今回HR Techガイドでインタビューをさせていただいたのは、グローバルに人材を雇用できるプラットフォームを運営するDeel様です。

世界中の優秀な人材を、コンプライアンスに則って数分で雇用できる画期的なサービスで、給与計算や支払いなどもひとつのプラットフォーム上で行えます。

海外からの人材雇用に興味がありつつも踏み出せないでいた方に、ぜひチェックしていただきたいインタビューです。

目次
  1. Deel様へのインタビュー内容を紹介します
    1. Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず、Deelの概要について、簡単に教えていただけますでしょうか?」
    2. Q2.「次にDeelをスタートしたきっかけ・経緯を教えていただけますか?」
    3. Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。競合サービスと比較した際の、Deelの強み・優位性を教えてください。」
    4. Q4.「世界150カ国のコントラクターや従業員を数分で雇用できるとあります。実際に雇用には様々な手続きが必要になると思いますが、数分で実現可能な部分を教えてください。」
    5. Q5.「すでに多くの企業で利用されていると思います。可能な範囲で企業名や、利用実績を教えていただけますか?」
    6. Q6.「海外の雇用については法律や税務などが専門的であり、国によっては従業員からの訴訟も頻繁に起きます。雇用するだけではなくその後のフォロー も依頼できますか?また雇用の段階から契約や制度面において整備することも可能ですか?」
    7. Q7.「120種類の通貨と8種類の支払い方法から給与を受け取れるとのことでした。手間やコストを増やさずに海外支払いはできますか?仕組みも教えてください。」
    8. Q8.「海外の個人情報を扱うため、各国の個人情報保護法に準拠する必要もありますよね。法対応についても問題ないでしょうか?」
    9. Q9.「Deelとしての、将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」
    10. Q10.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」
    11. Deelの会社情報
  2. 最後に

Deel様へのインタビュー内容を紹介します

それでは早速、「Deel様」へのインタビュー内容を紹介していきましょう。

Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず、Deelの概要について、簡単に教えていただけますでしょうか?」

Deelは2019年に米国サンフランシスコで設立された、企業が誰でも、どこでも雇用できるようにするための、グローバルなコンプライアンスおよび給与計算・支払ソリューションのリーディングカンパニーです。

Deelのテクノロジーは、給与計算、人事、コンプライアンス、福利厚生など、グローバルチームの雇用と管理に必要な機能を提供しています。

主なサービスとして、EOR (Employee of Record、従業員の派遣サービス=Deelが企業に代わり人材を雇用して、 雇用責任を負う)とコントラクター(業務委託の労務管理サービス、企業と人材が直接業務委託契約をする)があります。

Q2.「次にDeelをスタートしたきっかけ・経緯を教えていただけますか?」

DeelのCEOであり共同設立者のAlexはフランス出身で、パリで育ち、イギリス、アメリカ、イスラエル、スペインなど、世界中に住んだことがあります。

これまで世界中の素晴らしい人たちと出会う機会があり、「いつかみんなで一緒に仕事ができたら 」と考えていました。

また、「住んでいる場所によって才能のある人でも働く場所が決まってしまったり、制限されたりしてはいけない」という思いがありました。

「なぜ、チームメンバーを簡単かつコンプライアンスに則って雇用できるツールがないのだろう」と考えるようになったのは、この時のことです。

なぜなら、より多くの場所でより多くの企業が素晴らしい人材を採用できれば、世界中の企業がさらに優れた、より多様性のあるチームを作ることができるからです。

そして、より多くの地域で、より多くの人が望む仕事に就くことができるのです。

そして、Deelが誕生しました。

共同創業者のShuoとAlexは2019年にDeelを設立し、瞬く間にグローバル雇用、給与計算・支払い、コンプライアンスのマーケットをリードするプラットフォームとなります。

4人のチームで始めたものが、今では50カ国以上から600人以上の従業員を抱えるまでに成長しました。

直近で4億2500万ドル(約482億円)のシリーズDを調達し、Deelの評価額は55億ドル(約6,247 億円)に達しました。

また、DropboxやCoinbaseなど、市場で最も注目されているクライアントがDeelを利用して世界中で雇用を行っています。

Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。競合サービスと比較した際の、Deelの強み・優位性を教えてください。」

  • 多くの国での雇用をサポート

EOR(従業員の派遣サー ビス)は80カ国以上、コントラクターは150カ国以上で対応できます。

  • グローバルチームの立ち上げだけでなく、将来的な管理も容易にできるように設計されたプラットフォーム

Deelのレポート機能は、請求書、契約書、生産性レポー トなどを引き出すことができます。

また、会計や人事の統合機能も充実しています。

さらに、プラットフォーム上で直接従業員との契約書を編集することも可能です。

このような機能を持つEORプロバイダーはまだ他にありません。

  • 充実したコントラクター向けのサービス

四半期ごとに見直されるコンプライアンスに準拠した契約書テンプレート、請求書と支払いサイクルの設定、経費とボーナス支払い、ストックオプションの提供と管理機能などを提供しています。

さらにコントラクターは、120種類の通貨と8種類の支払い方法から選択して給与を受け取ること ができ、ビットコインでの引き出しも可能です。

Q4.「世界150カ国のコントラクターや従業員を数分で雇用できるとあります。実際に雇用には様々な手続きが必要になると思いますが、数分で実現可能な部分を教えてください。」

Deelのプラットフォーム上には各国の法律に準拠した契約書テンプレートが準備されています。

雇用する従業員やコントラクターが在住する国を選び、その国の法律に準拠した契約書テンプレート内に必要事項を編集し、従業員やコントラクターにプラットフォームから直接送信することが可能です。

従業員やコントラクターがその契約書にサインをして返送すると契約完了となり、すぐに仕事をスタートしていただけます。

Q5.「すでに多くの企業で利用されていると思います。可能な範囲で企業名や、利用実績を教えていただけますか?」

海外のクライアント様としては

  • Dropbox
  • Shopify
  • Intercom
  • Notion
  • coinbase

など

国内のクライアント様としては

  • ソラコム
  • Aquila Systems
  • tonari
  • アイスリーデザイン
  • HYRE

などです。

Q6.「海外の雇用については法律や税務などが専門的であり、国によっては従業員からの訴訟も頻繁に起きます。雇用するだけではなくその後のフォロー も依頼できますか?また雇用の段階から契約や制度面において整備することも可能ですか?」

EORにおいては、Deelは契約書を提供するだけでなく、雇用契約の主体者として雇用期間において法的な雇用責任をも持ちます。

一方で、契約上の取り決めとして、業務において企業とコンサル(EOR従業員)の間で直接発生した事項については、Deelは関与しないため責任は負いません。

両者は、法律や企業の規則等を遵守することに相互に責任を持っていただきます。

また、例えば解雇に関して、EORは従業員という立場のため、不当な解雇はできませんが、やむを得な い事情で解雇するための通知期間などは、あらかじめ契約上に国の法令や慣習に基づいた日数等の最適な条件を取り決めております。

Q7.「120種類の通貨と8種類の支払い方法から給与を受け取れるとのことでした。手間やコストを増やさずに海外支払いはできますか?仕組みも教えてください。」

Deelのプラットフォーム上で、ワンクリックで従業員やコントラクターに給与や経費を支払うこ とが可能です。

Deelプラットフォーム内であらかじめ金額や従業員の口座を登録しておけば、ワンクリックで各国の従業員にその国の通貨で給与が従業員の口座に振り込まれます。

コントラクターの場合も、設定した金額をワンクリックでそのコントラクターのDeelプラットフォーム内の口座に入金することが可能です。

その後、コントラクターは自分の銀行口座等に好きな通貨でその給与を引き出すことができます。

Deel内の口座から指定の銀行口座等に自動で送金する設定もできます。

Q8.「海外の個人情報を扱うため、各国の個人情報保護法に準拠する必要もありますよね。法対応についても問題ないでしょうか?」

はい、リモートチームのためのグローバルな給与計算・支払プラットフォームとして、DeelにはGDPRの対象となる多くのクライアントとユーザーがおり、その適用要件はディールにも同様に適用されることを意味します。

DeelがどのようにGDPRやその他のプライバシー要件に対応しているかの詳細については、プライバシーページをご覧ください。

Q9.「Deelとしての、将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」

「世界規模の雇用をシンプルにし、100万人の雇用を創出する」です。

ワークプレイスは変わりつつあります。

企業は、9:00~17:00時という従来のオフィス形態が唯一の方法ではないことを受け入れ、リモートワークを受け入れ始めました。

このことは、テック業界の中心地の給与が高騰していることと相まって、世界中の才能ある人々が、最高の企業のポジションを巡って競争する機会を提供することになったのです。

しかし、グローバルな雇用のための法務や会計は、まだ悪夢のように大変です。

私たちDeelの仕事は、世界中での雇用を現地で雇用するのと同じくらい簡単でアクセスしやすいものにすることです。

私たちはあらゆる障害を取り除き、法的リスクを軽減することで、何百万もの雇用を創出し、世界経済に大きなインパクトを与えることができると信じています。

Q10.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」

これまで現地法人を設立しないと海外で現地の人材を雇用することは難しかったのですが、Deelのサービスをご利用いただくことで、世界中の優秀な人材を活用することができます。

国内だけではなく世界中から優秀な人材を確保することで、多様でイノベーティブなアイディアが生まれ、企業の競争力を高めることができます。

「これまで海外から人材を雇用することに興味はあったけど、どうすればいいか分からなかった」という方は、ぜひお気軽に弊社にご相談ください。

Deelの会社情報

会社名Deel
代表取締役社長Alex Bouaziz
公式サイトURLhttps://www.letsdeel.com/ja/

最後に

今回は、Deel様のインタビュー記事を紹介しました。

2019年に始まったばかりのサービスだと考えると、影響力の大きさやスピード感に、ただただ驚愕してしまいますね。

これからも時代の波に乗りながら、世界中の雇用を増やし続けてくれることでしょう。

今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ下記のリンクからDeelの公式サイトをチェックしてみてください。

Deel様、今回はお忙しい中インタビューをお受けいただき、ありがとうございました!

採用のお困りごとを解決したい人は、人事の総合商社「TANEDA」がおすすめ!

採用に関してのお困りごとをお持ちの方は、

「数ある採用支援の会社の中から、自社の課題を解決してくれる最適な会社を見つけるにはどうしたら良いんだろう?」

と悩まれているのではないでしょうか?

世の中には多数の採用支援会社が存在し、自社に合った会社を絞り込むだけでも一苦労です。

依頼する会社選びを間違えてしまうと、相場よりも高額な費用がかかってしまったり、表面的な支援のみで結局採用課題が解決されないケースもあります。

「採用の問題を解決するにあたって、総合的な相談ができて、一緒に伴走してくれる会社やサービスを知りたい!

上記のように考えている人におすすめのサービスが、人事の総合商社として活動している「株式会社TANEDA」です。

株式会社TANEDAの具体的な特徴は、以下の通りです。

  1. 「採用戦略」「採用支援」「採用後の教育・研修」「離職率低下」などあらゆる採用の悩み事に対応している
  2. 日本全国でさまざま業界・規模の企業の採用支援実績がある
  3. 助言やアドバイスなどの表面的なサポートだけでなく、ハンズオンで内部に入っての採用支援を行なっている
  4. 標準化・マニュアル化されたサポートではなく、企業ごとにオーダーメイドの提案を行なっている

上場HR企業やリクルート出身者、CHRO(最高人事責任者)経験を持ったメンバーなどで構成されており、心強いパートナーとして伴走してくれます。

採用に関する悩みであれば総合的に相談に乗ってくれるので、気になった方は下記のボタンから資料を無料でダウンロードしてみてください。

TANEDAの説明資料を無料でダウンロード