時間内のみであること、貸与物の返却を代行してもらう場合は別途費用が必要な点です。 

retry-リトライ-は兵庫県播磨地区に拠点を置く退職代行業者であり、必要に応じて対面での相談も受けているため、該当エリアにお住まいの方に特におすすめです。 

退職代行サービスの利用にあたっては、各社の違いを理解のうえ、自分に合ったサービスが見つかるまでしっかりと比較検討しましょう。 

retry-リトライ-の公式サイトはこちら⇨