今回HR Techガイドでインタビューをさせていただいたのは、ソーシャルリスニングツール「THINK for HR」を運営している株式会社No Company様です。

TwitterやFacebookなど、SNSの情報を収集・分析できるサービスで、採用市場のトレンドをキャッチアップして採用広報施策に生かすことができます。

新しい時代の採用活動の手法にお悩みの事の方に、ぜひチェックしていただきたいインタビューです。

SNSの声を採用に活用する「THINK for HR」の公式サイトはこちら⇒

目次
  1. 株式会社No Company様へのインタビュー内容を紹介します
    1. Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず、THINK for HRの概要について、簡単に教えていただけますでしょうか?」
    2. Q2.「次にTHINK for HRをスタートしたきっかけ・経緯を教えていただけますか?」
    3. Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。競合サービスと比較した際の、THINK for HRの強み・優位性を教えてください。」
    4. Q4.「SNS データから採用市場のトレンドをキャッチアップするとしています。具体的にどのSNSからデータを取得していますか?」
    5. Q5.「競合他社を圧倒する戦略を策定できるとしています。具体的に戦略のどのような部分で違いが出ますか?可能な範囲で教えてください。」
    6. Q6.「マーケットと同時に自社や競合の分析も可能ですか?」
    7. Q7.「戦略は具体的なアクションにまで落とし込むことが重要ですよね。戦略の実行部分でもサポートはしてもらえますか?」
    8. Q8.「自動化を活用することでコストや工数の面でもメリットは出ますか?参考になる数字があれば教えてください。」
    9. Q9.「株式会社No Companyとしての、将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」
    10. Q10.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」
    11. 株式会社No Companyの会社情報
  2. 最後に

株式会社No Company様へのインタビュー内容を紹介します

それでは早速、「株式会社No Company様」へのインタビュー内容を紹介していきましょう。

Q1.「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。まず、THINK for HRの概要について、簡単に教えていただけますでしょうか?」

THINK for HRは、SNS(Facebook、Twitter)上のエンゲージメント(「いいね」や「リツイート」「シェア」「コメント」などのアクション)データを定性、定量の両面で収集、分析することができるソーシャルリスニング(SNSデータ分析)ツールです。

企業が使用することで、自社が知りたいトピックに関して、SNS上でどんな投稿や記事がどれほど話題になっているのかをタイムリーに把握できます。

また、ツールに加え、No Companyの専門アナリストによって、SNS上から拾い上げた生活者のニーズを生かした採用広報施策の設計、実行までを一貫して支援します。

Q2.「次にTHINK for HRをスタートしたきっかけ・経緯を教えていただけますか?」

働き方やキャリア観の多様化に伴い、「求職者が考えていることや企業に求めていることを把握して、採用施策を考えたい」というニーズが増えてきました。

また、就活や転職のオンライン化で、求職者がSNS/WEBメディアを通じて企業のことを知る機会が増えました。

そのため、企業も採用広報目的でSNSやWEBメディアの利用を検討することが多くなっています。

そんな、「求職者が企業に何を求めているのかをよく理解した上で採用施策を考えたい」という求職者ファーストな採用活動の実現をサポートするために、THINK for HRを開発しました。

代表取締役社長 秋山 真様

Q3.「ここからは具体的な質問に入っていきたいと思います。競合サービスと比較した際の、THINK for HRの強み・優位性を教えてください。」

親会社であるスパイスボックスは、SNSデータを活用したマーケティング支援のパイオニア企業であり、このノウハウを採用広報領域に特化させて提供しているのがNo Companyです。

そのため、まったく同様のサービスを提供している企業は、国内にほぼありません。

大きな視点で見ると、ソーシャルリスニングツールを提供する広告関連企業や就職・転職のナビサイト、採用広報コンサルティングなどを行う企業などが競合に当たります。

当社のサービスの特徴は、主に以下の3点です。

  • ソーシャルリスニングツールの提供だけではなく、採用マーケティングの戦略、企画提案、実施サポートまで一貫して実施可能
  • データアナリスト、採用広報に特化したプロデューサーが、アドバイザーとしてサービスの活用方法や分析結果の活かし方をレクチャー
  • 多くの企業が企業広報・採用広報を実施しているメディアプラットフォーム「note」と提携しているため、就活生や求職者の共感ポイントを最新の SNS/note のデータから分析し、メディアの戦略の策定、採用コンテンツの制作支援とプロモートが可能

Q4.「SNS データから採用市場のトレンドをキャッチアップするとしています。具体的にどのSNSからデータを取得していますか?」

Twitter、Facebook、およびweb上で公開されている記事(動画も含む)です。

  • Twitter

・10,000フォロワー以上の国内(日本語)ツイッターアカウントの投稿で、1ENG以上の投稿をほぼ全量取得

・10,000フォロワー以下国内(日本語)ツイッターアカウントの投稿で、ある程度、反響のあった(ENGされた)投稿・RTを取得

  • Facebook

「Facebookページ」の投稿を一部、取得

  • 記事

国内の主要メディア 約1,000媒体の記事

Q5.「競合他社を圧倒する戦略を策定できるとしています。具体的に戦略のどのような部分で違いが出ますか?可能な範囲で教えてください。」

SNSデータという、「膨大」で「リアル」な求職者のインサイトデータをもとに、採用広報戦略を策定することが可能です。

この仕組みを実現できていること自体が、他社との大きな差別化ポイントとなります。

No Companyのご支援企業は、エージェントや求人媒体以外で、求職者に企業や仕事について興味を持っていただくための的確なタッチポイントを作ることが可能です。

Q6.「マーケットと同時に自社や競合の分析も可能ですか?」

可能です。

「自社と競合他社の企業名が入った情報がSNS上でどのように反応されているのか?」「どんな話題とセットで情報が発信されているのか?」などを把握できます。

また、「採用広報が上手な企業がどんな媒体で、何を発信していて、どんな反応を獲得しているのか?」 を把握し、自社の取り組みに活かすことも可能です。

Q7.「戦略は具体的なアクションにまで落とし込むことが重要ですよね。戦略の実行部分でもサポートはしてもらえますか?」

はい、サポートを行っております。

CREATIVE/MEDIA(メディアバイイング)など制作実行周りのカテゴリでのサービスも設けておりますので、採用広報については一貫してサポートすることが可能です。

CREATIVEでは、採用サイトやLPの制作、記事、動画などの制作を提供しており、MEDIAでは、SNSやWEBでの広告、SNS運用、メディアタイアップなどを提供しています。

Q8.「自動化を活用することでコストや工数の面でもメリットは出ますか?参考になる数字があれば教えてください。」

クライアント様からは「THINK for HRを活用して、社員インタビュー記事の制作工数が削減された」との声をいただくことが多いです。

過去の実績ではございますが、とあるクライアントさまでは、活用前後で、採用責任者インタビューページと社員インタビューページの閲覧数がそれぞれ昨年同期比6.5倍、8.9倍という結果でした。

また、新たな採用・採用広報施策や採用ターゲットなどを決める際、SNS上から収集・分析したデータを判断材料として活用していただいています。

Q9.「株式会社No Companyとしての、将来的なビジョン・ゴールがあれば教えてください。」

新型コロナウィルスの影響により、求職活動、採用活動ともにオンライン化が加速しました。

学生や社会人求職者は、以前にも増して企業HPやSNS、ソーシャルメディアなどを通して企業情報に触れるようになっており、オンライン上での適切な情報発信の重要性が高まっています。

また、経団連が2018年に採用面接の解禁日などを定めた指針の廃止を決めたことで、「新卒一括採用」を見直す企業も出てくるなど、これまでとは違う新しい採用広報アプローチが求められ始めています。

SNSデータを活用した採用マーケティング支援を推進することで、就活生、求職者のニーズを企業に届け、健全な採用活動(就職活動)が実現することを目指します。

Q10.「最後にインタビュー記事の読者に向けて、一言お願いします!」

働き方やキャリア観の多様化に伴い、企業の人事としても、働く人の個々のスタイルを尊重していかなくてはいけない時代です。

その価値観やインサイトを捉えるひとつの手法としてTHINK for HRを活用頂き、今行うべきHRの打ち手を、人事の方と一緒に考えていきたいと考えております。

株式会社No Companyの会社情報

会社名株式会社No Company
所在地東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 16階 WeWork内
代表取締役社長秋山 真
公式サイトURLhttps://www.no-company.co.jp/

最後に

今回は、「THINK for HR」を提供している株式会社No Company様のインタビュー記事を紹介しました。

SNSマーケティングのパイオニアとしてのノウハウはもちろん、施策の実行まで一貫してサポートしてくれるのはとても心強いですね。

これからも時代に即したサービスで、求職者ファーストの採用を実現し続けてくれることでしょう。

今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ下記のリンクからTHINK for HRの公式サイトをチェックしてみてください。

THINK for HRの公式サイトはこちら⇒

株式会社No Company様、今回はお忙しい中インタビューをお受けいただき、ありがとうございました!