ここ最近普及している退職代行サービスですが、利用対象となるのは正社員だけではありません。

退職代行サービスは正社員や派遣社員、パートやアルバイトといったいずれの労働形態にも対応しています。

派遣社員の方で「会社を辞めたいのになかなか辞められない」と悩まれている方は、退職代行の利用を検討してみると良いでしょう。

本記事では、派遣社員の退職代行利用について説明した上で、利用料金、利用するメリット・デメリット、口コミについても解説していきます。

編集部イチオシの退職代行2選!

弁護士法人みやび・・・退職+それ以外の未払い費用の請求もサポートして欲しい人におすすめ。

弁護士資格を保有しているため、通常の退職代行に加えて、「有給取得」や「未払い給与への対応」、「退職金の請求」の交渉まで依頼できる。

退職代行は55,000円(税込)で依頼でき、それ以外の交渉などは回収した金額の20%の費用で依頼可能。

退職代行Jobs・・・とにかく早く&弁護士よりも安価に辞めたい人におすすめ。

労働組合(合同労働組合ユニオンジャパン)と提携している退職代行。

24時間対応だから即日退職可能で現金後払いもOK。有給休暇の申請も無料でサポート。

退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)で依頼できる。

派遣社員も退職代行を利用できる

言うまでもなく、派遣社員にも自らの意思に基づいて退職する権利があります。

退職する際、退職代行サービスを利用するかどうかも本人の自由です。

ただ、有期雇用契約となっている場合、契約規定の関係から退職が少々難しくなることもあります。

以下、派遣社員の退職について詳しく解説していきます。

登録型派遣

登録型派遣とは派遣先に派遣されている期間中に限って、派遣元と雇用契約を結んでいる派遣です。

登録型派遣の方が派遣元と結ぶ雇用契約を有期雇用契約と言います。

一年以内の有期雇用契約は無期雇用契約とは異なり、やむを得ない事情がない限り契約期間中に雇用契約を解消させることはできません。

「やむを得ない事情」について民法第638条に次のように記されています。

第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

引用:民法第628条

退職を希望されているほとんどの方が「やむを得ない事情」を抱えています。

たとえば、「出勤することを考えると、メンタルがもたない」「上司が怖くて、仕事に行くのが辛い」といった事情もやむを得ない事情に当てはまります。

無期雇用派遣

無期雇用派遣とは派遣元との間で期間を定めずに雇用契約を結んでいる状態です。

無期雇用派遣の場合、退職をいつでも申し出ることができます。

期間の定めのない雇用の解約の申し入れについて、民法627条には次の通り記されています。

第六百二十七条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法627条

無期雇用派遣の場合、いつでも退職を申し出ることが認められているため、時期を問わず退職できます。

派遣社員の退職代行利用の流れ

ここでは、派遣社員の方が退職代行サービスを利用する際の流れを紹介していきます。

業者によって若干の違いがあることはご留意ください。

  • 相談

・退職したい

・いつまでに対応してほしいか

  • 振込

料金の振込

  • 担当者と打ち合わせ

・退職の意思があることを会社に伝える日時の決定

・退職にあたって未払金の請求などは必要か

  • 連絡

・担当者が会社に退職したい意思を伝える

  • 退職完了

・依頼者への完了報告

派遣社員が退職代行を利用した場合の料金相場を紹介!

退職代行の相場は3万円から5万円と言われています。

しかし、どこに・誰に依頼するかによってサービス料は大きく変わります。

以下、退職代行の利用料金について、

  • 弁護士
  • 労働組合
  • 一般業者

の場合をそれぞれ紹介していきます。

弁護士

弁護士に退職代行を依頼すると5万円以上かかることがほとんどです。

会社に賠償金などを請求する場合、さらにお金がかかることが一般的です。

労働組合

労働組合に退職代行を依頼すると3万円程度かかると言われています。

弁護士よりも低価格で依頼でき、かつ弁護士に準ずるかたちで会社に対して請求・交渉などを行えます。

一般業者

業者によって差があります。

1万円前後から3万円以上と幅が広いです。

格安をウリにしている業者の場合、追加料金などはないか料金設定をしっかり確認してください。

派遣社員が退職代行を使うメリット3選 

派遣社員が退職代行を使うメリットとして、

  • 即日辞められる
  • 就業先、派遣元両方に退職の意思を伝える必要がない
  • 雇用主から引き留められない

を挙げることができます。

以下、退職代行を使う3つのメリットについて説明していきます。

即日辞められる

退職代行サービスを利用すれば、会社を即日辞められます。

即日退職が無理な方でも、有休休暇などを利用して、翌日から出勤せずにすむことがほとんどです。

就業先、派遣元両方に退職の意思を伝える必要がない

派遣社員の場合、退職する際には就業先、派遣元の両方に退職の意思を伝える必要があります。

退職代行を利用すれば、就業先にも派遣元にも自分で退職の意思を伝える必要はありません。

雇用主から引き留められない

退職の意思を伝えた際、引き留められたり、はぐらかされたりすることは少なくありません。

退職の意思を伝えているにもかかわらず辞められないという方であっても、退職代行サービスを利用すればスッキリと辞められることが大半です。

派遣社員が退職代行を使うデメリット3選

派遣会社が退職代行を使うデメリットとして、

  • 同じ派遣元を使えなくなる
  • 派遣社員の中でウワサになるかもしれない
  • 契約期間中の退職で派遣先から損害賠償訴訟

を挙げられます。

以下、退職代行を使う3つのデメリットについて詳しく説明していきます。

同じ派遣元を使えなくなる

派遣先に退職代行サービスを使って退職を伝えた場合、派遣先から派遣元にその旨について連絡が入ります。

派遣元に「仕事を新たに紹介してほしい」と伝えても、断られてしまう可能性が高いです。

派遣社員の中でウワサになるかもしれない

派遣で働かれている方たちの世界は狭いです。

一緒に働いたことのある人と別の派遣先で顔を合わせることも稀にあります。

退職代行を利用して辞めたことを知っている人と別の派遣先で顔を合わせることもないとは言い切れません。

契約期間中の退職で派遣先から損害賠償訴訟

契約期間中に退職した場合、派遣先から損害賠償を請求される可能性もあると言われています。

実例はあまりないものの、訴訟の可能生がゼロではないことは念頭に入れておきましょう。

「契約期間中の退職は原則NG」でも辞められる? 

派遣社員の方の中には「契約期間中であるが退職可能か」と悩まれている方が多いです。

契約期間中でも、やむを得ない事情がある場合、もしくは雇用主の合意が取れる場合は退職可能です。

引っ越し、介護・育児以外にも、職場で過度なストレスを感じていたり、パワハラを受けていたりする場合も「やむを得ない事情」に該当します。

また、やむを得ない事情が特にない場合でも、雇用主の合意が取れれば問題なく退職できます。

派遣社員で退職代行を利用した方の口コミ

ここでは、派遣社員で退職代行を利用した方の良い口コミと悪い口コミを紹介していきます。

良い口コミ

まず、良い口コミからご紹介します。

利用者

派遣会社の担当者に辞めたいと言ったのに、「点数が下がる」といった理由から契約期間中働くように言われていました。

なかなか辞めさせてもらえない状態でしたが、退職代行を使うことで即日辞められました。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをご紹介します。

利用者

利用した退職代行サービスは店側に連絡を一度入れただけでした。

退職もできていないのに、契約終了になってしまいました。

まとめ

派遣社員も退職代行サービスを利用できます。

実際、契約社員として働かれている少なくない数の人たちが退職代行を利用して退職に成功しています。

会社と一年以内の有期契約を結んでいる派遣社員の方の中には、「契約中は退職できないのでは?」といった不安を抱えている方も少なくないはずです。

しかし、やむを得ない事情を抱えている場合、雇用主の許可が取れた場合は退職が認められます。

「退職したいけど辞められる状況ではない」「退職の意思を伝えられない」と悩まれている方は、退職代行を利用することで悩みからあっさりと解放されるかもしれません。