「大学生ってどんなバイトを選んだら良いの?」

「なかなか良いバイトが見つからなくて困っている」

大学生でバイト探しをする際、このような疑問や悩みを感じている人も多いことでしょう。

大学生は、高校生と比べて夜間の仕事ができるようになり、時間の融通も利くことからバイト先の選択肢の幅が広がりますが、その一方でどのような仕事をすべきか迷ってしまうことも少なくありません。

この記事では、大学生のアルバイト選びのポイントから、おすすめのバイトアプリやサイトまで分かりやすく解説していきます。

大学生のアルバイト経験は就職活動の場でも問われる重要な要素ですので、ぜひ参考にしてみてください。

大学生のバイト選びのポイント3選

「時給が高いバイトがいい」「ラクして稼ぎたい」と考えている人も大勢いますが、大学生のバイト選びにはポイントがあるのをご存知でしょうか。

ここでは、大学生がバイト選びをする際に重要な3つのポイント、

  • 就職活動で活かせるバイトを選ぶ
  • 自宅や大学から通いやすい
  • シフトの融通が利きやすいかどうか

を解説していきます。

大学生のバイト選びのポイント1.就職活動で活かせるバイトを選ぶ

将来を見越してバイトを選ぶというと大げさかもしれませんが、大学生は就職活動を目の前に控えていることから、どのような内容のバイトをするのか非常に重要です。

これは、就職活動の採用面接の場で「学生時代のアルバイト経験」を問われることが多いからです。

どのような仕事であっても、実践してきた工夫や努力を伝えることはできますが、選んだバイトによってアピールのしやすさは大きく異なります。

将来的に事務職に就きたい人は、バイトでデータ入力やコールセンター、営業職に就きたい人は接客業、ITエンジニアになりたい人はテスターといったように、将来的に就職したい仕事を見越してバイト選びをすることで、学生ながらにも実務経験があることをアピールできるのです。

こうした経験は採用面接でも非常に有効なので、就職活動で苦労したくない人はバイト選びも将来のことを考えながら選ぶと良いでしょう。

大学生のバイト選びのポイント2.自宅や大学から通いやすい

大学生がバイト先を探す際、自宅や大学から通いやすい場所で探すことも重要です。

たとえば、平日に大学の講義が終わった後にバイトすることが多い人は大学の近く、休日にバイトすることが多いのであれば自宅近くの方が働きやすいといえます。

勤務場所が遠く、移動時間が多くかかると「バイトに行くのがダルい」「移動時間分も時給が出ればいいのに」といったネガティブな気持ちを感じやすく、長続きしない可能性も高まります。

もちろん、先に解説したように将来を見越したバイト先を選ぶためには、多少場所が遠くなることもあるかもしれませんが、実際に働き始めてから自分がどのように感じるのかを考えて選ぶようにしましょう。

大学生のバイト選びのポイント3.シフトの融通が利きやすいかどうか

大学生の本分は学業です。

試験期間中や研究・卒論制作、就職活動などの状況によっては普段通りにバイトに入ることができないことも多々あります。

その際、調整できるようシフトの融通が利きやすいバイトを選ぶと、余計な気苦労をすることなく学業や就職活動に専念することができるでしょう。

大学生がバイトアプリを使うメリット2選

バイト選びには、店頭の張り紙や無料の求人冊子、友人・知人からの紹介など、さまざまな方法がありますが、大学生のバイト選びにはバイトアプリの活用がおすすめです。

しかし、バイトアプリには非常に多くの種類があり、どれを選んで良いか悩んでしまう人も少なくありません。

そこで、ここでは大学生がバイトアプリを使うメリットについて解説していきます。

大学生がバイトアプリを使うメリット1.幅広い職種から求人を探せる

大学生のバイトアプリ選びには、求人数や職種の取り扱いが多いものを選ぶことをおすすめします。

一般的に、学生バイトでは飲食店や店頭での接客業が多いですが、バイトアプリでは企業系の求人も多く、事務作業やシステムのテスターのような専門職のバイトを探すことが可能です。

先に解説した通り、求人数や職種の取り扱いが多いものを選ぶことで、将来の就職活動を見越したバイト選びがしやすくなるのです。

大学生がバイトアプリを使うメリット2.単発(スポット)求人の取り扱いがある

数時間や日単位の単発(スポット)求人の取り扱いがあるものを選ぶと、非常に使い勝手が良くおすすめです。

単発求人は即金性が高いので「飲み会で思わぬ出費があったから稼ぎたい」「来週、休講になったから働きたい」「大学の友達と旅行に行くことになった」など、さまざまな状況で活用することができます。

また、短期間で数多くの職場を経験することができるので、将来的に自分がどのような仕事に就きたいのか、向いているのかを考えるきっかけにもなるでしょう。

大学生におすすめのバイト探しアプリ・サイト5選

バイト探しアプリやサイトを活用すると、時間や場所にとらわれず、効率的に自分が希望する条件の求人を見つけやすいですが、その種類はとても多く、どれを選んだら良いか悩んでしまいます。

ここでは、大学生向けのおすすめバイト探しアプリ・サイト、

  • タウンワーク
  • マイナビバイト大学生版
  • バイトル
  • タイミー
  • マッハバイト

を5つ紹介していきます。

これから利用を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

タウンワーク

テレビCMでもお馴染みのタウンワークは、希望条件で絞り込む「こだわりの条件から求人を探す」の選択肢が非常に多く、使い勝手が良いのでおすすめです。

対象エリアも全国なので、住んでいる場所に関係なく使うことができるのもポイントです。

また、実際のシフト例や収入例などの情報も掲載されているので、働くイメージもしやすいでしょう。

運営会社は、国内大手人材会社のリクルートなので初めての人でも安心です。

マイナビバイト大学生版

多くの求人からバイト先を探したい人におすすめなのがマイナビバイトです。

大手人材会社マイナビが運営している安心感に加え、求人数は約30万件(2022年8月時点)と非常に豊富であることが特徴的です。

また、質問に答えるだけで自分に合った求人紹介や、有名・人気企業の特集が組まれているなど、自ら探さないような求人に出会える可能性も高いことも魅力であるといえるでしょう。

知名度も抜群なので、バイト探しアプリ選びで悩んだ際には、ぜひ候補に入れてみてください。

バイトル

膨大な求人数からレア求人を探したい人におすすめなのがバイトルです。

総求人数は200万件(2022年8月時点)と非常に多く、他では見られないバイト求人に応募することができます。

たとえば、ドリームバイトというバイトル独自の特集では、映画の舞台挨拶や人気テレビ番組の観覧スタッフなど、普段なかなか見ることができない求人があります。

もちろん、通常のバイト求人の取り扱いもあり、使い勝手も良いのでバイト探しアプリ選びで悩んだら候補に入れてみましょう。

タイミー

隙間時間を無駄にしたくない人にはタイミーがおすすめです。

その名の通り、時間単位で働くことができるので、ちょっとした隙間時間で稼ぐことができます。

また、履歴書や面接も不要なので、応募準備の手間もかかりません。

急な出費への備えや空き時間を有効活用したい人は、インストールしておくことをおすすめします。

マッハバイト

働く以外にも報酬が欲しい人におすすめなのがマッハバイトです。

マッハバイトで採用が決まると、最大1万円のお祝い金がもらえます。

たかが1万円、されど1万円、と感じ方は人それぞれですが、時給1,000円で考えると10時間分に相当する金額なので、決して小さい額ではないといえるでしょう。

もちろん、お祝い金だけではなく、学生歓迎求人や高額報酬求人なども多数取り扱っているので、興味がある人はぜひチェックしてみてください。

まとめ

大学生のバイトは高校生と異なり、働ける幅が大きく広がります。

また、学生時代のバイト経験は、就職活動の場で問われることが多いため、将来を見越して選択することで、採用面接も優位に進めることが可能です。

バイト探しにはさまざまな方法がありますが、そのなかでもおすすめなのがアプリやサイトを活用した方法です。

バイト先に求める条件で検索するだけで希望する求人を見つけられるのはもちろん、有名企業の求人や特集が組まれていることもあるので、自分だけで探したら見ることがない求人を見られるので視野を広げることもできるでしょう。

大学生でバイト探しをしたい人は、今回紹介したバイト探しアプリをぜひ参考にしてみてください。