専門性の高さからスキルや実績が評価されるITエンジニアですが、昨今では人材不足で「できる人を採用する」時代から「採用してから育てる」時代へと変化してきたため、未経験者からでも転職できる企業が増えてきています。

しかし、このような「未経験者OK」の求人のなかには研修制度がなく、いきなり現場で仕事を覚えなければならない企業も少なくありません。

こうした状況を回避すべく、ITエンジニア転職の前にプログラミングスクールでスキルを習得してから転職したいと考えている人もいることでしょう。

この記事では、数あるプログラミングスクールの中から「CodeCampGATE」を紹介していきます。

実際の口コミや評判から実態について解説していくので、申し込みを検討している人はぜひ参考にしてください。

CodeCampGATEの公式サイトはこちら⇨

CodeCampGATEの関する評判・口コミ

これから受講を検討する際「本当に4ヵ月でエンジニアになれるの?」「エンジニア転職できるの?」と不安に感じている人もいることでしょう。

ここではCodeCampGATEに寄せられている良い口コミ、悪い口コミを紹介していき、それら不安を払拭していきます。

CodeCampGATEに関する悪い評判・口コミ

CodeCampGATEに寄せられている悪い口コミには次のようなものがあります。

仕事を続けながら学習するのは大変だった。

どんなに忙しくても勉強する時間を確保しなければならず、ストレスに感じることもあった。

CodeCampGATEに限らず、仕事をしながら学習をするのは労力を要します。

加えて、CodeCampGATEではチーム開発を行うので、同期に合わせなければならないこともありストレスを感じている人もいるようです。

仕事をしながら受講する際には、繁忙期を避けるといった工夫が必要であるといえるでしょう。

質問が予約制なので即回答を得られないことが多々ある。

ちょっとした質問を気軽にできる環境があれば良かった。

その際、講師に質問をして教えてもらえるのがプログラミングスクールを利用するメリットでもありますが、CodeCampGATEでは質問が予約制であるため即回答を得られない場合があります。学習を進めていくうえで、疑問や不明点は必ず出てくるものです。

簡単な質問については、自身で調べて学習を進めたり、分からないところをまとめて質問したりするなど、工夫をするようにすると良いでしょう。

自身で調べて回答を見付けることは、エンジニアとしての自走力を身に付けることにもつながります。

受講料が高い。

手に職を付けて収入アップを目指したいのに、先立つものがなくて苦しい。

4ヵ月の学習カリキュラムなので月10万円と考えると決して高い金額ではないという意見も見受けられるので、こちらについては賛否両論のようです。料金の詳細についてはこの記事で後述しますが、CodeCampGATEの料金はトータルで約45万円かかります。

支払いについては分割払いも可能で、ログイン後の申し込み画面ではシミュレーションもできるので、こういった機能も活用しながら検討をすると良いでしょう。

CodeCampGATEに関する良い評判・口コミ

悪い口コミがある一方で、良い口コミも多数寄せられています。

CodeCampGATEの良い口コミには次のようなものがあります。

単に知識を詰め込むだけではなく、実践的な開発を経験することができて良かった。

チーム開発は独学では絶対にできません。

CodeCampGATEでは即戦力となる人材を育成することを目的としています。

そのため、口コミにもあるように知識を詰め込むだけではなく、基礎学習後は実践的な開発を通して学習を行っています。

また、チーム開発もカリキュラムに含まれているので、エンジニアとして実際に働いている自分をイメージしやすいというメリットもあります。

現役のエンジニアに教えてもらえるのが良かった。

しかも教え方が上手くて分かりやすかったのも高評価。

CodeCampGATEでは、厳しい試験をクリアした現役のエンジニアが講師です。

そのため、教え方が分かりやすいことはもちろん、実際の現場で使えるテクニックや知識も習得することができます。

また、マンツーマンで指導してくれるので、学習の進捗状況確認や相談なども気軽に行えると評判です。

はじめてのエンジニア転職で不安がありましたが、しっかりと転職活動のサポートもしてくれたので安心できました。

おかげさまで内定も獲得でき、今ではエンジニアとして働けています。

エンジニアとしてのスキルや知識の習得だけではなく、CodeCampGATEではその後の転職活動に対しても手厚いサポートを行っています。

履歴書や職務経歴書の書き方はもちろん、面接対策も行ってくれるので万全の準備で転職活動に臨むことができるのです。

また、転職の際には推薦状を出してくれるので、転職活動を有利に進めることができることも魅力的であるといえるでしょう。

CodeCampGATEの公式サイトはこちら⇨

CodeCampGATEに関するツイッターの評判・口コミ

最後にCodeCampGATEに関してツイッターでの評判と口コミも見てみましょう。

CodeCampGATEに関するツイッターの評判・口コミ1

CodeCampGATEに関するツイッターの評判・口コミ2

CodeCampGATEに関するツイッターの評判・口コミ3

CodeCampGATEに関するツイッターの評判・口コミ4


実はCodeCampGATEに関してはツイッターで毎日のように書き込みがあります。

とても多くの方が勉強していて、授業のおかげで何が学べたかなど勉強日記も大量に流れています。

悪い評判は全く見つからず、みなさんが有意義に活用できていることが分かってきますよね。

ここまで評判がよいサービスもなかなか無いと言えるでしょう。

CodeCampGATEの公式サイトはこちら⇨

CodeCampGATEのメリット・特徴3選

多くのプログラミングスクールが存在しますが、CodeCampGATEを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、CodeCampGATEの3つのメリットと特徴、

  • オンラインで完結するので勉強しやすい
  • 基礎から実務レベルまで学習できる
  • 転職のサポートをしてくれる

について紹介していきます。

CodeCampGATEのメリット・特徴1.オンラインで完結するので勉強しやすい

CodeCampGATEでの学習はオンラインで完結するので、住んでいるところに左右されず受講できます。

実際のスクールとは異なり、移動する時間がかからないので、効率よく学習を進めることが可能です。

また、サポート時間も毎日10:00~22:00で対応してくれるので、働きながらでも勉強しやすい環境であるといえるでしょう。

CodeCampGATEのメリット・特徴2.基礎から実務レベルまで学習できる

4ヵ月でエンジニアとしてのスキルを身に付けることができるCodeCampGATEでは、1~2ヵ月目に基礎学習、3~4ヵ月目には実務に近い環境で学習を行います。

単に知識やスキルを身に付けるだけではなく、エンジニア転職を想定した学習を行うので、エンジニアとしての働き方を身に付けられることは非常に大きなメリットです。

即戦力となれる人材を育てることを目標としているので、転職活動の場でもアピールしやすくなります。

CodeCampGATEのメリット・特徴3.転職のサポートをしてくれる

CodeCampGATEでは、エンジニア学習をするだけではなく、その後の転職活動についてもサポートしてくれます。

具体的な内容として、エンジニアとして転職するための履歴書や職務経歴書の添削、面接対策をキャリアアドバイザーに相談が可能です。

また、CodeCampGATE独自のサポートとして、エンジニアメンターが推薦状を書いてくれるというサービスもあります。

転職活動において、スキルや知識を第三者の言葉でアピールすることができるので、有利に進めることができるといえるでしょう。

CodeCampGATEの公式サイトはこちら⇨

CodeCampGATEのデメリット・注意点3選

メリットがある一方で、CodeCampGATEを利用する際には注意点(デメリット)もあります。

今回は、CodeCampGATEの3つのデメリットと特徴、

  • 「20代」という年齢制限がある
  • Webサービス開発以外のコースがない
  • 転職保証は付いていない

について紹介していきます。

CodeCampGATEのデメリット・注意点1.「20代」という年齢制限がある

一般的なプログラミングスクールでは年齢不問ですが、即戦力となる人材の育成を目的としているCodeCampGATEでは「20代であること」を申し込みの条件としています。

そのため、該当しない人は利用することができないというデメリットがあるのです。

30代以上の人は別のプログラミングスクールを利用しましょう。

CodeCampGATEのデメリット・注意点2.Webサービス開発以外のコースがない

現在CodeCampGATEで用意されているのはWebサービス開発を目的とした学習です。

そのため「インフラエンジニアになりたい」「PythonやRubyの実践的な勉強をしたい」など、やりたいことが明確にある人には向いていません。

エンジニアとしてやりたいことが明確になっている人は、それぞれに合わせたスクールを選ぶようにしましょう。

CodeCampGATEのデメリット・注意点3.転職保証は付いていない

プログラミングスクールのなかには「転職できなければ全額返」という、転職保証制度があるところも多いのですが、CodeCampGATEではこれら制度は設けられていません。

ただし、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策といった、転職活動をサポートする体制は整っています。

「転職できなくても保証はいらない」という人は利用しても問題ないでしょう。

CodeCampGATEの公式サイトはこちら⇨

CodeCampGATEをおすすめしたい人の特徴は地方在住のエンジニア転職希望者!

CodeCampGATEに向いている人の特徴は、地方在住で東京の企業に転職をしたい人です。

これまで解説してきたように、CodeCampGATEでの学習はオンラインで完結するため、地方在住で周囲にプログラミングスクールがない人でも勉強できます。

加えて、転職保証制度はないものの転職活動のサポートは行っており、東京の企業を紹介してもらえます。

これらのことから、CodeCampGATEはこれから東京の企業でエンジニアとして働きたい人にとって、非常に心強い味方となってくれるでしょう。

CodeCampGATEをおすすめしない人の特徴はWeb以外のエンジニアを目指している人!

CodeCampGATEで受講できるのは、ここまでに解説してきたようにWebサービス開発をするために必要なスキルや知識です。

そのため、インフラエンジニアや先端技術のエンジニアなど、Webエンジニア以外を目指している人には向いていません。

自身の目指したいキャリアを明確にし、目的に合ったプログラミングスクール選びをするようにしましょう。

CodeCampGATEの公式サイトはこちら⇨

CodeCampGATEの料金体系や解約・返金ポリシーについて解説

CodeCampGATEの料金は、入学金33,000円(税込)と受講料495,000円(税込)を合わせた528,000円です。

決して安い金額ではありませんが、プログラミングスクールのなかには60万円を超えるものもあるので、比較的安い部類であるといえます。

受講開始後の返金は行っていないので、これから申し込みをする人はよく考えてから行うようにしましょう。

CodeCampGATEに申し込みをする方法・流れを紹介

CodeCampGATEに申し込みをする際の方法は次の通りです。

  1. 会員登録
  2. 受講開始
  3. 転職相談
  4. 内定獲得

まずは公式サイトから会員登録を行います。

学習内容にチーム開発が含まれている都合上、開講日はあらかじめ決められているので必ず確認しましょう。

その後、はじめの1~2ヵ月は基礎学習を行い、3~4ヵ月目には実践的な開発について学習を行っていきます。

すべてのカリキュラムが完了したら、キャリアアドバイザーと転職相談を行い、サポートしてもらいながら転職準備を行っていきます。

そうして手厚いサポート体制のもと、転職活動を進め、無事に内定を獲得して終了です。

また、CodeCampGATEでは無料体験学習をすることもできるので、どのような学習をしていくのか不安がある人は、まずこちらから申し込みをしてみると良いでしょう。

CodeCampGATEの運営会社情報

決して安くない受講料を支払うので、運営している会社がどのような企業なのか気になる人もいることでしょう。

CodeCampGATEを運営している会社はコードキャンプ株式会社で、その親会社は日本国内最大級のITコンサル会社であるフューチャーアーキテクト株式会社です。

このように、大手企業の子会社である関係から信頼性は高く、安心して受講することができるといえるでしょう。

コードキャンプ株式会社の会社概要

運営会社であるコードキャンプ株式会社の会社概要は以下の通りです。

会社名 コードキャンプ株式会社
代表者 堀内 亮平
所在地 東京都品川区大崎2丁目1-1ThinkPark Tower
資本金 1億円
事業内容 テクノロジーの啓蒙からエンジニア、ビジネスリーダーを育成/輩出する事業

まとめ

CodeCampGATEは、オンラインで完結するWebサービス開発に特化したプログラミングスクールです。

4ヵ月間で基礎学習と実践的な学習を行っていくので、未経験者でもエンジニア転職をするうえで非常に心強い味方となってくれます。

また、学習だけではなく転職活動に対するサポート体制も万全に整っているので、Webエンジニアを目指したい人におすすめであるといえるでしょう。

CodeCampGATEの公式サイトはこちら⇨