退職代行サービスの知名度は年々増しています。 

退職代行を利用する人に対して否定的声があるものの、利用者のほとんどが退職代行を利用せざるおえない事情を抱えているのが実情です。 

アルバイトを辞めることを検討されている方の中にも「言い出しにくい」「店長が怖い」と不安を抱えている方や、「辞めたいと伝えても、人手不足だと強引に引き留められている」という悩みをもつ方が多くいらっしゃいます。  

アルバイトをなかなか辞められない、もしくは辞めたい意思を伝えられない方に退職代行サービスがおすすめです。 

本記事では、アルバイトを退職代行で辞めた方の口コミや依頼にかかる料金についても解説していきます。 

本記事を読めば、アルバイトを退職代行で辞める具体的イメージが掴めるはずです。 

編集部イチオシの退職代行2選!

弁護士法人みやび・・・退職+それ以外の未払い費用の請求もサポートして欲しい人におすすめ。

弁護士資格を保有しているため、通常の退職代行に加えて、「有給取得」や「未払い給与への対応」、「退職金の請求」の交渉まで依頼できる。

退職代行は55,000円(税込)で依頼でき、それ以外の交渉などは回収した金額の20%の費用で依頼可能。

退職代行Jobs・・・とにかく早く&弁護士よりも安価に辞めたい人におすすめ。

労働組合(合同労働組合ユニオンジャパン)と提携している退職代行。

24時間対応だから即日退職可能で現金後払いもOK。有給休暇の申請も無料でサポート。

退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)で依頼できる。

アルバイトを辞める際に退職代行を利用できる?  

退職代行サービスと聞いて、利用できるのは正社員のみだと誤解されている方も多いです。 

退職代行は正社員、アルバイト、パート、契約社員などは関係なく、全ての雇用形態において対応してもらえます。 

雇用の期間が定まっている場合を有期雇用と言い、雇用の期間が定まっていない場合を無期雇用と言います。 

有期雇用の場合は雇用の契約期間中の突然の退職は原則認められませんが、以下4つのいずれかに当てはまる場合は契約期間中でも退職ができます。 

  1. 会社と労働者が合意している
  2. 雇用期間が1年以上、1年以上既に働いているとき(労働基準法137条)
  3. 雇用期間は1年以内だが、雇用期間が自動更新されたとき(民法629条)
  4. やむを得ない事情がある(民法628条)

上記を一見したところ「自分は当てはまらないかも」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 

しかし、有期雇用で働かれている方のほとんどがいずれかに該当していますので、退職代行を利用してアルバイトを辞めることができます。 

退職代行を利用してアルバイトを辞めた方の口コミ  

実際に退職代行を利用してアルバイトを辞めた方の口コミを紹介していきます。

良い口コミだけではなく、悪い口コミも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

良い口コミ 

退職代行サービスの良い口コミを見てみましょう。 

利用者

私は就職が決まるまでのつなぎとしてアルバイトをしていました。 

しかし、就職が決まってアルバイトを辞めなければいけなくなっても、さまざまな理由を付けて辞めさせてもらえませんでした。 

「辞めたい」と繰り返し伝えているうちに店長との関係も悪くなっていき、バックレるしかないと思ったほどです。 

一方、きちんと辞めたいという思いもあり、退職代行を使う決心をしました。 

退職代行サービスの担当の方が店長に連絡したところ、最初は話を聞いてもらえなかったそうです。 

担当の方に何度も連絡して頂くうちに退職を認めてもらうことができました。 

粘り強く対応頂けてとても良かったです。

悪い口コミ 

退職代行サービスの悪い口コミを見てみましょう。 

利用者

就職活動が本格化し、もっと融通の利くお店でアルバイトしたいと思いました。 

しかし、性格的に辞めたい意思を伝えられなかったため、退職代行サービスを利用しました。 

担当の方からは「“来月分のシフトまで働いてもらわないと退職は認めない”と店長が言っていた」と伝えられただけでした。 

退職代行サービスの対応では問題の解決にはなりません。 

退職代行選びに失敗をしてしまったのは、格安をウリにした退職代行に依頼したためだと思っています。

アルバイトで退職代行を利用する理由TOP3  

退職代行サービスを利用してまで辞める方たちは深刻な悩みや問題を抱えていることがほとんどです。 

退職代行を利用してアルバイトを辞める理由とは、どのようなものがあるのでしょうか。  

アルバイトで退職代行を利用する理由TOP3、 

  • 言い出しにくい 
  • 強引な引き留めに遭っている 
  • 上司と話したくない  

について説明していきます。 

言い出しにくい  

アルバイトを辞めたい意思を言い出しにくい理由は人それぞれですが、以下の理由で言い出しにくい方が多いです。  

  • 性格的に言いづらい 
  • アルバイト先の人間関係が悪い 
  • 言える雰囲気じゃない 
  • パワハラを受けている 
  • 上司が怖 

日常的に高圧的態度を受けていたり、パワハラを受けていたりすると、アルバイトを辞めたい意思があると言えなくなってしまいます。 

また、アルバイトを辞めたい」と伝えるには勇気がいるため、内向的な方などは言い出せないようです。 

強引な引き留めに遭っている  

一部業界は人手不足に悩んでいます。 

飲食業をはじめとするサービス業の場合、ぎりぎりの人数でシフトをまわしていることも少なくありません。 

バイトが一人辞めてしまうだけでシフトを組むことが難しくなったり、社員の負担が増大したりする職場も多いのです。 

アルバイトを辞める意思を伝えても「もう少しだけ働いて」「新しい人が入るまでお願い」と引き留められるケースも少なくありません。 

上司と話したくない 

上司が高圧的だったり、暴力的だったりする場合、話しの内容に関係なく「上司と話したくない」と思うものです。 

ましてや、アルバイトを辞めたい旨を伝え、手続き、引継ぎなどを苦手な上司ともに行うことは強いストレスになります。 

また、パワハラやセクハラまがいの被害にあった方の中には、上司の姿を見るだけで不安に襲われるという方もいらっしゃいます。 

アルバイトが退職代行を利用するメリット4 

アルバイトを退職代行を利用して辞めることで、4つのメリットを得られます。  

  • 即日退職できる可能性が高い 
  • 出勤せずに辞められる 
  • 有給を使って退職できる 
  • バックレて辞めた際に起こりうるリスクを防げる 

以下、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。 

即日退職できる可能性が高い 

アルバイトの場合、退職代行サービスに問い合わせた日に退社できる可能性もあります。  

退職について、民法627条において退職するには2週間以上前に申請をする必要があると定められています。 

しかし、「責任者の合意があればいつでも辞めることができるのです。 

これまで強引な引き留めにあっていた方でも、退職代行サービスの担当者が伝えることで話がスムーズに進むと考えられます。 

出勤せずに辞められる 

退職代行を利用して辞める場合、出勤せずに辞められることがほとんどです。 

退職代行サービスに依頼した直後、担当者が依頼者の退職に向けて行動を起こしてくれます。  

退職代行を使ってアルバイトを辞める場合、制服や備品など返却物がある場合は基本的に郵送で返却することになります。 

退職にあたって必要書類などの受け渡しがある場合も、郵送になることがほとんどです。 

有給を使って退職できる 

アルバイトであっても条件を満たしていれば有給休暇を取得できます。 

有給の条件は以下の通りです。 

  • 6ヶ月後に付与される、その後1年おきに付与される 
  • 所定労働日が決められており8割以上出勤している 
  • 週の労働時間、週の出勤日数によって有給休暇が増減する 

有給は労働者の権利なので、有給を取得してから辞めることをおすすめします。 

有給取得の交渉などは一般業者よりも労働組合、弁護士の方が強いです。 

バックレて辞めた際に起こりうるリスクを防げる  

アルバイトをバックレて辞めた場合、以下のリスクが起こる可能性があります。 

  • 損害賠償を請求される 
  • 給与を取りに来るよう言われる 
  • 返却物を返していない場合は給与から引かれるかもしれない 

アルバイトをバックレたことに対する損害賠償の請求が認められることはほとんどありません。 

しかし、採用や教育にはお金も時間もかかるため、訴えられてしまう可能性がゼロとも言いがたい部分もあります。 

アルバイトをバックレた場合、給与の受け渡しの交渉、返却物の対応など負担になることは多いです。 

アルバイトの退職代行サービスの利用料金  

アルバイトの退職代行サービスの利用料金は正社員に比べて低価格に設定されていることがほとんどです。 

正社員の退職代行の利用料は3万円4万円が相場となっていますが、アルバイトの場合は3万円を下まわる価格帯に設定されていることが多いです。 

アルバイトを退職代行で辞めたい方は2万6千円~3万円程度の利用料がかかると考えておくと良いでしょう。  

まとめ 

「ブラックバイト」という言葉もよく耳にする今日において、アルバイト先で苦しむ学生、フリーター、主婦などは少なくありません。 

「ブラックバイト」と言われる職場は、シフトを無理やり入れられたり、パワハラを受けたりとストレスがたまる環境です。 

劣悪な環境でアルバイトをされている方の中には怖気ついてしまって、アルバイトを辞めたい意思を自分で伝えられないという方も多くいらっしゃいます。 

アルバイトを辞めたい意思を伝えても辞めさせてもらえない方、アルバイト先に出勤せずに今すぐ辞めたいという方には退職代行を利用されることをおすすめします。